メインメニューを開く

TIME』(タイム)は、KANA-BOONのメジャー2枚目のオリジナルアルバム[1]2015年1月21日Ki/oon Recordsから発売された。

TIME
KANA-BOONスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
  • 週間4位オリコン
  • 2015年1月度月間9位(オリコン)
  • 2015年度年間77位(オリコン)
KANA-BOON アルバム 年表
DOPPEL
(2013年)
TIME
(2015年)
Origin
(2016年)
『TIME』収録のシングル
  1. 結晶星
    リリース: 2014年2月26日
  2. フルドライブ
    リリース: 2014年5月21日
  3. 生きてゆく
    リリース: 2014年8月27日
  4. シルエット
    リリース: 2014年11月26日
ミュージックビデオ
「TIME」 - YouTube
「結晶星」 - YouTube
「フルドライブ」 - YouTube
「生きてゆく」 - YouTube
「シルエット」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

  • 前作『DOPPEL』から約1年3ヶ月ぶりのオリジナルアルバムである。
  • 初回限定盤には、2014年8月30日に開催された泉大津フェニックスでのバンド初の野外ワンマンライブと密着ドキュメント映像が収録されたDVD『KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!in 泉大津フェニックス』を封入。[2]
  • 初回限定盤と通常盤の初回生産分の両方に『どうでもいいオマケ004』を封入。
  • リリースに先立ち、2015年1月7日YouTubeにて、本作の全収録曲をダイジェストにして制作されたMVが、同年1月20日には初回限定盤付属DVDのダイジェスト映像がそれぞれ公開された。ダイジェストMVと収録曲「スノーグローブ」のMVは共に須藤カンジが監督をしている。
  • 2015年1月26日付けのオリコンアルバムウィークリーチャートで初登場4位、デイリーチャートでは初登場で最高2位。

収録内容編集

CD編集

  • 全作詞/全作曲:谷口鮪、全編曲:KANA-BOON
  1. タイムアウト [3:09]
  2. LOL [3:19]
    タイトルは英語圏のネットスラングで使われる"Laugh Out Loud"の略で「大笑い」の意味だが、谷口によれば「嘲笑う」という意味としている[3]
  3. ターミナル [3:32]
  4. 結晶星 [5:12]
    2nd シングル。
  5. クラクション [3:43]
    冒頭のクラクションの音は、実際にトラックのクラクションを録音し使用している[4]
  6. フルドライブ [3:16]
    3rd シングル。
  7. 生きてゆく [4:24]
    4th シングル。
  8. スコールスコール [4:13]
  9. 愛にまみれて [4:58]
  10. シルエット [4:00]
    5th シングル。テレビ東京アニメNARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ。
  11. スノーグローブ [4:13]
    MVは2015年1月23日〜27日までYouTubeにて100時間限定で公開され、後に2015年3月18日に発売されたバンド初のクリップ集「KANA-BOON MOVIE 02/KB CLIPS 〜幼虫からサナギ編〜」に収録された。出演はモデルの廣岡沙恵[5]
  12. パレード [4:25]

初回限定盤DVD編集

『KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!in 泉大津フェニックス』

#タイトル作詞作曲・編曲
1.A.oh!!  
2.ワールド  
3.クローン  
4.ロックンロールスター  
5.夜をこえて  
6.「結晶星」  
7.さくらのうた  
8.「生きてゆく」  
9.レピドシレン  
10.盛者必衰の理、お断り  
11.「フルドライブ」  
12.ないものねだり  
13.「シルエット」  
14.眠れぬ森の君のため  

脚注編集

  1. ^ アルバム作品としては、初の全国流通ミニアルバム「僕がCDを出したら」を含め通算3枚目のアルバム作品である。
  2. ^ “KANA-BOON、年明けに新アルバム「TIME」”. ナタリー. (2014年12月11日). http://natalie.mu/music/news/133523 2014年12月13日閲覧。 
  3. ^ “目の前にあることに全力で向き合い乗り越えた1年”. http://flying-postman.com/contents/20141220/special_interview_20141220/8303.html 
  4. ^ KANA-BOON 2nd Album「TIME」SPECIAL SITE”. 2017年1月9日閲覧。
  5. ^ “廣岡沙恵 プロフィール”. ヒラタオフィスオフィシャルウェブ. http://www.hirata-office.jp/talent_profile/woman/sae_hirooka.html 2016年3月18日閲覧。 

外部リンク編集