TRUNK』(トランク)は、HYのインディーズデビュー後3枚目のアルバム2004年7月14日にリリース。

TRUNK
HYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
レーベル climax entertainment
プロデュース HY
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年度年間16位(オリコン)
HY アルバム 年表
Street Story
2003年
TRUNK
(2004年)
Confidence
2006年
テンプレートを表示

概要編集

通算3枚目のオリジナルアルバム。内容は同一であるが、通常盤のGrow Versionが2004年7月14日に、外装違いの「Spring Version」が2006年3月16日に発売されている。

アルバムタイトルは「(樹の)幹」という意味。「てがみ」「そこにあるべきではないもの」は、PVが製作された。

前作から引き続き、オリコンアルバムチャートで1位を獲得。インディーズ(メジャーデビューしていない)アーティストとしては、史上初となる2作目の同チャート1位獲得となった。

エピソード編集

2ndアルバム『Street Story』リリースに伴う全国ツアー直後に本アルバムのリリースが決まり、新曲のストックが無い中1か月後にレコーディングという非常にタイトなスケジュールで制作された。

当時は精神的に余裕が無かったこともありメンバー同士の関係も良くなかったといい、名嘉は「多分あれ(本アルバム)が一番きつかった」「そのまま解散の流れになってたら…って思うくらい、あの時は大変でしたね」と、仲宗根は「一番きつくて、一番メンバーの仲が悪かった時期」と語っている[1]

名嘉は音楽ナタリーのインタビューにて「みんなが『はい、おーしまい』って言ってたら、HYはあのとき絶対に終わってたはず。でも僕らはそうは言わなかった。つらい状況ではあったけど、『また次を作ろう』『次を作りたい』って気持ちになれたから」と当時を振り返っている[2]

収録曲編集

  1. てがみ(作詞・作曲:TUN)
  2. ささくれ(作詞・作曲:TUN)
  3. そこにあるべきではないもの(作詞・作曲:TUN)
    島に溢れるゴミについての曲。作中では、「ゴミ」は『そこにあるべきではないもの』と歌われている。
  4. 僕がキミを(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  5. 弱虫(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  6. (作詞・作曲:TUN)
  7. DADA(作詞:YUHEI MIYAZATO、作曲:TUN)
  8. Hey Bo(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  9. すてきなキッカケ(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  10. 初雪(作詞・作曲:TUN)
  11. Song for・・・(作詞・作曲:IZUMI NAKASONE)
    作詞・作曲を担当したメンバーの仲宗根が20歳の時に出会った当時15歳の男子中学生に向けて書いた楽曲。地元の中学校で教育実習をしていた友人の誘いで生徒達との食事会に参加した際に出会い、その時に1人の生徒に対し恋愛感情を抱き連絡を取り合うこととなったが、相手が15歳である事から恋愛関係には進展できず、別れを告げることとなる。その生徒が20歳になった時にもしまだお互いが好きだったらその時は付き合おうというこの時の思いを歌にしたのが「Song for」である。その後、男子生徒が20歳になり仲宗根に突如電話をしたのがきっかけで2人は再会。仲宗根は告白されるが、当時別の男性と交際しており交際には至らなかった。だが、2年後に沖縄で再会し、交際がスタート。この男性と2011年に結婚した[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ HY- the Homeground 第34回 - | OKMusic”. okmusic.jp. 2020年3月8日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “HY「RAINBOW」インタビュー|20周年イヤー 続けることで見えたカラフルな虹 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年3月8日閲覧。
  3. ^ “櫻井翔も「鳥肌立った」- HY・仲宗根泉の「Song for...」秘話に感動広がる”. マイナビニュース (株式会社マイナビ). (2017年10月9日). https://news.mynavi.jp/article/20171009-a078/ 2022年5月29日閲覧。