Template:アメリカ施政権下の沖縄の法令

{{{題名}}}
テンプレートを表示
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

使い方編集

{{アメリカ施政権下の沖縄の法令
|題名=
|英語=
|通称=
|番号=
|機関=
|内容=
|関連=
|リンク=
|}}

アメリカ施政権下の沖縄の法令の記事に利用してください(具体的には、琉球列島米国民政府の「布告」「布令」、立法院の「立法」、「旧日本法」です)。

なお、アメリカ施政権下の沖縄に関する法令であっても、

引数編集

  • 題名 - この法令の正式な題名を記載して下さい。題名が無い場合には件名を用いて下さい。法令の題名とは、法令が琉球政府公報で公布される際に公布文等の後に示された法令の名称のことです。
  • 英語名 - 米国民政府等が発布した法令については英語名も記載してください。
  • 通称・略称 - この法令の略称を記載して下さい。略称が無い場合には「なし」と記入して下さい。
  • 法令番号 - この法令が公布されたときの法令番号を記載して下さい。番号はアラビア数字算用数字)を用いて下さい。
  • 制定機関 - この法令の制定機関について、琉球列島米国軍政府琉球列島米国民政府立法院旧帝国議会等のいずれかを記載して下さい。
  • 主な内容 - その法令の内容(規定している制度や原理、原則)で特筆すべきものを記載して下さい。(民法の例:総則、物権法、債権総論、債権各論、家族法)
  • 関連法令 - この法令に関連する他の法令、例えば一般法や特別法にあたる法令、および施行規則などを記載して下さい。
  • 条文リンク - 条文の全文が閲覧できるページへのリンクを設置して下さい。沖縄県公文書館ウィキソースなどへのリンクが考えられますが、それ以外でも内容が正確ならば問題はありません。

関連項目編集