メインメニューを開く

Template:JR Shikoku 2000 DC Yosan formation1 2008

2008年3月現在の編成図
PJRPJRNC
{{{1}}}
← 宇和島
高松・岡山 →
A A' B
1 2 3 4 5 7 8
G A
凡例
G=グリーン車指定席
指=普通車指定席
A=「アンパンマンシート」)
自=普通車自由席

基本的に「しおかぜ」「いしづち」併結列車でJR四国2000系気動車使用列車の場合は左記の図1の編成となり、すべて「アンパンマン列車」として運行される。なお、「アンパンマン列車」の車両検査時には同車両の連結が一部なされないことがある。「アンパンマン列車」の指定席のうち「アンパンマンシート」車両連結の有無は、鉄道情報システムが運営するJR CYBER STATION等で確認ができる。

A編成が「しおかぜ」として岡山駅 - 宇和島駅間直通運転となり、A'及びB編成は松山駅で増解結を行う。なお、B編成が高松発着の「いしづち」として運行されており、宇多津駅 - 松山駅間で車両間の移動を行うことも可能である。多客時には「しおかぜ」はA編成に「アンパンマン列車」車両でない車両を3号車と4号車の間に1両増結し、6号車となるA'編成を加えた6両で、またゴールデンウィークお盆正月には宇多津駅での連結及び解放作業なしで、7号車を全席指定席とし、岡山駅 - 松山駅間を8両、松山駅以西を8両(10号のみ)か5両で運転している。高松駅方面とは、B編成と同じ2両編成か3両編成で代走する臨時「いしづち」として多度津駅 - 宇多津駅間の各停車駅で乗り換えとなる。

ただし、愛媛県南予地区で朝通勤通学時間帯の運行となる「しおかぜ10号」・「いしづち10号」については、表記の編成全てが宇和島駅始発で運行される。なお、この列車については、7号車及び平日のみ2号車は宇和島駅→松山駅間は1両全てが自由席である。また、A編成は、間合いで「宇和海」に、A'編成+B編成はB編成+A'編成に組み換えて「宇和海」25号に使用される。