TsNIITochMash(露:ЦНИИТОЧМАШ、ツニートチマッシ)は、ロシアの防衛関連企業。国営軍需企業ロステックの関連企業の一つ。日本語文献では慣例的に「デジニトクマッシ」のような表記がされることもあるが、ロシア語の発音からは乖離している。

ЦНИИТОЧМАШ
TsNIITochMash
本社所在地 ロシアの旗 ロシア
クリモフスク
設立 1944年5月17日
業種 製造業
事業内容 防衛装備の研究開発
外部リンク www.cniitm.ru
テンプレートを表示

概要編集

TsNIITochMashは1944年にクンツェヴォの第304工場に創設された小火器や航空機関砲などの研究機関、NIISPVA(НИИСПВА)を母体とする。社名は Центральный Научно-Исследовательский Институт ТОЧного МАШиностроения(精密工学中央研究所の意)の頭字語。ロシア連邦軍および内務省軍向け銃器と弾薬の研究開発を主な任務とし、自走砲、兵器のシミュレーターやラトニクの個人装具なども開発している[1]

沿革編集

  • 1944年 - クンツェヴォにNIISPVA発足
  • 1948年 - NII-61に改称
  • 1949年 - 小火器の製造に強みを持つNII-44を吸収合併
  • 1950年 - クリモフスクに移転
  • 1957年 - 小火器の研究開発部門を改組
  • 1959年 - 猟銃などを製造するOKB-180を吸収合併
  • 1961年 - NII-61をTsNIITochMashに改組
  • 2012年 - 共同試験センターを設立

主な製品編集

 
上からSR-3、AS Val、VSS
 
2S9ノーナ-S
 
6B15(左)

量産品編集

試作品編集

民生品編集

  • ジャスミン - 除菌スプレー

出典編集