UP はかつて存在した、イスラエルエル・アル航空格安航空ブランドである[3]

UP
IATA
LY
ICAO
ELY
コールサイン
EL AL
設立 2013年11月
運航停止 2018年10月14日
拠点空港 ベン・グリオン国際空港[1]
保有機材数 4
就航地 6[2]
代表者 Israel "Izzy" Borovich
外部リンク flyup.com
テンプレートを表示
UPのボーイング737-800

概要編集

2013年11月26日にエル・アル航空は格安航空ブランド「UP」を発表し[4][5]、2014年3月30日からテルアビブを拠点にベルリンブダペストキエフラルナカプラハ[5]へ、エル・アル航空から移籍した5機のボーイング737-800で運航を開始した。

UPはエル・アル航空によって設立され、ヨーロッパへの一部便を移管されている。全ての便はエル・アル航空によって運航され、コールサインと航空会社コードもエル・アル航空のものを用いる。飛行時間が2時間を超える便では機内販売が行われている[6]

2014年8月に、ライアンエアーのCEO、マイケル・オライリーはイスラエルとヨーロッパの都市を結ぶライアンエアー・イスラエルの設立について言及した。オライリーは、イスラエル当局がエル・アルを競争から保護していることが計画の進展を妨げていると発言した。UPのCEOは航空会社間の競争を実現したいと語った[7]

2018年1月、エル・アル航空はUPブランドを継続しないと発表した。UPは2018年10月に運行を終了し、機材と路線はすべてエル・アル航空に返還される。そのため、エル・アル航空はUPに代わる新しい料金体制を導入した。最終便は2018年10月14日に運行された。

就航地編集

2018年10月14日までの就航地は以下の通り[8]

都市 空港 備考
キプロス ラルナカ ラルナカ国際空港
チェコ共和国 プラハ ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港
ドイツ ベルリン ベルリン・シェーネフェルト空港
ハンガリー ブダペスト リスト・フェレンツ国際空港
イスラエル テルアビブ ベン・グリオン国際空港 拠点空港
ウクライナ キエフ ボルィースピリ国際空港

機材編集

UPが保有する機材は次の通り[5]

機種 運航中 発注中 乗客数 備考
Y+ Y Total
ボーイング737-800 4 36 144 180 エル・アルにより運航。運行停止後機材はすべて返還された。
合計 4

出典・脚注編集

  1. ^ Low-cost airlines welcomed to Israel | News”. Breaking Travel News. 2014年7月18日閲覧。
  2. ^ Elis, Niv (2013年11月26日). “El Al launches low-cost carrier 'Up' | JPost | Israel News”. JPost. 2014年7月18日閲覧。
  3. ^ "Contact Us." Up. Retrieved on 23 April 2014. "Address: EL AL Israel Airlines Ltd. Customer Care Department POB 41 Ben-Gurion Airport, 7015001 ISRAEL"
  4. ^ UP livery on a 737-800”. 2014年7月18日閲覧。
  5. ^ a b c Elis, Niv (2013年11月26日). “El Al starting low cost airline”. Jpost.com. 2014年7月18日閲覧。
  6. ^ "Menu" (Archive). Up. p. 5/5. Retrieved on 21 August 2014.
  7. ^ “Israeli market beckons Ryanair”. Irish Sun.com. (2014年8月25日). http://www.irishsun.com/index.php/sid/225083355 2014年8月25日閲覧。 
  8. ^ UP reservations page”. 2017年4月23日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、UP (航空会社)に関するカテゴリがあります。