USバングラ航空(USバングラこうくう、US-Bangla Airlines)は、ダッカに本社、シャージャラル国際空港に拠点を置いているバングラデシュの民間航空会社[4]

USバングラ航空
IATA
BS
ICAO
UBG
コールサイン
BANGLA STAR
設立 2010年[1]
運航開始 2014年7月17日
ハブ空港 シャージャラル国際空港
親会社 US-Bangla Group[2]
保有機材数 7
就航地 15
スローガン Fly Fast - Fly Safe
本拠地 バングラデシュの旗 バングラデシュ ダッカ[3]
代表者 Abdullah Al Mamun (MD), Imran Asif (CEO)
外部リンク us-banglaairlines.com
テンプレートを表示
ダッカ空港で駐機しているUSバングラ航空のボンバルディアQ400
バンコク空港から離陸するUSバングラ航空のボーイング737/8W

沿革編集

USバングラ航空は、2014年7月17日に国内線に就航して商業運航を開始した[4]アメリカ合衆国とバングラデシュの合弁会社であるUSバングラ・グループ (US-Bangla Group) 傘下の企業である[2]。当初は国内線の運航から事業を始め、ハブ空港があるダッカからチッタゴンジョソール県への路線に就航した[4]。ダッカからコックスバザールへの路線は8月から運航された。10月には、サイドプール英語版への運航が開始された[5]

2016年7月、USバングラ航空は、新たにボーイング737-800を2機、9月に導入する計画を発表し、2016年末までに新たに国際線へ進出し、シンガポールドバイなどへの路線を設けると発表した[6]

USバングラ航空は、エアバスA330ボーイング777を取得して、ジッダリヤドへも路線を広げることを計画している。

事業所編集

USバングラ航空の本社は、ダッカで外交関係機関が集まっているバリダラ英語版地区にある。インドの事務所は、コルカタボウバザール英語版にある。アメリカ合衆国の事務所は、ニューヨーククイーンズ区ジャクソン・ハイツ英語版のバングラデシュ・プラザ (Bangladesh Plaza) にある。カナダの事務所は、トロントイーストヨークにある。タイ王国の事務所は、バンコクワッタナー区にある[7]

就航地編集

  バングラデシュ
  インド
  マレーシア
  ネパール
  オマーン
  カタール
  シンガポール
  タイ
  中国

機材編集

2018年3月の時点で、USバングラ航空の機材は以下の通りである[1]

USバングラ航空の機材
機種 運行中 注文 乗客数 注記
C Y
ボーイング737-800 4 8 150 158
ボンバルディアQ400 3 76 76 1機は着陸時に大破。.
7

事故編集

 
着陸後の141便

脚注編集

  1. ^ a b US-Bangla Airlines Fleet Details and History” (英語). www.planespotters.net. 2018年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c Over 50 dead after plane crash-lands at Kathmandu airport: As it happened”. IndiaTV/Independent News Service (2018年3月12日). 2018年3月12日閲覧。
  3. ^ Contact Us”. US-Bangla Airlines. 2014年2月1日閲覧。
  4. ^ a b c US-Bangla Airlines takes to the skies”. The Daily Star (2014年7月17日). 2014年8月15日閲覧。
  5. ^ US-Bangla launched Dhaka-Saidpur flights from Oct 2”. The Independent (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  6. ^ bangladeshmonitor.com.bd - US-Bangla Airlines will add two B737-800s, a Dash8-Q400 to fleet 13 July 2016
  7. ^ "Contact Us." US-Bangla Airlines. Retrieved on September 6, 2017. "Corporate office 77, Sohrawardi Avenue, Baridhara Diplomatic Zone Dhaka - 1212, Bangladesh." and "USA Office Bangladesh Plaza 37-15 73ST Suite-202 Jackson Heights, NY-11372" and "India Office 31, Ganesh Chandra Ave, Chandni Chawk, Bowbazar, Kolkata, West Bengal 700072, India" and "3000 Danforth Avenue Unit-3, Suite-107C, Toronto, Ontario, M4C 1M7, Canada" and " Bangkok Office 10/179, The Trendy Building (23rd Floor) Sukhumvit Soi-13 Klong Toei-Nuea, Wattana Bangkok 10110"
  8. ^ US-Bangla flights to Singapore and KL from March”. Dhaka Tribune. 2017年2月12日閲覧。
  9. ^ “US-Bangla airlines set to fly Doha” (英語). The Daily Star. (2017年7月8日). http://www.thedailystar.net/country/us-bangla-airlines-set-fly-doha-dhaka-qatar-boeing-737-800-aircraft-1430134 2017年7月29日閲覧。 
  10. ^ Liu, Jim (2017年3月27日). “US-Bangla Airlines expands international service in 1H17”. Routesonline. http://www.routesonline.com/news/38/airlineroute/272023/us-bangla-airlines-expands-international-service-in-1h17/ 2017年3月27日閲覧。 
  11. ^ Lui, Jim (2018年4月11日). “US-Bangla Airlines revises Guangzhou launch to late-April 2018”. Routes Online. 2019年5月30日閲覧。
  12. ^ ASN Aircraft incident 04-SEP-2015 de Havilland Canada DHC-8-402Q Dash 8 S2-AGU”. Aviation-safety.net (2015年9月4日). 2017年2月12日閲覧。
  13. ^ Hradecky, Simon (2015年9月4日). “Incident: US-Bangla DH8D at Saidpur on Sep 4th 2015, runway excursion after landing”. http://avherald.com/h?article=48bd5aec 2018年3月12日閲覧。 
  14. ^ バングラ機、着陸失敗で炎上=49人死亡、邦人被害情報なし-ネパール”. 時事通信 (2018年3月12日). 2018年3月12日閲覧。
  15. ^ Accident description US-Bangla Airlines Flight 141”. 2018年9月27日閲覧。

外部リンク編集