WWEユニバーサル王座

WWEユニバーサル王座WWE Universal Championship)は、アメリカ合衆国プロレス団体WWEにおける王座の一つである。

WWEユニバーサル王座
詳細
現王者 ロマン・レインズ
獲得日 2020年8月30日(放送)
管理団体 WWE
創立 2016年7月25日
統計
最多保持者 ブロック・レスナー
初代王者 フィン・ベイラー
最長保持者 ロマン・レインズ:756日
最短所持者 フィン・ベイラー(22時間)
最年長 ゴールドバーグ:53歳62日
最年少 ケビン・オーエンズ:32歳114日
最重量所持者 ブラウン・ストローマン:385.8ポンド
最軽量所持者 フィン・ベイラー:190ポンド

歴史編集

かつてはRAWが世界ヘビー級王座を、SmackDownWWE王座をそれぞれ認定していたが、2013年TLC戦で、ランディ・オートンが、ジョン・シナとの王座統一戦を制し、名称もWWE・世界ヘビー級王座と改称され、RAWとSmackDownが統合したことにより王座はそのまま一本化されたが、RAWとSmackDownが再びブランド分割されたことにより、これまでのWWE世界ヘビー級王座はSmackDown管轄となり、対するRAWには最高位の王座が存在していなかったため、同等の王座としてWWEユニバーサル王座が新設され、2016年8月21日にフィン・ベイラーセス・ロリンズとの間でWWEユニバーサル王座決定戦を行い、フィン・ベイラーが勝利し、初代王者に認定された[1]。2019年10月31日、サウジアラビアにて開催されたPPV「クラウン・ジュエル」において、SmackDown所属のブレイ・ワイアットがセス・ロリンズとの王座戦に勝利し奪取したため管轄が移動。その後、ベルトのカラーリングもブランドカラーの赤から青に変更された。

歴代王者編集

レスラー 戴冠回数 獲得日付 番組 試合形式
※RAW管轄で王座創設
フィン・ベイラー 1 2016年8月21日 SummerSlam 2016 One Fall
※王者が怪我のため王座返上
ケビン・オーエンズ 1 2016年8月29日 RAW Fatal-Four Way Elimination
ゴールドバーグ 1 2017年3月5日 Fastlane 2017 One Fall
ブロック・レスナー 1 2017年4月2日 WrestleMania 33 One Fall
ロマン・レインズ 1 2018年8月19日 SummerSlam 2018 One Fall
※王者が白血病再発のため王座返上
ブロック・レスナー 2 2018年11月2日 Crown Jewel 2018 One Fall
セス・ロリンズ 1 2019年4月7日 WrestleMania 35 One Fall
ブロック・レスナー 3 2019年7月14日 Extreme Rules 2019 One Fall (Money in the Bank)
セス・ロリンズ 2 2019年8月11日 SummerSlam 2019 One Fall
ブレイ・ワイアット 1 2019年10月31日 Crown Jewel 2019 Falls Count Anywhere
※ブレイ・ワイアットの王座戴冠に伴い、SmackDown管轄となる
ゴールドバーグ 2 2020年2月27日 Super ShowDown 2020 One Fall
ブラウン・ストローマン 1 2020年4月4日(放送) WrestleMania 36 One Fall
“ザ・フィーンド”ワイアット 2 2020年 8月23日(放送) SummerSlam 2020 Falls Count Anywhere
ロマン・レインズ 2 2020年8月30日 PayBack 2020 No Holds Barred Triple Threat
WWE王座と統一

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Caldwell, James. “8/21 WWE Summerslam Results – Caldwell’s Complete Live Report” (英語). Pro Wrestling Torch. 2016年8月21日閲覧。

外部リンク編集