メインメニューを開く

WWFインターナショナル・タッグ王座

WWFインターナショナル・タッグ王座(WWF International Tag Team Championship)は、かつてWWF(ワールド・レスリング・フェデレーション)が認定していたプロレスタッグチーム王座である。現WWEの初期、1969年に団体名がWWWF(ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション)であった時代に創設された。その後の1971年6月、同王座の上位に位置する世界タイトルであるWWWF世界タッグ王座が誕生した。

概要編集

もともとは WWWFインターナショナル・タッグ王座として、WWWFの本拠地であったアメリカ合衆国北東部ニューヨーク州ニューヨークペンシルベニア州ピッツバーグを中心に防衛戦が行われていた。当時のWWWFにおける最高位のタッグ王座であったが、1972年NWFのピッツバーグ地区買収に伴い王座空位となる。その後、13年の歳月が経過した1985年に、当時WWF1979年にWWWFより改称)と業務提携を結んでいた新日本プロレスにおいて、WWFインターナショナル・タッグ王座として復活した。

1985年5月24日、神戸にて藤波辰巳&木村健吾ディック・マードック&アドリアン・アドニスの間で王座決定戦が行われ、リングアウト勝ちで藤波組が勝利を収めて新王者チームとなった。以後、マードック&アドニス、キングコング・バンディ&バッドニュース・アレンハクソー・ヒギンズ&ケリー・ブラウンなどのチームを相手に防衛戦が行われた。

王座復活から5ヶ月後、1985年10月31日付けで新日本プロレスとWWFの契約が終了したことに伴い王座を返上。10月4日に札幌中島スポーツセンターで行われたフォン・エリックスケビン・フォン・エリック&ケリー・フォン・エリック)との両者リングアウトによるドロー防衛が最後のタイトルマッチとなった。その後は現在も空位の状態であることから「封印王座」として取り扱われている。なお、同王座と同様にWWFインターナショナル・ヘビー級王座WWFジュニアヘビー級王座も返上・封印されている。

なお後年、WWFがSWSと業務提携を結んだ際、依然として休眠状態にあったインターナショナル・ヘビー級、インターナショナル・タッグ、ジュニアヘビー級の3つの王座を、SWSで復活させようとするプランが持ち上がったが立ち消えとなり、SWSは団体独自の王座をSWS認定のもとに新設している。

歴代王者編集

歴代数 レスラー 防衛回 獲得日付 獲得した場所
初代 プロフェッサー・タナカ&ミツ・アラカワ 1969年6月
第2代 ビクター・リベラ&トニー・マリノ 1969年12月9日 NY州ニューヨーク
第3代 ザ・モンゴルズジート・モンゴル&ベポ・モンゴル 1970年6月15日 NY州ニューヨーク
第4代 ブルーノ・サンマルチノ&ドミニク・デヌーチ 1971年6月18日 PA州ピッツバーグ
第5代 ザ・モンゴルズ(ジート・モンゴル&ベポ・モンゴル) 1971年7月02日 PA州ピッツバーグ
第6代 ターザン・タイラー&ルーク・グラハム 1971年11月12日 PA州ピッツバーグ
第7代 ジート・モンゴル&ジョニィ・デ=ファジオ 1971年12月18日 PA州ピッツバーグ
1972年NWFのピッツバーグ地区買収により王座空位
第8代 藤波辰巳&木村健吾 4 1985年5月24日 神戸ワールド記念ホール
1985年10月31日、WWFとの業務提携終了に伴い王座返上

外部リンク編集