メインメニューを開く

NWFNational Wrestling Federation、全米レスリング連盟)は、1970年代前半にアメリカ合衆国に存在したプロレス団体

プロモーターのペドロ・マルティネスと、選手兼プロモーターのジョニー・パワーズを中心に設立、運営され、ニューヨーク州バッファローオハイオ州クリーブランドを拠点に、アメリカ北東部五大湖地区およびカナダを主要エリアとして活動した。「North American Wrestling Federation」を正式名称とする説もある。

概要編集

1970年ニューヨーク州バッファローを中心とするアメリカ北東部の大物プロモーター、ペドロ・マルティネスと、同地のトップスターであり、オハイオ州クリーブランドのプロモート権を得ていたジョニー・パワーズを中心に、メジャー団体のNWAAWAWWWF(現:WWE)と一線を画す独立団体として設立された。パワーズは同年ロサンゼルスにおいてフレッド・ブラッシーに勝利したとして初代世界王者に認定され[1]、その後、王者は目まぐるしく交代する。

最盛期にはミシガン州メリーランド州、カナダのトロントモントリオールへとテリトリーを拡大、弱小団体とは呼び難い勢力を持つに至った。ボボ・ブラジルジョニー・バレンタインアブドーラ・ザ・ブッチャーザ・シークアーニー・ラッドら一流選手が多数集結、パワーズとバレンタイン、ラッドとブッチャーとの抗争などの名物カードも生み、アメリカのプロレス誌上では、NWA、AWA、WWWFに次ぐ第4の団体と認知されていた時期もあった。

しかし、1973年に入ると勢力は衰退、縮小していく。同年12月10日に新日本プロレスで行われた世界戦において、第14代王者となっていたパワーズがアントニオ猪木に敗れ王座が日本に渡る。その後もパワーズは1974年3月には猪木を招聘してクリーブランドで世界戦を行うなど、1975年初めまでは同地で興行を行っていた。しかし、前年に一時プロレス界から離れていたマルティネスが関わった新団体IWAInternational Wrestling Association)に吸収されるかたちで、同年半ばまでには事実上活動を停止し消滅状態となった。このIWAも同年中にはスポンサーが離れたこともあり規模を縮小、パワーズが引き継ぎノースカロライナ州でインディー団体として活動を続けた。

以上のように米国プロレス史全般からみれば短命のローカル団体にすぎず、設立経緯や活動内容、歴代王者等に不明な点も多々ある。しかし、猪木が世界ヘビー級王座を新日本プロレスの看板タイトルとして1981年まで長く保持したこと、また日本でも高名な大物選手が多く参戦していたこと等により、日本には愛着や関心を持つプロレスファンが多い[2]

新日本プロレスとの関係編集

一般にNWFと新日本プロレスとの結びつきは、1966年東京プロレスに初来日して以来の、ジョニー・パワーズアントニオ猪木の関係によるものとされている。しかし実際には、NWF設立以前の1969年に当地をサーキットし、パワーズとも旧知の坂口征二によるブッキングと考えるのが妥当である。

日本では「パワーズが図らずも猪木に王座を奪われたため、隆盛を誇っていたNWFが一転凋落に向かった」という伝説が、長年史実として語られてきた。現在はパワーズが新日本プロレスに王座を、興行権として売却したとの見方が通説になっている。この王座売却の時点で既にパワーズは団体自体を店じまいするつもりだったとの極端な見方もされるが、その後も1975年の初頭まではクリーブランドなどで「パワーズの保持するNWF北米ヘビー級ベルト」を看板に興行を行っており、これも断じ難い。

1975年に事実上NWFが消滅した後も、新日本プロレスは1977年前半頃まではNWFが存続しているようなアングルを組んでおり、パワーズによるクーデターが伝えられたこともあった。上述のように、パワーズはIWAの名で1977年半ば頃まではノースカロライナ州で興行をしており、パワーズ一派という意味ではNWFの存続もまったくの絵空事ではなかった。しかし、それ以降はNWFの消滅は日本でも周知の事実となり、同王座は事実上、新日本プロレスが管理・運営する王座となった。

1975年2月12日、NWFはNWAと業務提携を結んだ。1976年8月7日のNWA年次総会で新日本プロレス(名義人は坂口と新間寿)のNWA加盟が認められると、タイトル名から「世界」が外され、NWF世界ヘビー級王座から NWFヘビー級王座 と改称された[2]

1981年4月、IWGP構想に伴い、スタン・ハンセンとの王座決定戦で勝利を収めた猪木により、同王座は封印された。猪木の王者時代は新日本プロレスのフラッグシップ・タイトルとして、前王者のパワーズや元王者のアーニー・ラッド、後に戴冠するタイガー・ジェット・シンやハンセンをはじめ、ストロング小林大木金太郎アンドレ・ザ・ジャイアントルー・テーズビル・ロビンソンパク・ソンナンイワン・コロフパット・パターソンマスクド・スーパースターボブ・バックランドWWFヘビー級王座とのダブルタイトル戦)、ペドロ・モラレスクリス・マルコフボブ・ループニコリ・ボルコフカネックジャック・ブリスコダスティ・ローデスアイアン・シークケン・パテラハルク・ホーガンボビー・ダンカンらとの防衛戦が行われた[3]

タイトル編集

  • NWF世界ヘビー級王座 / NWFヘビー級王座
  • NWF世界タッグ王座
  • NWF世界ジュニアヘビー級王座
  • NWF北米ヘビー級王座
  • NWFブラスナックル王座

NWF世界ヘビー級王座 / NWFヘビー級王座 歴代王者編集

レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所
初代 ジョニー・パワーズ 1 不明 1970年 カリフォルニア州ロサンゼルスフレッド・ブラッシーを破ったとして戴冠)[1]
※設立当初のタイトル名はNWF世界ヘビー級王座
第2代 ワルドー・フォン・エリック 1 不明 1971年11月20日 オハイオ州クリーブランド
第3代 ドミニク・デヌーチ 1 不明 1971年12月8日 ニューヨーク州バッファロー
第4代 ワルドー・フォン・エリック 2 不明 1972年1月5日 ニューヨーク州バッファロー
第5代 アーニー・ラッド 1 不明 1972年6月9日 オハイオ州クリーブランド
第6代 アブドーラ・ザ・ブッチャー 1 不明 1972年6月24日 オハイオ州アクロン
第7代 ジョニー・バレンタイン 2 不明 1972年10月19日 オハイオ州クリーブランド
第8代 ジャック・ルージョー・シニア 1 不明 1973年1月24日 ニューヨーク州バッファロー
第9代 ジョニー・バレンタイン 3 不明 1973年8月 不明
第10代 ジョニー・パワーズ 2 不明 1973年 不明
第11代 アントニオ猪木 1 9 1973年12月10日 東京
第12代 タイガー・ジェット・シン 1 2 1975年3月13日 広島
第13代 アントニオ猪木 2 27 1975年6月26日 東京
1976年8月7日、NWA年次総会でタイトル名から「世界」が外され、NWFヘビー級王座になった。
第14代 スタン・ハンセン 1 0 1980年2月8日 東京
第15代 アントニオ猪木 3 8 1980年4月3日 東京
第16代 アントニオ猪木 4 0 1981年4月23日 東京
※1981年4月23日、IWGP構想により、NWFヘビー級王座を封印。

※猪木の獲得前のアメリカでの王座変遷には異説もある。週刊ゴング日本プロレス40年史によると、猪木による1973年の王座奪取(初戴冠)の時点で第14代王者とされている。

復活版編集

2002年8月、藤田和之が「本物の戦いをしたいという僕等の想い」という考えから「IWGPと対立するもの」と自ら位置づけ、NWFヘビー級王座が復活し、藤田和之、高山善廣高阪剛安田忠夫の4人によるNWFヘビー級王座決定トーナメントが開催され、2003年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会で高山義廣がNWFヘビー級王者に君臨。その後、7度の防衛を果たし、1年間NWFヘビー級王座を保持する。

2004年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会で絶対的タイトルIWGPヘビー級王者中邑真輔対NWFヘビー級王者高山善廣による王座統一戦が行われ、中邑真輔がIWGPヘビー級王座防衛に成功すると共にIWGPヘビー級王座とNWFヘビー級王座を統一。その後NWFヘビー級王座を再び封印した。

参戦選手編集

脚注編集

  1. ^ a b NWF Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年10月2日閲覧。
  2. ^ a b 『日本プロレス史の目撃者が語る真相! 新間寿の我、未だ戦場に在り!<獅子の巻>』P46-47(2016年、ダイアプレス)
  3. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P158-159(1986年、ベースボール・マガジン社

外部リンク編集