WWW (ライブハウス)

WWW / WWW X
Tokyo-Shibuya Cinema-Rise Razgrad.JPG
情報
正式名称 WWW(ダブリュダブリュダブリュー)
WWW X(ダブリュダブリュダブリューエックス)
旧名称 シネマライズ
完成 1986年
開館 2010年11月19日(WWW)
2016年9月1日(WWW X)
開館公演 神聖かまってちゃん(WWW)
cero(WWW X)
収容人員 500人
客席数 スタンディングスタイル
延床面積 1994.79m²
設備 メインステージ/メインホール(客席)/PAブース/ホワイエ/メインロビー/楽屋3/ラウンジ2/コインロッカー108[1]
用途 コンサート
旧用途 映画館
運営 スペースシャワーネットワーク
所在地 150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下(WWW)、2F(WWW X)
位置 北緯35度39分41.508秒 東経139度41分55.364秒 / 北緯35.66153000度 東経139.69871222度 / 35.66153000; 139.69871222座標: 北緯35度39分41.508秒 東経139度41分55.364秒 / 北緯35.66153000度 東経139.69871222度 / 35.66153000; 139.69871222
アクセス 渋谷駅ハチ公口から徒歩7分。
公式サイト http://www-shibuya.jp/index.html

WWW(ダブリュダブリュダブリュー)、およびWWW X(ダブリュダブリュダブリューエックス)は、東京都渋谷区宇田川町にあるライブイベントスペース。WWWは大文字。地名を入れて「Shibuya WWW(WWW X)」または「渋谷 WWW(WWW X)」と表記する場合もある。通称「ダブダブ」(WWW)、「ダブダブエックス」(WWW X)。運営は株式会社スペースシャワーネットワーク

目次

概要編集

2010年6月30日ミニシアターシネマライズの規模縮小に伴い3スクリーンのうち2スクリーンが閉鎖。その跡地を改修し、同年11月19日にオープン(杮落し公演は神聖かまってちゃん[2]。主に、若者に人気の日本のミュージシャンアーティストアイドルのライブで使用される。国内最高レベルの音響、照明、映像設備を採用し、年間約12万人の来場者で賑わう[3]

放送、インターネット、Ustreamとの連動も特徴で、ステージ背面に配置した300インチを超えるホリゾント幕に、映像を10,000lmプロジェクターで投影できる[4]スペイン坂の地下という立地でアクセスも良い。

元映画館(シネマライズBF館)のつくりを活かした段差のある客席フロアは、オールスタンディングで500人収容可能。天井が高く「劇場型ライブハウス」と呼ばれる。併設のラウンジはもう一つの映画スクリーン(シネマライズ ライズX)があった場所で、DJやアコースティックライブの利用が可能となっている。

シネマライズで残った1スクリーンも2016年1月に閉鎖、跡地(同ビル2階)に2号店としてWWW Xが9月1日にオープンした[5](杮落とし公演はcero)。フロアはフラットな形状でキャパシティはWWWより一回り大きい[5]

施設概要編集

WWW編集

  • ライズビル地下1階。客席フロアは段差のあるオールスタンディングスタイル。
  • 収容人数 - 500人[3]
  • コインロッカー - 入場後利用できる300円のコインロッカーが108個。
  • ラウンジの営業を中止して、楽屋として使用することも可能。
  • 機材等の搬入経路および客の動線は、階段のみ[1]

WWW X編集

  • ライズビル2階。客席フロアはフラットでオールスタンディング。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b WWW会場資料 (PDF)”. WWW (2015年2月1日). 2015年10月28日閲覧。
  2. ^ かまってちゃん渋谷WWWライブで“ネ申ヘルメット”配布”. 音楽ナタリー (2010年11月5日). 2016年6月2日閲覧。
  3. ^ a b “渋谷シネマライズ跡にライブハウス「WWW」2号店 来年9月開業へ”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年10月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2061409/full/ 2015年10月29日閲覧。 
  4. ^ WWW - ABOUT
  5. ^ a b cero、WWW Xこけら落としで音と映像のショー「若い人が目指すハコになると思う」”. 音楽ナタリー (2016年9月6日). 2016年9月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集