メインメニューを開く

ミニシアター

大手映画会社の直接の影響下にない独立的な映画館
名古屋のミニシアター、シネマスコーレ

ミニシアター (mini theater) は、日本の映画館のうち、ブロックブッキングなどによる大手映画会社の直接の影響下にない独立的なものを指す呼称である。旧来の「単館系」を含む。

一般に、定員200人程度までの小さい映画館であることが「ミニ」という名称の由来である。2015年現在、多くのシネマコンプレックス(シネコン)においては「定員200人クラス15のスクリーン」は、標準サイズであるが、「ミニシアター」という用語が出現した当時、特に首都圏においては、定員500人級ないし1000人級というスクリーンが標準であったため、それと対比して「ミニ」と称された。ただし、後述のとおりあくまで運営形態などを指すものであり、館の規模だけによる分類ではない。例えば、ピンク映画日活ロマンポルノを上映する成人映画館でも、特にこれらが活発に公開されるようになった1970年代以降に開業した映画館では200人以下の規模の施設が多いが、一般的にはミニシアターとは呼ばれず、まれに小劇場と呼ぶことがある。

上映作品は都市部の場合、映画館が決めた方針によって上映される映画のジャンルが決まっていることが多い。しかし、地方では映画館の館数が少ないこともあり都市部でヒットした作品を後で上映したり、名画座的な興行の間に新作を入れる程度のミニシアターや、シネコンで1スクリーン程度を常時割り当てている地域限定展開のシネコンなどもある。

歴史編集

1968年に設立された岩波ホールの総支配人だった高野悦子と、彼女を支えた東宝東和の川喜多かしこが、1974年にエキプ・ド・シネマ(フランス語で「映画の仲間」の意)をスタートし、ロードショー公開されない世界中の良作を上映する運動を始めたことがミニシアターの始まりである[1]

これに先立つ1973年11月三越日本橋本店の南館内に名画座三越映画劇場第一号館を作り[2][3][4][5]、以降チェーン化され、全国複数の三越店舗内にミニシアターを建設している[2][3][4][6][7]

1980年代中盤にヌーヴェルヴァーグの作品群や『ニュー・シネマ・パラダイス』『ベルリン・天使の詩』などのヨーロッパ映画を上映することでミニシアターブームと呼ばれる現象を生む。現在でもこれらに近い系統の主に女性向けの映画が多く上映される傾向にある。

一般的に「ミニシアター=単館上映」と捉えられがちだが、2003年頃から、複数の映画館で一斉に封切られるミニシアター作品も増えてきた。加えて、2006年頃から生じ始めたシネコン間の競争の中で、ミニシアター系と分類される作品を上映するシネコンが増加し、最終的に上映館が150館という映画も存在している。例として『誰も知らない』(是枝裕和監督、2004年)などが該当する。平均的には、全国展開のシネコンチェーンで公開されるなどして、30 - 40スクリーンで公開する作品も多く、それらも一般的には「ミニシアター系」と分類されるため、従来から使われている「単館系」「全国拡大系」といった分類は曖昧なものとなっている。加えて2007年以降、「ミニチェーン」「単館拡大系」と呼ばれる公開形態も現出するようになった。

シネコンでミニシアター作品が上映されるようになり、さらには、配給会社とシネコンとの力関係その他の事情により、「その地域では、シネコンでしか上映しないミニシアター作品」もあらわれるようになった。その結果、シネコンとミニシアターの棲み分けが崩れつつあり、それが、旧来のミニシアターの興行や経営に影響を与えている面もある。

2010年頃からミニシアターの閉館が続いており、若者のミニシアター離れが指摘されている[8]

日本各地のミニシアター編集

 
ミニシアターの客席(サロンシネマ

現在、東京では渋谷に多くの単館系のミニシアターが集まっている[9][10]

北海道地方編集

北海道編集

東北地方編集

青森県編集

岩手県編集

宮城県編集

山形県編集

福島県編集

関東地方編集

茨城県編集

群馬県編集

埼玉県編集

千葉県編集

東京都編集

神奈川県編集

中部地方編集

新潟県編集

富山県編集

石川県編集

福井県編集

静岡県編集

愛知県編集

近畿地方編集

三重県編集

京都府編集

大阪府編集

兵庫県編集

中国地方編集

岡山県編集

広島県編集

山口県編集

四国地方編集

香川県編集

愛媛県編集

高知県編集

九州・沖縄地方編集

福岡県編集

佐賀県編集

長崎県編集

熊本県編集

大分県編集

宮崎県編集

鹿児島県編集

沖縄県編集

閉館したミニシアター編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高野悦子『エキプ・ド・シネマの三十年』講談社、2004年
  2. ^ a b 「呼吸はピッタリ 二人の岡田茂氏」『週刊文春』1973年9月10日号、文藝春秋、 24頁。
  3. ^ a b 「三越がミニ映画館チェーン 座席50で本支店に豪華ムード」『経営評論』1973年9月号、経営評論社、 19頁。
  4. ^ a b 岡田茂『なぜだ!!いま三越岡田商法は生きている』徳間書店、1984年、64 - 67頁。
  5. ^ 木下律夫・足村二郎『正念場を迎える岡田体制 三越』朝日ソノラマ、1980年、124 - 129頁。
  6. ^ 三越映画劇場港町キネマ通り
  7. ^ 館主さんを訪ねて 第013回 「三越映画劇場(星ヶ丘)」支配人 市野康史さん日本映画映像文化振興センター
  8. ^ 休館相次ぐミニシアターは、本当に存亡の危機なのか? 日経トレンディネット、2011年02月10日。
  9. ^ 【まとめ】渋谷のミニシアター8選 Fashiosnap 株式会社レコオーランド、2014年7月8日
  10. ^ 個性が光るミニシアターを楽しもう!渋谷にあるミニシアターまとめ ciatr、2016年1月28日
  11. ^ kino cinéma(キノシネマ)立川髙島屋S.C.館kino cinéma 公式サイト内)
  12. ^ kino cinéma(キノシネマ)横浜みなとみらいkino cinéma 公式サイト内)
  13. ^ news - 45年間ありがとうございました。 テアトル徳山、2012年12月28日

関連項目編集

外部リンク編集