Wikipedia:サンドボックス

ウィキペディアへようこそウィキペディアについてヘルプサンドボックスについて
Sandbox.svg

Wikipedia:サンドボックスへようこそ!

ここは、ウィキペディアで編集・執筆をするための練習や実験などに使用できるページです。

ノートページへ投稿するための練習は、Wikipedia‐ノート:サンドボックスを使用してください。ビジュアルエディターの練習には Help:ビジュアルエディター/sandbox が使えます。ログインすれば利用者サンドボックスも使えます。

初心者の方は、このページを編集する前に、ガイドブックやヘルプのページの編集などもぜひ参考にしてください。あなたの今後の編集活動にとって、とても重要な内容が書かれています。

サンドボックスに書き込まれた内容は、日本時間午前0時の時報とともに、この案内文(テンプレート)を残してすべて除去されます。ただし、実際は時報より少し遅れます。また、過去の版は、履歴からたどることができます。著作権上問題のある書き込みや、エチケットに反する書き込みなどはやめてください。もしそのような書き込みを見つけたときは、Wikipedia:管理者伝言板/各種初期化依頼に連絡してください。

中華民國海軍
Flag of the Republic of China-Nanjing (War Ensign).svg
国籍Emblem of the Republic of China-Nanjing 1940-1945.svg 中華民國
忠誠Emblem of the Republic of China-Nanjing 1940-1945.svg 中華民國 (法律上)
大日本帝国の旗 大日本帝国 (事実上)
軍種海軍
兵力20,000人 (1962年當時)
彩色青、赤、白
指揮
参謀長大統領兼總統 林柏生
著名な司令官凌霄
任援道

概要編集

 
輕巡洋艦南京(元・矢作)、中華民國旗艦

中華民國海軍は、1948年に中華民國國軍の海軍支隊として設立された。和平建國軍が中華民國空軍に改編された後、和平建國軍の海軍支隊は其れに応じて改名され、大日本帝國海軍からいくつかの退役艦艇を讓り受けた。1962年現在、中華民國は共榮圈で2番目に大きな海軍力を有してゐる。過去數年間、中華民國は勘察加東南亞細亞海域で輸送船團の護衞に積極的な役割を果たした。

中華民國は、日本海軍が支那に於て影響力を行使するための手段であると大きく見なされてゐる。日本海軍の將校は中華民國海軍の指揮系統の要職に就いてをり、中華民國海軍兵學校の士官候補生は日本の海軍兵學校との交換留學を義務附けられてゐる。日本海軍の中華民國への投資は、事實上、中華民國海軍を中華民國空軍の中でより有能な部門としたが、同時に中華民國と中華民國陸軍の間の軍間對立が長年にわたつて激化した。中華民國軍は國内叛亂の鎭壓に役立たず、豫算の無駄遣ひだとの批判が絶えず、一部の中華民國軍將校は國民革命軍支那共産黨殘黨に對する失敗を理由に中華民國國軍を攻撃してゐる。

中華民國の艦船は、對空戰對潛戰に特化してをり、對水上戰の能力は不足してゐる。中華民國に賣却された艦船は、對空戰及び對潛戰の役割に合はせて大きく改造され、大型砲や魚雷などの攻撃兵裝は取り外されてゐる。此れは中華民國が日本海軍の補助部隊および輸送船團護衞部隊としての役割を擔つてゐた事と大きく關係してゐる。一部の海軍專門家は、此のやうな改造の背後にある日本海軍の眞の動機は、中華民國が日本海軍に叛抗するのを防ぐためであると主張したが、日本海軍本部は此の主張に反論し、かうした觀測は「兄弟海軍の友愛に對する露骨な攻撃」であると主張してゐる。

現在の保有船舶編集

艦型 冩眞 種類 船舶 備考
輕巡洋艦 (2隻)
阿賀野型 輕巡洋艦 南京 (元・矢作)

漢口 (元・酒匂)

日本の阿賀野型巡洋艦を中華民國に賣却し、單裝砲臺と對潛砲臺を追加裝備。攻撃兵裝は讓渡前に取り外された。
驅逐艦 (3隻)
秋月型   駆逐艦 漢陽 (元・花月)

洛陽 (元・宵月)

日本の秋月型驅逐艦を中華民國に賣却し、レーダーとソナーを裝備して近代化された。魚雷は撤去された。
陽炎型 驅逐艦 襄陽 (元・谷風) 日本の陽炎型驅逐艦を中華民國に賣却。魚雷は讓渡前に取り外された。
小型驅逐艦 (1隻)
松型   驅逐艦

(小型驅逐艦に再分類)

精衞 (元・) 日本の松型驅逐艦の廢艦を中華民國に賣却。讓渡後、中華民國によつて再分類される。
巡視船 (20隻)
様々な艦型 魚雷艇 魚雷艇 第37-57號 退役した日本の各型魚雷艇から魚雷を取り外し、水中探信儀や爆雷を搭載して改造したもの。