メインメニューを開く

Windows 9x系ウィンドウズ 9エックスけい)とは、マイクロソフト製のオペレーティングシステム(OS)のうち、Windows 95及びそれを元に開発されたOSの総称である。

目次

バージョンの変遷編集

以下のWindowsオペレーティングシステムが、Windows 9x系に該当する。内部バージョンとしては、Windows 3.1を引き継いだものとなっている。

バージョンの変遷
Win Ver. DOS Ver. プロダクト名 発売年(日本語版)
4.0 7.0
(OSR2以降は7.1)
Windows 95 1995年11月23日
4.10 7.1 Windows 98 1998年7月25日
4.10 7.1 Windows 98 Second Edition 1999年9月10日
4.90 8 Windows Me 2000年9月23日

Windows Meを最後に、Windows 9x系のOSは終焉を迎え、それ以降はWindows XPをはじめとしたWindows NT系に一本化されている。また、2001年12月31日にWindows 95が[1]、2006年7月11日にその他全ての9x系のオペレーティングシステムが、マイクロソフトによるサポートを打ち切られた[2]。そのため、セキュリティ上の欠陥が見つかっても修正パッチが提供されず危険である。やむを得ず利用する場合は自己責任において、インターネットには接続せずUSBメモリ等の外部のメディアも一切使用しないことが必要である。

なお、一部の古い周辺機器(プリンターなど)で代替機種が存在しない場合に、依然としてこれら9x系のOSが継続して使用されている場合もみられるが、この場合も上記の注意は必要である。

Windows 9x系OSの特徴編集

Windows 9x系は、MS-DOSWindows 3.1を融合し、拡張・発展させたWindows 95を基本構造としたOS群である。このため、DOS系Windowsと異なり、MS-DOSからWindowsを起動する方式ではなくなっている。

Windows 3.1(MS-DOS 6.22)以前との互換性を持たせるため、カーネルに16ビットのコードと32ビットのコードが混在するという特徴がある。

マルチメディア編集

Windows 9x系のOSは、一般消費者や家庭向けのOSとしてリリースされ、ゲームや楽曲映像などのマルチメディア系(動的なコンテンツ)の機能や使いやすさが重視されていた。同時期に、開発、及び、発売していたWindows NT系は、企業向けで安定性が重視されており、マルチメディア機能に乏しく、一般には解りにくい機能も多かった。Windows XPで9x系とNT系の統合が行われ、9x系の持つマルチメディア機能や使いやすさがNT系に継承された。

安定性編集

Windows 9x系のOSは、安定稼働に難がある部分がある。これはOSの構造によるもので、カーネルの一部に16ビットコードを含むこともあり、システムリソースの不足を招きやすく、フリーズクラッシュブルースクリーンの発生を頻発させることが、安定性に欠ける主な要因である。

とりわけ9x系最終バージョンのWindows Meは、16ビットコードの問題を引き継いだまま多機能化を図ったため、システムリソースの消費が他の9x系OSよりも著しく、そのために9x系OSの中でも(最新のバージョンであるにもかかわらず)特に不安定である。

ハードウェアの強化やユーザーによるメンテナンスにより、不安定さはある程度軽減できるが、そもそもが構造上の脆弱性から発生する問題であり、不安定さを根本的に解消できるものではない[3]

技術的制限編集

Windows 9x系のオペレーティングシステムでは、以下の制限が設けられている。

  • システムリソース - ユーザーヒープ及びGDIヒープの二つに分かれ、それぞれ64KBまでの領域しか扱うことができない。
  • アルファチャンネル及び透過性を利用することができない。[4]
  • 複数のCPUマルチコアを含む)を利用することができない。
  • 512MBを超えるメモリを積むと、キャッシュシステム (Vcache) がメモリを認識できないため、起動に失敗する。これは、Vcacheが使用するメモリ量を制限することで回避できる[5]
  • (Windows 98の場合)1GB以上のメモリを積んでいる場合も、メモリ管理システムの問題で起動ができなくなる。これは、Windowsが使用する物理メモリの量を制限することで回避できる[6]
  • Windows 95およびWindows 98は、2.1GHzを超えるCPUを搭載しているコンピュータでインストールに失敗することがある。
  • サポートされているハードディスクの最大容量は137GBまで。ただし、非公式なものでは2TBまで扱えるものがある。[7]

脚注・出典編集

  1. ^ Windows デスクトップ製品のライフサイクル, マイクロソフト
  2. ^ Windows 98、Windows 98 SE および Windows Me のサポートが 2006 年 7 月 11 日に終了します, マイクロソフト, 2006年3月26日
  3. ^ ハードウェアのスペックや相互運用性デバイスドライバデバイスの品質によってもOSの安定性は左右される。ただしこれは9x系OSに限定された問題ではなく、デバイスドライバの品質の影響はほとんどのOSが受ける。
  4. ^ Windows 2000以降では、レイヤードウィンドウという機能により実現されている。
  5. ^ "Out of Memory" Error Messages with Large Amounts of RAM Installed”. マイクロソフトホームページ. 2014年7月7日閲覧。 - 日本語訳ではmore than 512 megabytes を、512 MB 以上と訳し、境界条件に誤りがある。
  6. ^ エラー メッセージ : メモリ不足のため Windows を初期化できません”. マイクロソフトホームページ. 2014年7月7日閲覧。
  7. ^ この制限はWindows 9x系以外でも起こることがある。これは137GBの壁とも呼ばれる。

関連項目編集