メインメニューを開く
YICS搭載のヤマハ・XZ550のエンジン。シリンダーバンク中央上部付近に存在する銀色の逆三角形のボックスがYICSである。

YICSYamaha Induction Control System)はヤマハ発動機が1980年に開発した、4ストロークエンジンシリンダーヘッドに用いられた内部機構の名称である。

概要編集

 
ヤマハ・XJ750マキシム。ヘッドカバージェネレーターカバーに「YICS」の打刻がされている。

YICSは、シリンダーヘッドの吸気バルブの直前付近の吸気ポート内に、小さなバイパス経路を設けて全てのシリンダーのバイパス経路を連結することにより、吸気バルブが閉じたシリンダーから吸気バルブが開いたシリンダーに向けて、吸気バルブで遮られた混合気が移動し、バイパス経路出口よりシリンダー内部に混合気の強力な噴射が行われることによりスワール(横渦)が形成されて燃焼効率が向上する仕組みである。YICSは1970年代に石油危機に伴う消費者の燃費志向や自動車排出ガス規制への対応の為に2ストローク機関向けのYEISと共に開発が始まったものであり[1]、ヤマハは1980年にヤマハ・XJ400で400ccクラスの直列4気筒に初参入するが、YICSはXJ400の1981年モデルに初採用され、その後1986年までヤマハのXJシリーズの多くに採用された。YICSはヤマハによればXJ400の装着車と非装着車の比較で平均23%の燃費向上が認められたとされる[2]

YICSの装着により従来と同じ出力をより少ない燃料で実現できるようになり、中低速回転時のトルク向上にも貢献した[3]。何らかの後付けデバイスによりシリンダー内にスワールを生むアイデアは、1978年の三菱自動車工業MCA-JET、1983年のトヨタ自動車SCVが存在しているが[4]、YICSはシステムに可動部品を一切持たない為メンテナンスフリーであることが強みであり[3]、低コストで省エネルギーエンジンを実現できたとしている[1]。同時期のオートバイではスズキが多球式燃焼室でスワールの発生を狙ったTSCCを採用していたが[5]柏秀樹はYICSを評してTSCCに比べてより低回転域で効果が大きいように感じられたと述懐している[2]

一方で、YICSにはデメリットも存在していた。オートバイ用エンジンとして製造される並列4気筒は多くは4連キャブレターを装備しており、正常なパフォーマンスを発揮する為には4つのキャブレターの同調調整が必須であるが、YICSは吸気バルブが閉じたシリンダーから開いたシリンダーに向けて混合気が移動し、インテークマニホールド内が加圧される為、一時的にYICSの作動を止める特殊工具を使用しなければ、同調調整の際に負圧計の値が乱れてしまい正確な調整が行えなかった[6][7]。ヤマハはV型2気筒のXZ400/550にもYICSを導入しており、こちらはキャブレター整備の際の一時的な無効化は必要なかったが、シリンダーバンク間の樹脂製のボックス内に混合気を貯蔵するシステムだった為、経年劣化によりボックスからの漏れが発生しエンジンのレスポンスが悪化し、燃費が急速に低下するトラブルが発生しやすかった。

ヤマハは単気筒エンジンのタウンメイトにもYICSを採用していた[8]が、こちらも外付け式の樹脂製ボックスに吸気圧を一時貯蔵する方式で、どちらかといえばYEISを初めとするエアボックス英語版に近い概念のものであった[9]。エアボックス自体は1997年にYEISの特許が切れて以降[10]は、今日のオートバイには普遍的に採用されているものであり、2017年現在ではエアボックスを採用するヤマハ車の中で、明示的にYICSやYEIS搭載を謳うものは無くなっている。

採用車種編集

脚注編集

  1. ^ a b 1969-1980 技術革新と省エネルギー型エンジンシステム - ヤマハ発動機ヒストリー
  2. ^ a b 絶版ミドルバイク YAMAHA XJ400/D/SPECIAL(1980) - バイクブロス
  3. ^ a b YICS(1980) - ヤマハコミュニティ・フランス
  4. ^ ●5代目カローラのエンジン - カローラ花かんむり!
  5. ^ TSCC (Twin Swirl Combustion Chamber) - gsx250.wordpress.com
  6. ^ HCP5460 YICS TOOL USAGE - XJ4Ever.com
  7. ^ Norm Kokes' Home-made YICS tool - XS Eleven
  8. ^ 1982年 Town Mate(T50) - ヤマハ発動機ヒストリー
  9. ^ 昭和58年のヤマハ総合カタログ - ボローラなスペンサー
  10. ^ All About Boost Bottles - dragonfly75.com
  11. ^ 絶版ミドルバイク ヤマハ XZ400(1982) - バイクブロス

関連項目編集

外部リンク編集

  • 省エネルギーエンジンシステム開発 - ヤマハニュース No.206 1980年8月号、(YICSがYEIS、キャリブマチック(高地補正機能付キャブレター)、YPVSと共に次代の省エネルギーシステムとして紹介されている。)
  • Yics - XJwiki