YouTube Music

音楽配信サービス

YouTube Music(ユーチューブ ミュージック)は、YouTubeが開発した音楽ストリーミングサービスである。

YouTube Music
YT Music.svg
赤い円の内側に白い円の輪郭があり小さい赤い円がある。中央に再生ボタンの三角形がある。
開始2015年11月12日 (7年前) (2015-11-12)
運営Google(開発元はYouTube
価格モデル基本無料。
YouTube Music Premiumは月額Androidで980円、iOSで1,280円
ウェブサイトmusic.youtube.com
YouTube Music
YT Music.svg
開発元 YouTube
初版 2015年11月12日 (7年前) (2015-11-12)
最新版
Android:5.16.51 / 2022年7月13日 (6か月前) (2022-07-13)
iOS:5.20 / 2022年8月15日 (5か月前) (2022-08-15)
対応OS Android 4.4以降
iOS 11.0以降
種別 ストリーミング
公式サイト music.youtube.com
テンプレートを表示

有料のサービス「YouTube Music Premium」も提供されており、広告なしでの再生、バックグラウンドでの音声のみの再生、ダウンロードすることによりオフラインでの再生などが可能となる。この有料サービスは 「YouTube Premium」のサービスも利用できる。また、2021年1月1日からは「Google Play Music」に取って代わり、Googleの音楽ストリーミングサービスにおいて、メインブランドになった。

概要編集

音楽コンテンツの再生や検索に最適化されたサービスとして、2015年11月12日にアメリカ合衆国などで開始し[1]、その後にも各国で開始した[2]。日本では2018年11月14日YouTube Premiumと同時にサービスを開始した[2]

2020年5月12日、類似サービスであるGoogle Play Musicのほぼ全てのデータや設定をYouTube Musicへ転送するツールの提供を開始し、同年内にGoogle Play Musicサービスを終了予定であると発表した[3][4]

価格編集

サービスはYouTubeと同様に基本無料だが、無料版は広告動画が挿入される[5]。YouTube Premiumの機能である「YouTube Music Premium」は、広告なしでの再生やモバイルアプリにおけるバックグラウンド再生やオフライン再生、プレイリストの作成に対応している[5]

特徴編集

YouTube Musicでは、iCloudミュージックライブラリApple Music/iTunes Match)と同様のサービスとして「アップロード」機能を提供している。自分のアカウントにアップロードした曲は、YouTube Music Premium を定期購入していなくても、バックグラウンド再生、広告なしの再生、オフライン再生を行うことが可能である[6]。「アップロード」機能は、Google Play Musicにおいて「音楽ロッカー機能」として提供されていたサービスを引き継いだものであるが、Google Play MusicやiCloudミュージックライブラリとは異なり、既にアップロードした曲を自身の端末において元の形式でダウンロードすることは不可能となっている[7]

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集