メインメニューを開く

艦歴編集

1941年2月17日発注。1942年5月1日起工。1943年9月進水。1944年3月24日[1]、または5月31日[2]就役。第6駆逐群に所属する。

1944年10月からバルト海で活動し、船団の護衛や沿岸の砲撃などに従事した。

11月、サーレマー島からのドイツ軍の撤退を支援した。12月、駆逐艦Z35Z36、水雷艇T23T28と共にフィンランド湾へ機雷敷設に向かうが、途中でZ35とZ36が触雷沈没し、機雷敷設は中止された。

1945年2月18日と19日、重巡洋艦アドミラル・シェーアなどと共にザームラントのソ連軍を砲撃。23日、再びソ連軍を砲撃。

4月10日、ダンツィヒ湾で触雷した。5月3日、ゲルティンガー湾で自沈。

脚注編集

  1. ^ M.J.ホイットレー、『第二次大戦駆逐艦総覧』、69ページ
  2. ^ Gerhard Koop, Klaus-Peter Schmolke, German Destroyers of World War II, P.119

参考文献編集

  • M.J.ホイットレー、『第二次大戦駆逐艦総覧』、岩重多四郎 訳、大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0
  • Gerhard Koop, Klaus-Peter Schmolke, German Destroyers of World War II, Greenhill Books/Naval Institute Press, 2003, ISBN 1-85367-540-7 / ISBN 1-59114-307-1