ZD運動(ZDうんどう、: ZeroDefects)は、無欠点仕事をしようという標語であり、1962年航空機の製造会社であったアメリカマーチン・マリエッタ社のミサイル生産現場における作業改善運動が始まり。

日本には、1965年昭和40年)ごろに伝わってきている。

関連項目編集