Zachariasen則とは,サッカリアセン(Zachariasen)が提案した,ガラスを形成するために必要な4つの条件のことである.[1]

  1. 酸素イオンは2個以上のカチオンと連結しない.
  2. カチオンのまわりの酸素イオンの数は一般に少なく,3または4である.
  3. カチオンを中心とした酸素配位多面体は,互いに頂点酸素を共有して3次元網目構造を形成する.またはを共有しない.
  4. 酸素配位多面体は少なくともそれぞれ3つの頂点で連結している.

しかしこの単純なモデルは明らかにSiO2B2O3を念頭において提案されたものであり,それ以外の場合では破綻をきたす.例えばGeSe2ガラスではGeSe4四面体が稜共有で鎖状構造をとっている.またZrF4ベースZBLAN(ZrF4-BaF2-LaF3-AlF3-NaF)ガラスではZrF6八面体が稜共有,頂点共有して3次元ネットワーク構造を形成している.

よってZachariasen則は単なる経験則であり,1つの目安にすぎない.

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ K. D. Kingery, H. K. Bowen, D. R. Uhlmann, Introduction to Ceramics. John Wiley & Sons, 1976, pp.91-110