あいつの声』(あいつのこえ、原題:그놈 목소리題:Voice of a Murderer)は2007年公開の韓国映画。パク・チョンピョ監督作品。韓国での観客動員は314万人。

あいつの声
그놈 목소리
監督 パク・チョンピョ
脚本 パク・チョンピョ
出演者 ソル・ギョング
キム・ナムジュ
カン・ドンウォン
音楽 イ・ピョンウ
撮影 キム・ウヒョン
製作会社 Zip Cinema
配給 大韓民国の旗日本の旗 CJエンタテインメント
公開 大韓民国の旗 2007年2月1日
日本の旗 2011年9月3日
上映時間 122分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
あいつの声
各種表記
ハングル 그놈 목소리
発音 クノム モクソリ
題: Voice of a Murderer
テンプレートを表示

概要編集

1991年ソウルで起こった誘拐事件をもとに作られた。犯人の台詞は実際の脅迫電話での会話を再現しており、犯人の顔はモンタージュ画のみで現され、犯人役カン・ドンウォンの顔がはっきり映るシーンはない。

韓国で封切りを迎えた当時は実際の事件の時効前であり、犯人逮捕の手がかりが収められている。

ストーリー編集

ハン・ギョンペの9歳の息子、サンウが誘拐された。犯人は電話で1億の身代金を要求し、警察に通報すれば子供の命は無いと脅す。ジソンは夫に内緒で警察に通報し、犯人はそれに気づく。犯人が仕組んだ巧妙な取引が行われた。両親が遠くから見ている中で、トランクに刑事が隠れた車に乗り、犯人は身代金を持ち去るが、刑事が手がかりをつかむ事はなかった。犯人からの脅迫電話の声は、理知的で冷酷だった。更に犯人は、ジソンに身代金を運ぶよう指示する。ジソンは犯人が所々に用意した指示書に従い、取引を試みるが失敗に終わる。犯人との電話で聞かされた、生死の判らないサンウの声は、録音された音声である事が警察の分析で明らかになる。ギョンペは、自ら犯人に取引をもちかけるが、人ごみの中で金だけが持ち去られる。脅迫電話の回数は60回にのぼり、事件発生から44日後、サンウの遺体が発見されるが、犯人逮捕には到らなかった。仕事に復帰したギョンペは、カメラに向かってサンウの誘拐事件の原稿を読み、涙した。

最後に実際のモンタージュが映し出され、脅迫電話の音声が流れる。

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集