メインメニューを開く

ある愛の風景』(Brødre)は、2004年のデンマーク映画

ある愛の風景
Brødre
監督 スサンネ・ビア
脚本 アナス・トーマス・イェンセン
原案 スサンネ・ビア
アナス・トマス・イェンセン
製作 シセ・グラム・ヨルゲンセン
ペーター・オールベック・イェンセン
製作総指揮 ペーター・ガルデ
出演者 コニー・ニールセン
ウルリク・トムセン
ニコライ・リー・カース
音楽 ヨハン・セーデルクヴィスト
撮影 モーテン・ソーボー
編集 ペニッラ・ベック・クリステンセン
アダム・ニールセン
配給 日本の旗 シネカノン
公開 デンマークの旗 2004年8月27日
日本の旗 2007年12月1日
上映時間 117分
製作国  デンマーク
イギリスの旗 イギリス
 スウェーデン
 ノルウェー
言語 デンマーク語
テンプレートを表示

サンダンス映画祭観客賞やカンヌ国際映画祭UCMF映画音楽賞などを受賞した。日本では、2005年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて『ブラザーズ』の題で上映され最優秀作品賞を受賞し[1]、2007年には劇場公開された。

2009年に『マイ・ブラザー』としてハリウッドでリメイクされた。

ストーリー編集

12時間後にアフガニスタンに派遣される予定の軍人のミハイルはその日、出所する弟のヤニックを迎えに行く。妻と二人の娘と共に幸せな生活を送り、両親の自慢の息子でもあるミハイルと比べ、仕事にも就かず、ついに服役までしたヤニックは家族の中で孤立していた。

アフガニスタンに着いたミハイルは早速、行方不明になった無線技師の救助に向かうが、途中で撃墜されてしまい、家族の元にミハイルの死が伝えられる。突然の悲報に打ちひしがれる一家。遺体のない葬儀も済み、妻サラもようやく夫の死を受け入れ始める。それまでトラブルばかり起こしていたヤニックは、残された家族を支えるうち、サラと心を通わせていく。しかしそんな時、ミハイルがアフガニスタン側の捕虜になっており、救出されたとの知らせが飛び込む。

ところが戻ってきたミハイルは別人のようになっており、ヤニックとサラの仲を疑ったり、子供達にも厳しく当たるようになってしまう。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2005” (日本語). SKIPシティ国際Dシネマ映画祭. 2013年6月6日閲覧。 受賞結果ページ

外部リンク編集