デンマーク語

言語

デンマーク語(デンマークご、デンマーク語: dansk [ˈdanˀsɡ] ( 音声ファイル), デンマーク語: dansk sprog [ˈdanˀsɡ ˈsbʁɔwˀ])は、デンマーク本土などで話される言語で、デンマーク民族母語である。

デンマーク語
dansk
話される国

 デンマーク
フェロー諸島の旗 フェロー諸島
グリーンランドの旗 グリーンランド
アイスランドの旗 アイスランド
ドイツの旗 ドイツ

地域 北ヨーロッパ
話者数 550万人
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語  デンマーク
フェロー諸島の旗 フェロー諸島
欧州連合の旗 欧州連合
少数言語として
承認
ドイツの旗 ドイツ
統制機関 デンマークの旗 デンマーク語委員会英語版デンマーク語版
言語コード
ISO 639-1 da
ISO 639-2 dan
ISO 639-3 dan
テンプレートを表示

デンマークの自治領であるフェロー諸島グリーンランドでは、それぞれ西ノルド語フェロー語、及びエスキモー語であるグリーンランド語が話されているが、デンマーク語も公用語として一般的に通用する。また、ドイツシュレースヴィヒ地方にはデンマーク語を母語とする「デンマーク少数民族」が約5万人ほど存在しているほか、アイスランドでも外国語として学ばれていることから同国でもデンマーク語が広く通用する。

デンマーク語の系統としてはインド・ヨーロッパ語族(印欧語族)ゲルマン語派ノルド諸語(北ゲルマン語群)東ノルド語に属する。中世の後期になって、他の北欧諸語との相違があらわれた[1]

スウェーデン語との関係編集

同じく東ノルド語に属する言語にはスウェーデン語がある。スウェーデン南部、デンマークに近いスコーネ地方は、17世紀までデンマーク王国領であったため、デンマーク語に近い方言が話されている。コペンハーゲンとスウェーデンとを結ぶが2000年に完成したことで、マルメがコペンハーゲンの通勤圏になったことから、この地域のスウェーデン語は再びデンマーク語の影響を受けることも考えられる。

現在のスウェーデン公用語との差異はそれほど大きなものではなく両国語話者間でかなりの程度意思疎通ができるが、正書法音韻動詞活用数詞等に重要な相違があるので注意を要する。

デンマーク語は、距離的関係から北欧の中でも最もドイツ語の影響を受けている。14世紀以降のハンザ諸都市との交流による低地ドイツ語の影響や、17・18世紀の教養語としての高地ドイツ語の影響がある[1]

方言編集

デンマーク語には、多少方言がある。ドイツとの国境に近いユトランド半島南部シュレースヴィヒ地方は、デンマーク、ドイツ両方の支配を受けているためか、その地方の方言(ユトランド方言)はとりわけ特徴がある。

ユトランド半島中北部と首都コペンハーゲンのあるシェラン島の間の言語差もデンマークの国土の狭さから考えて、大きなものがある。

文字編集

デンマーク語の表記には以下の文字を使う。

デンマーク語アルファベット
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z Æ Ø Å
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z æ ø å

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 田中克彦・H.ハールマン『現代ヨーロッパの言語』岩波書店、1985年2月20日

関連項目編集

外部リンク編集