メインメニューを開く

いずれ絶望という名の闇』(いずれぜつぼうというなのやみ、原題:DIAMANT 13)は、2009年1月21日フランスより劇場公開された映画作品。フランス、ベルギールクセンブルク合作の映画である。

いずれ絶望という名の闇
DIAMANT 13
監督 ジル・ベアフランス語版
脚本 ジル・ベア
ユーグ・パガンフランス語版
オリヴィエ・マルシャル
原作 ユーグ・パガンフランス語版
製作 チャールズ・ジルベールフランス語版
マリン・カルミッツ
ナサニエル・カルミッツフランス語版
パトリック・クインフランス語版
クロード・ワリンゴ
出演者 ジェラール・ドパルデュー
アーシア・アルジェント
オリヴィエ・マルシャル
アンヌ・コエサンフランス語版
アイサ・マイガフランス語版
カトリーヌ・マルシャル
音楽 フレデリック・ヴェルシュヴァルフランス語版
撮影 ベルナール・マレシー
編集 ティエリー・ファバル
公開 フランスの旗 2009年1月21日
日本の旗 2009年12月4日(DVD)
上映時間 98分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

オリヴィエ・マルシャル監督脚本を担当する三部作(『あるいは裏切りという名の犬』、『やがて復讐という名の雨』)の一作。フランスの警察の内実を描いた刑事映画である。

日本では劇場未公開。2009年12月4日タキ・コーポレーションよりDVD(THD-19021)が発売されている。

目次

ストーリー編集

キャスト編集

スタッフ編集

関連作品編集

外部リンク編集