メインメニューを開く

うみへび座U星

うみへび座の変光星

うみへび座U星 (U Hydrae) はうみへび座5等星。そのスペクトルから炭素星に分類され[1]、際立って赤く見える。

うみへび座U星
U Hydrae
星座 うみへび座
視等級 (V) 4.82[1]
4.56 - 5.4[2]
変光星型 SRB[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 10h 37m 33.2729535s[1]
赤緯 (Dec, δ) -13° 23′ 04.352923″[1]
赤方偏移 -0.000086[1]
視線速度 (Rv) -25.80 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 42.59 ミリ秒/年[1]
赤緯: -37.72 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 4.80 ± 0.23ミリ秒[1]
(誤差4.8%)
距離 680 ± 30 光年[注 1]
(208 ± 10 パーセク[注 1]
Hydra IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
うみへび座U星の位置
物理的性質
半径 96.00+9.09
−16.46
R[3]
スペクトル分類 C-N5[1]
光度 1,459.130+148.423
−148.437
L[3]
表面温度 3,641.00+159.00
−161.00
K[3]
色指数 (B-V) 2.68[4]
色指数 (U-B) 5.78[4]
色指数 (R-I) 1.27[4]
別名称
別名称
BD -12 3218[1]
Gaia DR2 3751290548758098688[1]
HD 92055[1]
HIP 52009[1]
HR 4163[1]
SAO 156110[1]
VSX 1032-12[1]
Template (ノート 解説) ■Project

目次

概要編集

炭素星の中では可視光領域で最も明るく見える星の1つである[5]恒星進化論においては、小中質量星が白色矮星に至る前に経る「漸近巨星分枝 (AGB)」の段階にあるとされる[5]。年に1.2×10-7 太陽質量の割合で質量を失っており[6]。スペクトル中にの99Tc(半減期 2.1×105年)の吸収線が見られることから、この数万年程の間にヘリウム燃焼殻のヘリウムフラッシュによって3度目の汲み上げがあったものと考えられている[5][7]

2011年4月、国立天文台岡山天体物理観測所(当時)、東京大学の研究者らの研究グループは、赤外線天文衛星「あかり」搭載の遠赤外線サーベイ装置 (FIS, Far-Infrared Surveyor) を使った観測により、この星を取りまくダストシェルが球形で且つ非常に薄いことから。塵やガスの放出が等方的且つ短期間に集中して行われたことを示すとの研究結果を発表した[5]。この研究では、わずか1,000年ほどの間に約30地球質量の塵と約3,000地球質量のガスが一気に放出されており、この放出はヘリウム燃焼殻のヘリウムフラッシュに起因する可能性が高いとしている[5]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Result for U Hya”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年5月9日閲覧。
  2. ^ a b VSX : Search Results”. The International Variable Star Index. AAVSO. 2019年5月9日閲覧。
  3. ^ a b c Gaia Collaboration. “Gaia data release 2 (Gaia DR2)”. VizieR On-line Data Catalog: I/345/gaia2. Bibcode2018A&A...616A...1G. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5cd7beb66532&-out.add=.&-source=I/345/gaia2&-c=159.38881960555%20-13.38470948644,eq=ICRS,rs=2&-out.orig=o. 
  4. ^ a b c Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=5511. 
  5. ^ a b c d e Izumiura, H. et al. (2011). “Extended dust shell of the carbon star U Hydrae observed with AKARI”. Astronomy & Astrophysics 528: A29. Bibcode2011A&A...528A..29I. doi:10.1051/0004-6361/201015163. ISSN 0004-6361. 
  6. ^ Olofsson, H. et al. (1993). “A study of circumstellar envelopes around bright carbon stars. I - Structure, kinematics, and mass-loss rate.”. The Astrophysical Journal Supplement Series 87: 267. Bibcode1993ApJS...87..267O. doi:10.1086/191804. ISSN 0067-0049. 
  7. ^ Abia, C. et al. (2002). “s‐Process Nucleosynthesis in Carbon Stars”. The Astrophysical Journal 579 (2): 817-831. arXiv:astro-ph/0207245. Bibcode2002ApJ...579..817A. doi:10.1086/342924. ISSN 0004-637X.