メインメニューを開く

うれしいひなまつり」は、サトウハチロー(「山野三郎」名義で紹介されることもある[3])作詞、河村直則(河村光陽)作曲の日本の童謡である。2007年(平成19年)に日本の歌百選に選出されている。

嬉しい雛まつり[1]
河村順子シングル
B面 可愛い春(木村百合子[2]
リリース
規格 シングルレコード(SP盤)
録音 1936年1月中旬[3]
ジャンル 童謡
時間
レーベル ポリドール
作詞・作曲 作詞:サトウハチロー
作曲:河村直則(河村光陽
テンプレートを表示

なお、レコード初出(歌:河村順子日本ポリドール、規格品番:7580)での曲題は「嬉しい雛まつり」である。

目次

概要編集

題名どおり、ひな祭りを歌った曲。1935年(昭和10年)、サトウハチローが娘に雛人形セットを買ってやった前後に作詞したとされる[4]。それに河村が曲をつけ、1936年(昭和11年)2月にレコードが発売されている。

楽しい行事を歌った曲で、題名にも「うれしい」とあるにもかかわらず、西洋音楽的に分類すれば短調である。ただし、唱歌の多くは日本古来のヨナ抜き音階を用いて作曲されており、短調の曲も多い。この曲についても、短調としたことにより日本情緒がよく表現されているとも評されている[誰によって?]

一方で、歌詞の中に官女から嫁いだ姉を連想するくだりがあるが、これについては、嫁ぎ先が決まった矢先に18歳で結核で亡くなったサトウハチローの姉のことを歌っているものであり、この曲が短調なのはハチローの姉へのレクイエムだからであるとの解釈もある[5]

サトウハチローが作詞した楽曲の中では最もよく歌われるものの一つともいわれ[6]、日本では広く知られた曲となっている。一方、歌詞には雛人形を歌った内容としては不正確な描写が含まれており、作詞したサトウハチローはこうした誤りを気にし、晩年までこの曲を嫌っていたという[7][6]。具体的には、男雛と女雛(一対で内裏雛)を「お内裏様とお雛様」と呼ぶのはこの歌から広まった誤用で、また右大臣を「赤い顔」としているのも誤りである(実際は左大臣)[6]

録音した歌手編集

脚注編集

  1. ^ a b 嬉しい雛まつり(国立国会図書館・歴史的音源)
  2. ^ 可愛い春(国立国会図書館・歴史的音源)
  3. ^ a b c 池田小百合 なっとく童謡・唱歌 うれしいひなまつり
  4. ^ 読売新聞文化部『唱歌・童謡ものがたり』岩波書店、1999年、10頁。ISBN 4000233408
  5. ^ 『唱歌・童謡ものがたり』11-12頁。
  6. ^ a b c “うたの旅人 捨てたいのに広まった 「うれしいひなまつり」”. be (朝日新聞社). (2012年3月3日). オリジナルの2012年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120302122526/http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY201203010324.html 2013年1月19日閲覧。 
  7. ^ 『唱歌・童謡ものがたり』11頁。

外部リンク編集