メインメニューを開く

えびはら武司

えびはら 武司(えびはら たけし、男性、1954年6月5日[1] - )は、日本漫画家京都府で生まれ、8歳時に千葉県に移り住む[1]

目次

人物編集

1973年から1975年にかけてフジコスタジオに所属していた[1]藤子不二雄には10人以上のアシスタントがいたが、ファンからアシスタントになったのはえびはらが初であるため、「藤子の最初の弟子」と称される[2]ジャイアンの本名、武(たけし)はえびはらの名から取られたという[3]

フジコスタジオ退社後は広告代理店に勤め[1]1980年3月に少年チャレンジ掲載の『マチコ先生のパンティー』を発表[1]。上京後、同年5月より『まいっちんぐマチコ先生』を連載開始[1]。連載開始後は千葉県に戻る[1]。2000年に日本工学院専門学校蒲田校講師となる[4][1]

代表作『まいっちんぐマチコ先生』は、アニメ化や実写映画化もされた。2001年以降は『コミック伝説マガジン』、『B.L.T.』などで新作を連載している[1]

ちなみに、まいっちんぐマチコ先生を描こうと思った理由は、「藤子不二雄先生の影響を強く受けすぎて、どうしても先生の漫画と似たような話ばかりを描いてしまうため、先生が嫌いな過剰なお色気漫画に挑戦した結果、産まれた作品」とインタビューの中で語っている。[5]

なお、『西原理恵子の人生画力対決』第113回(単行本第7巻収録)で、『ドラえもん』の「源静香の入浴シーンを描いていた」と語っていたとされるが、えびはらの手によるものは身体だけであり、顔は藤子・F・不二雄が描いていたとのことである。

主な作品編集

  • まいっちんぐマチコ先生(1980年 - 1982年、少年チャレンジ、全8巻)
  • 平成版・まいっちんぐマチコ先生
  • 新・まいっちんぐマチコ先生
  • 新世紀版・まいっちんぐマチコ先生
  • マイコうそみたい
  • マンガ広報室→フレ夫くん・アイちゃんシリーズ(都営バスインフォメーションなど、東京都交通局、広報誌「ふれあいの窓」に連載、1990年代)
  • 暮しの赤信号(1986年12月号で『人間1丁目!!』に改題してからは八代風太郎名義)
  • 学研まんが 大人のひみつシリーズ 『からだのひみつ』「マチコ先生の保健体育 男らしい男のひみつ」「マチコ先生の保健体育 理想的な女性のひみつ」[6]
  • まいっちんぐマンガ道(2013年 - 、本当にあった愉快な話、竹書房

師匠編集

  • 藤子・F・不二雄

アシスタント編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i えびはら武司プロフィール”. えびはら武司. 2014年7月12日閲覧。
  2. ^ 藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 130頁
  3. ^ 『藤子スタジオ アシスタント日記 まいっちんぐマンガ道』 えびはら武司
  4. ^ 2014年現在も同校の講師であるかは不明であるが、公式サイトのnewsによれば、2012年時点では何らかの講師の職に就いており、2013年 こざきゆう他との共著『からだのひみつ』p.88でも、「専門学校の講師」であるとされる。
  5. ^ 【漫画家・えびはら武司先生インタビュー】一人の意見が強い時代。表現の自由はどうやって守られるのか?みんなのインタビュー 2018年10月12日
  6. ^ 学研の大人向け「からだのひみつ」マチコ先生が保健体育 - コミックナタリー

外部リンク編集