おがくず(大鋸屑、: Sawdust [saw鋸+dust屑])とは、ノコギリなどで木材を加工するときに生じる目の細かい木屑。大鋸(おが)は、丸太から板を切り出すための大型鋸のことである[1]製材所などでは製材を経て原料材の約7%はおがくずとなるため、日常的に大量に発生する。なお、鉋で削った屑はカンナクズという。

おがくず
オガ炭

高度成長期はオガライトへの加工によって一定の消費が見られたが、石油ガスエネルギー需要が移ったことにより、多くが焼却処分せざるを得ない状況が続いている。現在は法令などの強化に伴い、処分や利用方法などが課題となっている。

用途編集

  • 燃料としても注目され、固形化されたオガライトは、風呂などの燃料として戦後は普通に目にする存在だった。その後、家庭用ガスや灯油などの普及により、需要は激減した。オガライトを木炭化したオガ炭は、昨今、炭火焼をセールスポイントとする飲食店での需要が高まっているが、製造コストの点から多くが中国やそのほかアジア各国産炭であり、国内産は高品質であるが製造流通量は少ない。
  • 顔だけ出しておがくずに埋まる酵素浴に使用される[2][3][4]
  • クワガタムシなどの甲虫類の飼育にも使用されるが、腐植土を食べるカブトムシの幼虫には製材所から生じたばかりのおがくずは使用できない[5][6][7]
  • エノキタケナメコシイタケなどのキノコ栽培の培地などにも用いられているが、大手メーカーでは品質を安定させるために特定の樹種を1本丸ごと粉砕し、最初からおがくずとして製造されているものを用いる場合がほとんどである。
  • おがくずを貯めた場所は湿度がある程度は一定に保たれるため、エビカニが比較的長時間生きており、出荷に使われている。
  • ペレット化し、畜産やペットの敷物としても利用される。
  • 梱包の際に緩衝材として使われることもあるが、化学薬品には可燃物と接触すると発火するものもあるため、その場合は事故につながる[注釈 1]
  • 鉄道では嘔吐物の清掃に際し、撒いて水分を吸わせ、処理するために常備している[8]
  • 水洗便所の設置が困難な場所などで用いられるバイオトイレにおいて、排泄物の処理に利用されることがある。おがくずと混ぜられ、撹拌された残渣は堆肥としての使用も可能である。
  • 昭和の特撮映画では、怪獣の着ぐるみを造形するための素材として用いられた[9]。おがくずをラテックスに混ぜたものを表面へ叩きながら塗ることにより、表皮のイガイガを表現している[9]

なお、おがくずには多種の天然の化学物質が含まれ、国際がん研究機関 (IARC) では木工粉塵 (Wood dust) を「グループ1:発がん性がある」物質と認定しており(詳細はIARC発がん性リスク一覧を参照)、取り扱いには注意すべきである。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 実際、硝酸をおがくずで梱包した荷物が発火したことにより、ニューヨークからグラスゴーへ向かっていたパンアメリカン航空ボーイング707貨物機がボストンにて墜落事故を起こしている(1973年11月3日、3名死亡)。

出典編集

  1. ^ 山で働く (pdf)”. 熊本県総合博物館ネットワーク・ポータルサイト. 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ “健康と美容に特化した発酵酵素の温浴サロンが滋賀県長浜にニューオープン!” (プレスリリース), 株式会社湖北ライフスタイル研究所, (2021年3月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000070299.html 2022年4月1日閲覧。 
  3. ^ “ザ・レインホテル京都から「ファスティング宿泊プラン」販売開始” (プレスリリース), 株式会社ALM, (2021年7月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000082282.html 2022年4月1日閲覧。 
  4. ^ “箱根の大自然に囲まれた山のリゾート「ふふ 箱根」 2022年1月26日開業” (プレスリリース), カトープレジャーグループ, (2021年8月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000050120.html 2022年4月1日閲覧。 
  5. ^ 日本大百科全書. “クワガタムシ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月1日閲覧。
  6. ^ 日本大百科全書. “カブトムシ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月1日閲覧。
  7. ^ カブトムシの飼育方法・豆知識”. DCM. 2022年4月1日閲覧。
  8. ^ “駅に置いてある「おが屑」の使い道って?”. エキサイトニュース (エキサイト). (2008年2月4日). https://www.excite.co.jp/news/article/00091201696099/ 2022年4月1日閲覧。 
  9. ^ a b 「用語解説」 『幻想映画美術体系 大ゴジラ図鑑』[監修]西村祐次 [構成]ヤマダマサミ、ホビージャパン、1995年1月27日、28頁。ISBN 4-89425-059-4 

関連項目編集