メインメニューを開く

きずな (企業)

ソフトウェア

株式会社きずなは、東京都港区に本社を置く企業である。

株式会社きずな
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 4744
2000年2月18日 - 2015年8月10日
本社所在地 日本の旗 日本
107-0061
東京都港区北青山二丁目7番26号
設立 1988年7月28日
業種 不動産業
法人番号 9010401029422
事業内容 不動産取得販売、不動産仲介、IT事業
代表者 笠原弘和
長手純子
資本金 800万円(2018年8月29日現在)
発行済株式総数 56,153,500株(2015年9月30日現在)[1]
売上高 11億3百万円(2015年3月期)[2]
営業利益 △2億4百万円(2015年3月期)[2]
純利益 △2億22百万円(2015年3月期)[2]
純資産 1億49百万円(2015年3月期)[2]
総資産 2億66百万円(2015年3月期)[2]
従業員数 1人(2015年9月30日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 吉野勝秀
外部リンク http://www.kizunacorp.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

1988年に株式会社メッツとして設立され、宛名印刷ソフト「筆自慢」などをリリースしていた。2002年頃から中古マンション向けセキュリティシステムの開発・販売を始め、2005年頃からは自ら不動産を取得し、セキュリティシステムを中心とした改装を行い、販売するようになった。

現在は主として不動産売買や仲介など不動産事業を行っている。

2011年、不動産市況の悪化等により一旦会社を解散することを発表したが、新たなスポンサーが名乗り出たことを理由に解散を撤回した[3]

主な事業編集

  • 不動産事業
取得販売・買取再販・売買仲介(事業領域は東京の都心3区・城東地区、千葉県東葛地区)
JV・コンサルティング
  • IT事業

かつての事業編集

  • パソコンソフトウェア事業
宛名印刷ソフト筆自慢」、DTPソフト「G.CREW」、ペイントソフト「PhotoCrew」ワープロソフト「PLASMA」などの製品を出していた。 2004年に事業から撤退。アールアンドアイリサーチに譲渡した[4]
  • ASPセキュリティ事業
監視カメラの映像をインターネット上のサーバーに自動で録画するシステム「Smart Viewer」の構築、販売。
  • ポータル事業

沿革編集

  • 1988年7月 - 株式会社メッツ設立。
  • 1991年10月 - 毛筆宛名書きソフト「筆自慢」発売。
  • 1994年6月 - 日本語ワープロソフト「PLASMA」発売。
  • 1995年6月 - グラフィックソフトウェア「G.CREW」発売。
  • 2000年2月 - 東証マザーズ上場。
  • 2003年4月 - 子会社のアイミディアが、アロンエステートとセキュリティ事業に関する代理店契約締結。
  • 2004年4月 - 一般向けソフトウェア事業から撤退。
  • 2004年9月 - アイミディアを解散。
  • 2004年10月 - アロンエステートを子会社化。グループ内での不動産事業開始。
  • 2006年4月 - アロンエステートを吸収合併。
  • 2011年11月 - 会社を解散することを発表[5]
  • 2012年2月 - 千葉県在住の個人による公開買付が完了した[6]ことを受け、解散を決議する臨時株主総会の招集を中止[7]
  • 2015年8月 - 2012年の株主異動が不適当な合併(合併等による実質的存続性喪失)にあたる[8]として、上場廃止[9][10]
  • 2017年2月 - 株式会社きずなに商号変更。

出典編集

外部リンク編集