メインメニューを開く

きみの朝」(きみのあさ)は、1979年(昭和54年)3月21日シングル曲として発売された、岸田智史(現・岸田敏志)の楽曲(作曲も担当)で、岸田自身の代表曲でもある。

きみの朝
岸田智史シングル
初出アルバム『モーニング
B面 約束の日
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 岡本おさみ、岸田智史
チャート最高順位
岸田智史 シングル 年表
つづれおり
(1978年)
きみの朝
(1979年)
夕陽のなかで
(1979年)
収録アルバムモーニング
きみの朝
(1)
ガール
(2)
テンプレートを表示

目次

概要編集

岸田自身も出演したTBSテレビドラマ愛と喝采と』の挿入歌に採用された。なお、ドラマの中では当初「モーニング」というタイトルが表示されていたが、レコード発売の際には「きみの朝」へと変更されている。

2015年7月8日に発売されたシングル「ボルドー・ルージュ」のカップリング曲に「きみの朝 〜ALWAYSバージョン」のセルフカバーが収録されている[1]

収録曲編集

脚注編集

  1. ^ 岸田敏志 初の歌謡曲「ちょい悪オヤジ」風に披露”. スポニチ (2015年7月10日). 2015年7月13日閲覧。

関連項目編集