メインメニューを開く

さいたま市駒場運動公園補助競技場

さいたま市駒場運動公園補助競技場(さいたましこまばうんどうこうえんほじょきょうぎじょう)は、埼玉県さいたま市浦和区駒場運動公園内にあるさいたま市が所有する球技専用スタジアムで、かつてJリーグ浦和レッドダイヤモンズ大宮アルディージャがホームスタジアムとして使用していたさいたま市駒場スタジアムのサブグラウンドである。

さいたま市駒場運動公園補助競技場
"浦和レッズハートフルフィールド駒場"
施設情報
所在地 日本の旗埼玉県さいたま市浦和区駒場二丁目1-1
位置 北緯35度52分17.47秒
東経139度39分57.38秒
所有者 さいたま市
運用者 さいたま市公園緑地協会
グラウンド 人工芝(103m x 68m)
ピッチサイズ 103m x 68m
照明 なし
大型映像装置 なし
使用チーム、大会
浦和レッズ・レッズレディースの下部組織の試合・練習、および市民大会レベルにおけるサッカー・ラグビーなどの球技(埼玉県サッカー選手権大会他)
収容能力
約300席
アクセス
JR東日本浦和駅シャトルバスで15分
JR東日本東浦和駅シャトルバスで20分
JR東日本浦和駅北浦和駅徒歩20分

施設は主競技場とともにセットで命名権の販売対象とされ、募集の結果[1]2012年6月より、浦和レッドダイヤモンズ株式会社(旧・株式会社三菱自動車フットボールクラブ)と契約を結び「レッズハートフルフィールド駒場」と称されている。

概要編集

メインスタジアムは陸上競技場だが、このスタジアムはサッカーラグビーなど球技専用。フィールド人工芝で、少年用としては2面の使用が可能。埼玉県サッカー選手権大会などに使用されている。

施設概要編集

  • サイズ 103m×68m(人工芝)
  • 収容人数 300人(全席座席)
  • ナイター照明設備
  • 得点板

アクセス編集

外部リンク編集

出典編集