浦和区

埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つである

浦和区(うらわく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つ。埼玉県庁さいたま市役所などの行政機関が集積する。

うらわく
浦和区
埼玉県庁標識.JPG
埼玉県庁
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
さいたま市
団体コード 11107-4
面積 11.51km²
総人口 158,868
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 13,800人/km²
隣接自治体
隣接行政区
さいたま市大宮区見沼区中央区
南区緑区
区の花 ニチニチソウ
区の色 あか
浦和区役所
所在地 330-9586
埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目4番4号
北緯35度51分41.8秒東経139度38分43.8秒
Saitama-City-Hall.jpg
外部リンク さいたま市浦和区役所HP

浦和区位置図

特記事項 世帯数:71,572世帯(2017年5月1日)[1]
NTT市外局番:048(区内全域)
番号区画コード:254
経度・緯度は世界測地系
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

位置編集

埼玉県さいたま市南部に位置する。旧浦和市の中央部北側に相当し、旧市の中心市街地を含む。さいたま市が政令指定都市に移行するに当たり、旧浦和市は4つの区に分割され、西部に桜区、中心市街地を含む中央部北側に浦和区、中央部南側に南区、東部に緑区が設置された。中央部北側に位置する浦和区の区域は、おおむね旧浦和町と木崎地区に相当するが、これに加えて六辻地区のうち神明の北側3分の2ほどが浦和区に含まれる。また、木崎地区のうち大原六・七丁目は区制施行と同時に大宮区となる。

地形編集

 
さいたま市浦和区周辺の地形

ほぼ全域が大宮台地(北足立台地)浦和大宮支台の上にあり、北端部のみが芝川低地にかかる。その他、区東部の大宮台地の縁に藤右衛門川などの中小河川が入り込んでおり、谷底平野が一部形成されている。

人口構成編集

浦和区の世帯数は6万6千世帯強、人口は15万人強である。人口密度は1万3千人/km²強と市内の区で最も高く、浦和区単体で見ると、人口密度は蕨市に次ぐ県内第2位である[2]。 2013年(平成25年)時点の年間収入1000万円以上の世帯が占める割合は15.3%[3][4]で全国第13位、2010年(平成22年)時点における25歳以上人口のうち大卒・院卒者が占める割合は43.4%で全国第15位[5]

歴史編集

浦和市の項目も参照。

古くは調神社玉蔵院門前町として栄え、六斎市が開かれた。また、奈良時代には律令制の政庁がおかれ跡地は氷川神社となった。江戸時代になると中山道浦和宿がおかれ宿場町として発展した。廃藩置県により浦和県の県庁所在地となり、岩槻県忍県を合併し埼玉県が誕生した後も現在まで県庁所在地となっている。1883年(明治16年)には県内最古の駅の一つとして浦和駅が開業し、1889年(明治22年)の町村制施行により浦和町が誕生した。

1923年大正12年)に関東大震災が発生すると、直前にすでに耕地整理事業が行われ市街中心部の整備が行われていた当地区では比較的震災の被害が少なかった(浦和町の死者は3人[6])ことや首都東京近傍でかつ大宮台地(北足立台地)上にあるという立地条件もあって東京府などから人口が流入し、後の都市化の礎となった(浦和区#住宅地としても参照)。人口増加に伴い1934年には市制施行し浦和市となる。 また当時「鎌倉文士浦和画家」と言われたように数多くの文化人が移り住んだことでも知られ、国内屈指の公立進学校である埼玉県立浦和高等学校前身の旧制浦和中学校、埼玉大学前身の埼玉県師範学校鳳翔閣)や旧制浦和高校、県内最古の女子校である埼玉県立浦和第一女子高等学校などの教育機関が集積し、浦和は「文教都市」の代表格として知られるようになった。現在においても大卒・ホワイトカラー層の居住が多く、常盤中学校を筆頭に公立校が私立進学校と同程度支持されるエリアとなっている。

太平洋戦争期には1945年(昭和20年)4月14日には県庁周辺、5月26日には北浦和駅付近が空襲を受け、計17人の死者[7]、740人の罹災者を出した。これは戦争末期の全国主要都市への空襲の一環であり、軍需工場などの存在しない浦和への攻撃は局所的であった。これが現在も戦前と殆ど変わらない区画の街並みとなっている理由である。常盤や岸町など比較的碁盤の目のように区画が整っているのは、戦後復興によるものではなく、戦前1934年(昭和9年)の耕地整理による区画整理のためである。1941年(昭和16年)には県全域を管轄する浦和連隊区司令部が置かれ、戦後1946年(昭和21年)6月には埼玉会館別館に進駐軍である埼玉軍政部(第79軍政中隊)が置かれた。

戦後も東京都心への通勤の利便性から人口は増え続け、1945年(昭和20年)に9万3,696人だった市人口が1975年(昭和50年)には33万1,145人に膨れ上がった。浦和は県政・文化の中心地であると共に大卒者の比率も高く、都内本社へ通勤する埼玉都民ベットタウン的性質もより濃くなっていった。人口増による業務増加もあり仲町にあった浦和市役所は狭隘化し、1976年(昭和51年)に常盤の埼玉大学跡に移転した。さらに都市改造の一環として1981年には浦和駅西口に再開発ビル(浦和コルソ)が建設、駅前広場が拡張され、現在も県下最大の売上高を計上している伊勢丹浦和店が開店した。それまでは旧中山道や県庁通り沿いが賑わっており十字屋(1984年閉店)などの百貨店や丸井浦和店(1985年閉店)、西友浦和店(1992年閉店)もあったが、徐々に駅前周辺部に買い物客の賑わいがシフトしていった。1999年(平成11年)浦和市役所跡地に浦和ロイヤルパインズホテルが開業、市内初の超高層建築物であった。その後駅周辺にて再開発の機運が高まり、エイペックスタワー浦和(2003年竣工)、コスタ・タワー浦和(2006年竣工)などの超高層ビルが完成した。

2001年(平成13年)に3つの市の合併によりさいたま市が発足、2003年(平成15年)には政令指定都市への移行に伴い市を構成する9区(現在は岩槻区を加え10区)のうちの1つとして浦和区が発足し、現在に至る。埼玉県庁さいたま市役所の置かれる行政の中枢として機能している。また、近年では浦和駅周辺地区を中心に超高層マンションや商業施設などの再開発や道路整備が進められており、2007年(平成19年)には浦和駅東口に浦和パルコが開店した。また浦和駅西口南地区では27階建ての再開発も計画されており2020年(平成32年)に完成予定である。その上、上野東京ライン開業などにより東京駅新宿駅への所要時間が25分と利便性が高まったため、マンション開発が活発化している。県庁所在地として繁華街を抱えるが、駅周辺は条例により風俗店などの営業が禁止されている。そのため駅前商業地にあっても比較的治安が良いことで知られ、また落ち着いた雰囲気を維持している。駅からやや離れた国道17号沿いには埼玉りそな銀行をはじめとしてオフィスが建ち並び、そのさらに外周部となる常盤岸町などは高級住宅地として知られている(浦和区#住宅地として参照)。

区の色は浦和をホームタウンとするJリーグのクラブ・浦和レッドダイヤモンズのチームカラーに因んだ[8]赤。

浦和駅南側の日の出通り 
浦和レッズAFC優勝時の浦和駅西口 
玉蔵院通り 

年表編集

詳細は浦和市を参照

住宅地として編集

住宅地としての人気は1923年(大正12年)の関東大震災以後に高まる。それに先立つ1916年(大正5年)初頭の國民新聞の紙上において東京近郊の理想的な住宅地・別荘地を投票により選定する企画が行われ、浦和町は郊外住宅地部門では9等、別荘地部門では8等に入賞し、良好な郊外住宅地として既に認知されていた。具体的な理由も掲載され、東京への近さ、教育環境の充実、下水道整備率の高さなどが挙げられていた。また、鹿島臺(鹿島台・現在の別所沼周辺)の風光明媚さや災害の不安が少ないことも記され、当時はまだ畑も多く宅地開発の余地があった鹿島台が住宅地として注目されていたことが分かる。震災直前には鹿島台に官吏や教員向けの町営住宅を建設しており、また1922年(大正11年)9月には浦和耕地整理事業が着工し、町としても浦和の住宅地・別荘地の期待や住宅不足に対応するため実際に宅地としての開発が本格化していた。

その矢先に大震災が発生し、浦和は東京や横浜からの移住者で一気に3000人以上の人口増加が起こった。当時の人口は1万2000人程度であり、25%の増加率であった。特に前述の鹿島台エリアである別所沼周辺には、富裕層官僚以外にも画家の移住や画家のアトリエが目立ったため、同じような理由で移住が増えた鎌倉鎌倉文士という言葉と対になる浦和画家という言葉が生まれた。昭和初期には40人以上の画家が集住し、「さながら絵描き村である」と報道された[9]。その後も現在に至るまで都心から近い閑静な好立地も一因として住宅地の人気を保ち続けている。アトリエの遺構は消えつつあるが、県展の開催される埼玉県立近代美術館うらわ美術館など美術に関する施設が多く、文教都市としての環境に貢献している。

さいたま市内の住宅地公示地価の上位1位から5位までが浦和区内(高砂岸町前地北浦和常盤)で、高砂においては東京23区内以外では国内で最も住宅地地価が高い[10]。また、隣接する南区別所は6位となっている。

2016年の「戸建住宅地として人気の高かった市区町村ランキング(首都圏)」では、東京都世田谷区に次ぐ2位となっている[11]

戸建て住宅地建設地の余地が少なくなった近年では駅周辺を中心にマンション開発も相次ぎ、10階建て以上の高層マンションが350棟(2017年現在)と、さいたま市内で最も高層マンションが多い区でもある。

人口編集

浦和区成立後から毎年4月1日の人口。住民基本台帳人口より(台帳法改正前の2012年以前は台帳人口+外国人登録人口の数値)[12]。市内では南区見沼区に次いで人口が多い区である。

2003年 137,595人
2004年 139,609人
2005年 141,252人
2006年 142,439人
2007年 143,715人
2008年 145,038人
2009年 145,937人
2010年 146,071人
2011年 146,424人
2012年 147,538人
2013年 148,571人
2014年 151,341人
2015年 154,049人

地域編集

北浦和、高砂、常盤、針ヶ谷、前地、本太は住居表示実施前にはすべて「町」がついた。

市では文教都市宿場町として長い歴史を持つ区内の文化財や観光スポットなどが一目でわかる「浦和区文化の小径マップ」を地区ごとに作成し、無料で配布している。「中山道浦和宿を歩く」、「北浦和界隈を歩く」、「浦和駅東口から本太界隈を歩く」、「上木崎界隈から見沼を歩く」、「前地・岸町界隈を歩く」、「常盤・仲町界隈を歩く」、「大東から駒場を歩く」の7地区が発行されている[13]

旧大字浦和宿編集

浦和村・浦和町を経て浦和宿となった浦和の中心部であり、かつては小字として御殿山・上・中・下が存在した。また、中山道浦和宿時代には、北から「上町」、「仲町」、「下町」と呼ばれた。明治7年に岸村が浦和宿に編入され、上町、仲町、下町、岸(旧岸村)はそれぞれ「常盤区」、「仲区」、「高砂区」、「岸区」と称されるようになり、地域内にはこのような町名が存在した。

これらの公称町名は昭和初期の地図には確認できるが、現在ではほとんど使われることはない。NTTの電信柱に設置された管理プレートには「林町」、「弥生」、「本町」、「旭町」といった表示があり、電線の名称としては現在も残っているようである。また「日の出通り」という道路名としても旧町名が確認できる。 同様に現存しないが、稲荷丸鯛ヶ窪といった小字(以下参照)も昭和9年の耕地整理前まで存在した。耕地整理後に現在の整然とした区画が生まれ、現在の町名の原型となる区割りが設定された(常盤町〜丁目、北浦和町〜丁目など)。仲町や高砂の西部の住宅街は通称鹿島台と呼ばれた。

小字
  • 岸分宿、尺地、天神面、第六天前、竹之下、塚之越、窪堤、東裏、八田州、芝道通、中道通、中原・中之原、三本木、房ノ妻、一里塚、本太境、御殿尻、中向原、新山道、家頭、西川原、寺屋敷、清ヶ谷、鹿島後、下西向原、大ヶ窪南台、子ノ神、苗木原、下向原、本宿、一ノ窪、寺之下、岸之下、稲荷丸

本社を置く企業編集

主要施設編集

行政・司法等編集

 
埼玉県警察本部
 
さいたま市役所
裁判所
 
さいたま地方裁判所、さいたま家庭裁判所、さいたま簡易裁判所
防衛省
法務省
財務省
厚生労働省
  • 関東信越厚生局指導監査課(朝日生命浦和ビル)
  • ハローワーク浦和(浦和公共職業安定所)
農林水産省
警察庁
日本年金機構
  • 北関東・信越ブロック本部
  • 浦和年金事務所
独立行政法人
政党支部

寺社編集

ホテル・商業編集

医療・保健編集

公共施設編集

主な支社・支店編集

主な法人編集

主な法人本部・支部。

マスメディア編集

 
テレビ埼玉
 
さいたま放送局

公園・運動施設編集

学校編集

 
県立浦和高校
高等学校
中学校
小学校

劇団・スクール編集

ギャラリー編集

交通編集

 
浦和駅
 
新浦和橋

鉄道編集

東北本線  宇都宮線高崎線  湘南新宿ライン上野東京ライン

  京浜東北線

バス編集

道路編集

一般国道
県道
  • 橋梁
    • 浦和橋 - 県道65号さいたま幸手線(旧中山道)
    • 新浦和橋 - 国道463号越谷浦和バイパス・道場三室線
    • 新都心大橋 - 県道159号さいたま北袋線(赤山東通り)
    • 大原陸橋

旧跡・名物・イベント編集

旧跡
  • 浦和宿本陣跡
  • 浦和宿石橋と供養仏
  • 浦和宿二・七市場跡
名物

蒲焼が古くから名物で、満寿屋など創業100年を超える老舗が多い(浦和宿参照)。江戸時代には、練馬大根と並んで浦和大根の産地としても知られた。

イベント

出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 市報さいたま浦和区版2017年6月号
  2. ^ 人口は2015年(平成27年)5月1日時点の推計人口、面積は2014年(平成26年)の全国都道府県市区町村面積調による。
  3. ^ 2013年(平成25年)住宅・土地統計調査による。分母からは収入階層不明の世帯を除く。
  4. ^ 但し、住宅・土地統計調査の表章対象外となる人口1万5千人未満の町村を除く
  5. ^ 2010年(平成22年)国勢調査による。分母からは最終卒業学校不明、及び在学者を除く。
  6. ^ 浦和市史通史編Ⅲ
  7. ^ 戦災概況図浦和による。
  8. ^ さいたま市公式サイト「区の色・ロゴマークの使用について」
  9. ^ 東京日日新聞 昭和6年8月18日付
  10. ^ 産経新聞2017年3月22日 29年公示地価 住宅地3年ぶり上昇 入間IC付近工業地は全国一 埼玉
  11. ^ 【人気の街ランキング2016/新築編】マンション・一戸建てともに、王者に輝いたのは「東京都世田谷区」! - オウチーノ 2017年1月27日
  12. ^ http://www.city.saitama.jp/006/013/005/001/jikeiretsu.html さいたま市の人口・世帯(時系列結果)
  13. ^ 浦和区文化の小径マップ

関連項目編集

外部リンク編集