大宮アルディージャ

日本の埼玉県さいたま市にあるサッカークラブ

大宮アルディージャ(おおみやアルディージャ、Omiya Ardija)は、日本埼玉県さいたま市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

大宮アルディージャ
原語表記 大宮アルディージャ
呼称 大宮アルディージャ
愛称 ディージャ、栗鼠、オレンジ軍団
クラブカラー

  オレンジ[1]

  ネイビー[1]
創設年 1969年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン J2リーグ
クラブライセンス J1リーグ
ホームタウン 埼玉県さいたま市[1]
ホームスタジアム
Ōmiya Park Soccer Stadium, R1068484.jpg
NACK5スタジアム大宮[1]
収容人数 15491人[1]
運営法人 エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社[1]
代表者 日本の旗 佐野秀彦
監督 日本の旗 霜田正浩
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社
NTT Sports Community Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-20-1[1][2]
設立 1998年12月4日[2]
業種 サービス業
法人番号 9030001001309 ウィキデータを編集
事業内容 サッカークラブ運営
代表者 鈴木茂[1][2]
資本金 1億円(2020年1月期)[3]
売上高 34億5400万円(2020年1月期)[3]
営業利益 ▲400万円(2020年1月期)[3]
経常利益 0万円(2020年1月期)[3]
純利益 0円(2021年1月31日時点)[4]
純資産 1056万9000円(2021年1月31日時点)[4]
総資産 13億5084万9000円(2021年1月31日時点)[4]
決算期 1月
主要株主 東日本電信電話[2]NTTドコモ[2]NTTデータ[2]、他
テンプレートを表示

概要編集

1969年創部の電電関東サッカー部が前身であり、1999年にJリーグへ加盟した[1]。ホームスタジアムはNACK5スタジアム大宮、練習場は大宮アルディージャ練習場(さいたま市西大宮サッカー場)。運営会社はエヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社(NTTスポーツコミュニティ)[1]。クラブ名「アルディージャ(Ardija)」の由来は「Ardilla」(意味:リス(スペイン語))であり、それを読みやすいように変更した造語である(Ll参照。リスは大宮市(現さいたま市)が1990年の市制施行50周年記念時に制定したマスコット)[1][5]

クラブの主軸は「スピード」「アクティブ」「アグレッシブ」[6]。エンブレム内の5本のストライプはスピード、ロゴはリスの素早い動きを表している[6]。エンブレム内のリスの尻尾に見立てた盾形は堅守とバランスを表している[6]。大宮は元々ピム・ファーベーク三浦俊也が構築したトータルフットボールを主軸にしていたが、2005年からのJ1では堅守速攻を主軸にするようになっていき、2014年にJ2降格となるまで堅守速攻で戦い抜き、トータルフットボールの組織力を組み合わせた堅守速攻が大宮の伝統として確立したが、2014年から2021年までは頻繁にスタイルが変わり続けている。2021年シーズン中断期間後 初戦の8/9 第24節 新潟戦にて5年以来となる伝統の守備重視の4-4-2 堅守速攻が使用された[7][8]。堅守速攻の中でも特に守備を徹底した監督はズデンコ・ベルデニックであり、アトレティコ・マドリードディエゴ・シメオネが使用する4-2-2-2の強固ブロックも採用した[9][10]

クラブマスコットはリスがモチーフのアルディミーヤで、仲良しのカップルという設定であり、1998年にアルディ、2008年にミーヤが登場し、2009年に公式マスコットとして認定され、2012年よりゆる玉応援団のメンバーとなっている[1][5][11][11]

アカデミー(育成期間)は大宮アルディージャユース・大宮アルディージャジュニアユース・大宮アルディージャジュニア、姉妹チームは大宮アルディージャVENTUSが存在する。

同じく埼玉県さいたま市がホームタウンの浦和レッズとのダービーマッチ「さいたまダービー」が存在する。

川崎フロンターレとの縁故編集

大宮と川崎フロンターレは1999年に同時にJリーグに参入し、2004年に同時にJ1昇格が確定した縁故があり、ライバル関係とされている[12]。クラブ同士のスタイルは正反対であり、大宮が堅守やバランスを提唱していることに対し、川崎は開拓精神的な攻撃的サッカーを主軸としている[6][13][14][15]。2016/9/17 2nd第12節 川崎戦では大宮・川崎間の選手同士・サポーター同士のトラブルが発生し[16][17]、更に大宮の中心選手 家長昭博が川崎へ移籍することになった(家長の2014年の大宮移籍後初ゴールは3/15 第3節 川崎戦であり、同時にJ1通算17500ゴールとなった)。2017年最終節の12/2 第34節 川崎戦では川崎に5-0で大敗し、この試合で川崎のリーグ初優勝と大宮のJ1最下位によるJ2降格が確定した[18][19][20]。大宮監督 石井正忠にとっては前年の2016年では鹿島を優勝させてレアル・マドリードとの試合で世界2位を記録したことに対し、2017年では優勝チームとの試合での大敗時の最下位によるJ2降格という正反対の結果となった[18][19][20]。2021年には大宮がJ2最下位になったことに対し、川崎はJ1首位で大宮の2012-2013年のJ1通算21戦連続無敗記録を更新した[21][22][23][24]

歴史編集

Jリーグ参入前編集

1969年に旧浦和市にて結成された電電関東サッカー部が前身であり[1]、1987-1992年に日本サッカーリーグ2部に在籍した。1998年に旧大宮市をホームタウンとしてチーム名を「大宮アルディージャ」へ変更[1]。1998/12月に東日本電信電話(中心)・NTTグループ・関連企業18社の出資による運営会社「エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社」が設立された[1][注 1]

1999 - 2004(J2)編集

1999年にピム・ファーベークが監督に就任。序盤は首位争いをしていたが、牽引役 ヨルン・ブーレが深夜に東京都にて暴漢に襲われたことにより左眼失明の重傷を負って引退し、その後大宮は失速して最終順位は6位。2000年に三浦俊也が監督に就任。浦和とのさいたまダービー初開催となった。2001年は11節より12連勝を記録し、前半戦を17勝3分2敗 勝点50の首位で終え、第8-24節に17戦連続無敗で、第15節より首位に立った。後半戦はジョルジーニョとパナマ代表 バルデスが重傷を負い、後半戦に加入したバレーが活躍したが、第25節 新潟戦での延長Vゴール負けによって3連敗し、第27節には2位、第30節にはJ1昇格圏外の3位に落ち、第33・35・36節には再度2位となったが、第37節 川崎戦で敗れて3位に下がる。以降は昇格圏に戻れずに後半戦は9勝3分10敗で勝点28しか挙げられず、年間勝点は78、優勝の京都に勝点差6を付けられ、最終順位は5位。その後に三浦が監督を辞任した。2002年は前半戦は4-8位間を推移し、後半戦は第40節まで5位で、第41節に6位に落ち、1度も昇格圏内に入れずに6位でシーズンを終えた。2003年は第2節から3連勝し、第7節まで6戦無敗、第6・7節には昇格圏内の2位に浮上するも、第8節に3位に下がった後は1度も昇格圏内に入ることなく前年同様に6位でシーズンを終えた。2004年は三浦が再度監督に就任し、11/20の水戸戦で勝利したことによりJ1自動昇格条件の2位以上が確定し、2位でJ1昇格が確定した。

2005 - 2014(J1)編集

 
大宮アルディージャサポーター

2005年:クラブスローガン「「Departure」→走り出す大宮→」。三浦体制2年目。元ブラジル代表 クリスティアン、地元大宮出身 桜井直人、元日本代表 藤本主税などを補強した。リーグ戦は第16節時点で7位になったが、リーグ戦15試合6得点のクリスティアンがサンパウロFCに移籍した上に故障者が続出し、第22節から第28節まで7連敗。第28節時点で16位まで順位を下げたが、レアンドロ若林学らの活躍で第29節から4連勝して最終成績は13位となった。優勝したG大阪に2戦2勝で、ホームのさいたまダービーでは勝利した。ナビスコ杯はベスト8、天皇杯はベスト4へ進出した。

2006年:クラブスローガン「OMIYA EXPRESS 加速するオレンジ魂」。三浦体制3年目。12位でシーズンを終えた。シーズン終了後に三浦が監督を退任した。

2007年:クラブスローガン「シンカ ~進化、真価、深化」。かつて監督を務めたピムの弟 ロバート・ファーベークが監督に就任した。リーグ戦は前半戦で3勝7分8敗の16位と低迷した。ファーベークは解任され、強化育成部長 佐久間悟が監督に就任したが、チームの調子は急浮上せずに15位でJ1残留が確定した。

2008年:クラブスローガン「シンカ NEXT~進化、真価、深化」。三浦の監督退任時からオファーを出していた山形元監督 樋口靖洋が監督に就任した。樋口は攻撃的なサッカーを志向し、第14節時点で7位となったが、後半は無得点記録と6連敗を記録し、12勝7分15敗の12位でシーズンを終え、樋口が退任した。

2009年:クラブスローガン「橙想心 AGGRESSIVE SHIFT 2009」。張外龍が監督に就任した。開幕当初から主将 小林慶行など怪我人が続出し、その小林が張の構想外となって柏へレンタル移籍した。苦戦が続いたが、シーズン終盤でJ1残留を勝ち取った。

2010年:クラブスローガン「橙想心 より強く、より高く、より深く」。張体制2年目。開幕直前に塚本泰史が右大腿骨骨肉腫を患っていたことが明らかになった。3/7のC大阪戦に3-0で勝利したことでチーム初のJ1単独首位に立ったが、第8節終了時で1勝2分5敗の成績となった。張が監督を辞任し、鈴木淳が監督に就任するとチーム状態は上向きになり、ホーム最終戦の第33節でJ1残留が確定した。10/2の埼玉スタジアムでの浦和戦にて大宮の観客数水増しが発覚し、発覚当初はクラブ側は全面否定したが、翌日にリーグ事務局の本格調査が入ると一転して4000人以上の水増しを認め、10/19に渡邉誠吾が代表取締役を辞任した。2007/11以降に主管した58試合で観客数を水増しし、合計は111737人であった[25]。11/16に社団法人日本プロサッカーリーグより譴責(始末書の提出)と制裁金2000万円の処分が課せられた[26]

2011年:クラブスローガン「上昇宣言 ~リスの木登り~」。鈴木体制2年目。リーグ戦は連勝も連敗もないという星取りで、ホームゲームで勝てない(8/27の第24節 磐田戦で1勝目、12/3の第34節 甲府戦で2勝目)という状況だったが、11/19の第32節 鹿島戦前にJ1残留が確定した。最終順位は13位で、初めて浦和より上位でシーズンを終えた。天皇杯は初戦の福岡大戦でのPK戦で敗退した。12月に塚本泰史との契約を解除した。

2012年:クラブスローガン「上昇宣言2012 ~リスの木登り~」。鈴木体制3年目。1月に塚本泰史が大宮アンバサダーに就任し、7年間在籍した藤本主税が熊本に移籍した。シーズン開始後は第2節終了時に8位であったが、2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選によるリーグ戦中断直前の第13節終了時点で15位の順位であった。5月に監督の鈴木とヘッドコーチの石井知幸を解任し、6月にズデンコ・ベルデニックが監督、井上卓也がヘッドコーチに就任した。ベルデニックは就任早々に崩壊していた守備を迅速に整備して立て直し、シンプルな攻守一体の堅守速攻をベースに徹底した守備・コンパクトネス・ハードワークや積極的なアグレッシブネス・攻守切替のスピード・リスクを恐れないライン押し上げ・ゾーンプレス・規律を重視した[9][27]。選手の役割は柔軟にさせるのではなく予め固定し、戦い方はシンプル・簡潔で「ボールを奪ったらFWを見ろ」と選手に徹底した[9][27]。大宮監督就任以前のベルデニックの基本フォーメーションは3バックであったが、大宮では4バックを使用し、ディエゴ・シメオネがアトレティコ・マドリードにて使用する4-2-2-2の強固なブロックも使用して鉄壁を築き、後に大宮はアトレティコとの比較対象になることが増えた[9][10]。7月にラファエルがボタフォゴFRへ移籍したが、河本裕之の補強による守備力強化とズラタンノヴァコヴィッチの補強による攻撃力強化を行なった。第24節時点で17位に順位を落としたが、第24節 浦和戦-最終節にてリーグ戦11戦連続無敗、天皇杯を含めた公式戦13試合連続無敗を記録した。第33節 磐田戦にてJ1残留が確定し、最終順位は13位。

2013年:クラブスローガン「大宮共闘」。ベルデニック体制2年目。リーグ戦は前年後半からの無敗を継続。第7節 浦和戦にて鹿島のJ1連続無敗記録を更新すると、次の柏戦にて首位に立ち、第11節 仙台戦にて敗北するまでJ1通算無敗記録を21に伸ばした。ナビスコカップはグループリーグ敗退し、J1リーグ戦ではコンフェデレーションズカップによる中断明けの7月 第16節より連敗し、5連敗目となった第20節の翌日8/11にベルデニックが電撃解任され、小倉勉が監督に就任した。小倉指揮下でもJ1リーグ戦での連敗を止めることができずに連敗は8まで伸びたが、第24節 横浜FM戦にて連敗を止めた。第25-32節にてシーズン2度目の8連敗となったが、第33・34節に勝利して最終順位は14位。第34節 湘南戦にてJ1通算100勝を記録した。シーズン終了後に小倉が監督、岡本武行がGM、古矢武士が強化部長を退任した。

2014年:クラブスローガン「大宮共闘」。大熊清が監督に就任した。RCDマヨルカから日本代表 家長昭博を完全移籍で獲得した。リーグ戦では開幕2戦で連敗後に第3・4節に連勝して8位まで順位を上げたが、第5節より7試合連続未勝利となり、第12節時点で17位に順位を下げた。第12節以降はワールドカップによる中断期間前まで公式戦勝利から遠ざかる。中断期間終了後にリーグ戦10試合連続未勝利となった第24節終了後の8/31に大熊を解任し、コーチの渋谷洋樹が監督に就任した。渋谷の就任後は5勝1分5敗であったが、降格圏に留まり、16位で迎えた最終節はC大阪に2-0で勝利したが、15位の清水が引き分けてJ2降格が確定した。この年にJ2降格が確定するまで大宮は10年間J1在籍を記録した。

2015(J2)編集

クラブスローガン「挑む 頂点へ、未来へ」。渋谷体制2年目。大型補強を行い、日本代表 播戸竜二大屋翼加藤順大塩田仁史清水慎太郎横谷繁などが加入し、2012年に期限付き移籍をしていた河本裕之が完全移籍で加入した。渋谷は攻撃的ポゼッションサッカーを志向し、前年度まで前衛MFとして不調に陥っていた家長昭博をCFとして起用し、持ち味への特化により得点力を大幅に向上させた(この年をきっかけに家長はFWをメインポジションとしてプレーすることが多くなった)[28]。リーグ戦序盤はスタートダッシュに失敗したが、その後はチームが安定していき、着々と勝ちを積み重ねて第15節より首位を一度も譲ることはなかった。

2016 - 2017(J1)編集

2016年:クラブスローガン「挑む より高みへ、未来へ」。渋谷体制3年目。昇格初年度の目標「勝ち点48」「年間順位7位から12位」を掲げた。戦力面では後の日本代表 江坂任などを補強した。この年の大宮は前年度のポゼッション重視からロングカウンター重視の堅守速攻にスタイルを変え、仮想アトレティコ・マドリードと評された[10][29]。開幕より順調に勝ち点を積み上げ、第13節 鳥栖戦での江坂のヘディングゴールでJ1通算400ゴールを達成し、家長が日本人選手J1初となる二桁得点を達成した。第28節 広島戦時点で残り6試合でJ1残留が確定した。第29節 川崎戦も3-2で勝利し、クラブJ1史上最高の勝ち点46以上が確定したが、この試合が発端となって大宮・川崎間の選手同士・サポーター同士のトラブルが発生した[30][31]。過去未勝利のカシマサッカースタジアムでの第31節 鹿島戦でも3-1で勝利したことで同スタジアムでの初勝利となり、勝ち点を50に伸ばしてシーズン目標の勝ち点48を達成した。最終節ではFC東京に1‐0で敗れ、ACL出場可能性のある4位にはならなかったが、リーグでのクラブ最高成績の5位でシーズンを終えた。2年ぶりのJリーグカップでは予選トーナメント2位で2005年以来の決勝トーナメントに進出した。前回進出時と同様に横浜FMとの準々決勝ではホームでの第1戦は2-1で勝利、アウェーでの第2戦は0-1となり、2戦合計スコアは2-2となったが、アウェーゴールでは劣るために準々決勝敗退となった。天皇杯では2005年以来2度目のベスト4まで勝ち上がったが、川崎に0-1で敗戦した。

2017年:クラブスローガン「挑む ~より強く、未来へ。~」。渋谷体制4年目。主力の家長昭博が川崎、泉澤仁がG大阪に移籍したが、2017年のエース・背番号10番 大前元紀を清水より完全移籍で獲得した。この年は前年度の堅守速攻重視から2015年度のポゼッション重視にスタイルを戻した。リーグ戦では開幕から6連敗で最下位に沈み、第7節 清水戦にて大前の前所属 清水相手にリーグ戦初勝点を挙げ、1-1で引き分けて連敗を止めるが、第8節 G大阪戦では6失点により大敗した。第9節 首位の浦和戦でのさいたまダービーにてシーズン初勝利を挙げたが、その後も低迷が続いた。第13節 柏戦での4失点敗戦後の翌日5/28に渋谷とヘッドコーチ 黒崎久志を解任し、伊藤彰の監督、海本慶治のヘッドコーチ就任を発表した[32][33]。リーグ戦中断期間にカウエマルセロ・トスカーノキム・ドンスを補強したが、成績は向上せずに残り3試合時点でフロントは2度目の監督交代を決断し、伊藤と強化本部長 松本大樹を解任し[34][35]、鹿島を世界2位に導き、大宮前身のNTT関東出身 石井正忠が監督、スカウト担当 西脇徹也が強化本部長に就任した[36][37]。石井は就任会見時に涙を浮かべ、古巣残留のためにポゼッションから堅守速攻へとスタイルを緊急変更したが[7]、就任後の第32・33節でも勝利できずにJ2降格が確定した。最終節にて川崎に5-0で大敗を喫し、皮肉にもこの試合にて前年度までの大宮中心選手 家長在籍の川崎のリーグ初優勝が確定し、大宮のJ1最下位によるJ2降格が確定した。石井にとっては前年の2016年では鹿島を優勝させてレアル・マドリードとの試合で世界2位を記録したことに対し、2017年では優勝チームとの試合での大敗時の最下位によるJ2降格という正反対の結果となった[18][19][20]。最終結果5勝10分19敗の最下位18位でシーズンが終了した。YBCルヴァンカップではグループステージ6試合中4試合終了時点で2分2敗となり、この時点で決勝トーナメント進出の可能性が断たれ、最後の2試合は勝利したが、2勝2分2敗の4位でグループステージ敗退となった。

2018 -(J2)編集

2018年:クラブスローガン「ONE 勝利のために」(石井を中心に考案された[38])。石井体制2年目。J2優勝を目標に掲げ、クラブ創立20年目のシーズンに臨んだ[39]。大型改革を行い、原崎政人大塚真司藤原寿徳大塚慶輔がコーチに就任した。後の日本代表 江坂任などの多数の主力選手が他チームへ移籍したが、ロビン・シモビッチなどを補強した。石井は開幕前から1年を通して「アグレッシブに前に出る」「自ら自発的にアクションを起こす」ということを提唱し、石井の前所属 鹿島と同様に基本フォーメーションを4-4-2に固定し、堅守速攻をベースにした攻撃的な中央攻撃・ハイプレス・ハイライン・ショートカウンターの戦術によって42試合中39試合を4-4-2で戦い抜いた[40][7][41][42][43]。開幕戦の甲府戦では勝利するが、第9節終了時点で2勝1分5敗と黒星が先行して19位まで順位を落とした。第10-12節に3連勝してシーズン初連勝を記録し、その後は成績が向上した。第16-21節に6戦連続無敗を記録して前半戦を8位で折り返した。後半戦も最初の2節を連勝し、第24節 徳島戦にて敗れるまで8戦連続無敗を記録した。第29節で開幕戦以来のJ1参入プレーオフ圏内の5位に浮上し、その後は他チームとJ1昇格枠を争う展開となった。第39-最終節開始前に昇格圏外の7位に順位を落としたが、最終節 岡山戦にて菊地光将のゴールにより勝利すると、プレーオフ圏を争っていた東京Vと福岡が引き分けて5位に浮上し、参入プレーオフ出場が確定した。シーズン終了時に65得点を記録し、石井の提唱する「アグレッシブネス」をストレートに体現して得点力を爆発させた大前元紀が合計24得点を記録したことにより得点王となったが、同時に守備難による48失点となった(シーズン終了時の大宮と首位の松本山雅を比較すると、松本山雅の54得点は大宮の65得点を11点下回っているが、松本山雅の34失点は大宮の48失点を14点下回っている)。参入プレーオフ1回戦では6位 東京Vと対戦し、レギュレーションに基づきリーグ戦上位の大宮は引き分けの場合でも2回戦進出となる状況であったが[44]、東京V側が退場者を出して11人対10人と数的有利の状況で後半26分に失点し[44]、その後はスコアが動かずに0-1で敗戦してプレーオフ敗退となり、シーズン終了後に石井が監督を退任した。

2019年:クラブスローガン「121%ORANGE」。前長崎監督の高木琢也が監督に就任した。昨シーズンと比べて大規模改革や人事異動などは行われずにコーチ陣は続投し、移籍も少数に留まった。大宮が長年採用し続けてきた4バックの伝統を破って3バックを取り入れ、高木の前所属 長崎と同様に3-4-2-1を基本フォーメーションとし、4バックは1度のみ使用した[45]。3バックへと変更を行ったことでサイド攻撃が減少してカウンターによる中央攻撃が多くなり、昨シーズンよりもポゼッション比率が減少した[46]。3/23の水戸戦から6/29の金沢戦までの3ヶ月間に16戦連続無敗を記録して首位にも立った。昨シーズンの48失点よりも8点少ない40失点に抑え、得点数においても昨シーズンの65得点と同等の62得点を記録したが、他チームとの接戦の末に僅差でJ1自動昇格圏に入れずに3位でシーズンを終え、2年連続で参入プレーオフ出場となり、1回戦の山形戦にて0-2で敗戦し、2年連続の1回戦敗退となった。

2020年:クラブスローガン「WIN☆WIN」。高木体制2年目。昨シーズンとは打って変わって大規模な改革が行われ、コーチ 原崎政人藤原寿徳が退任し、北嶋秀朗松本拓也がコーチに就任した。開幕前からシーズン終了時までの入団者は19名に上り、退団者においてはキャプテン・エース・背番号10番を兼任していた大前元紀を始め、得点源のフアンマ・デルカド・ベテラン選手・成績不振の選手を放出し、期限付き移籍選手を含めて合計17名の大量放出となった。フォーメーションは前年に引き続き3-4-2-1を継続し、ポゼッションも取り入れるようになった[47]。開幕より4連勝したが、第2-4節にて首位に立った直後に連敗した。その後は2位を維持したが、第9節 福岡戦直前に福岡選手の新型コロナウイルス感染判明により中止となった後に第10-21節にて福岡戦の振替試合を含む13試合中1勝5分7敗と不調に陥り、シーズン前半終了時点で勝点26・15位となった。シーズン後半は開始より連勝して10位となったが、第17-21節にて6試合連続未勝利、第24-30節にて7試合連続未勝利となったことにより17位にまで低迷した。横浜FCにて出場機会減少のイバを得点力向上のために補強するが、それでも得点は増えずにチーム低迷に加えて怪我人続出の事態となり、他チームへの期限付き移籍中選手を呼び戻すなどの緊急補強が行われた。それでも低迷は続いて残り8試合時点で年間順位3位以下が確定し、翌シーズンJ1復帰の可能性が完全消滅となり、シーズン終了後に高木が監督を退任した。

2021年:クラブスローガン「SHOW 勝つ、笑う、昇格する」。森正志が代表取締役を退任し、2/1付で佐野秀彦が代表取締役に就任し、前年度まで大分のコーチで、大宮のJリーグ参入初年度メンバー 岩瀬健が監督に就任したが、岩瀬の監督歴は約2ヶ月程度であり、開幕前からの指揮は初経験となった。「変革」のシーズンと評され、岩瀬は「勝利」を強く提唱してフォーメーションを3バックから大宮の伝統である4バックへ戻し、ポゼッションとカウンターの二枚刃を武器にした大分的な攻撃的戦術を採用したが[48][49][50]、自陣内ポゼッションが多くなり、岩瀬の志向する能動的なサッカーが上手く機能しなかった。第5節 長崎戦にて4-0で大勝し、第6節 琉球戦にて上位の琉球、第7節 秋田戦にて前年度J3優勝の秋田に0-0で引き分けたが、クラブ史上ワースト成績となるJ2最下位を記録したことによりクラブ側が緊急声明を発表する事態となった[51]。10戦連続未勝利となった北九州戦より2日後の5/25に岩瀬と強化本部長 西脇徹也が解任された[52]。大宮トータルアドバイザー・VENTUS総監督 佐々木則夫が期間限定で監督に就任し、Jリーグ参入後の大宮の合計20人目の監督となり、佐々木はJリーグ参入前の大宮トップチームにて監督経験があったが、Jリーグ参入後の大宮トップチーム監督就任は初経験となった[52]秋元利幸が強化部長代理に就任し、代表取締役 佐野自らが本部長と強化部長を兼任する事態となった[52]。新強化部・新監督による体制強化が宣言され、前年度までの体制と比較した上で代表取締役・強化部・監督が総替え・一新されたことになった[52]。佐々木は「能動的に試合を進める理想的なサッカー」から「現実的なサッカー」への転換を提唱し、前パスへの意識や球際に注視した[53][54]。佐々木は就任早々チーム再建に着手し、前への意識を出すことや声掛け徹底などのベーシック・基本基礎的な部分を見直すことからチーム再建を始めた[54]。選手には自身を「佐々木監督」ではなく「ノリさん」と呼ばせ、選手との親近感や交流を重視した[53][54]。5/28には2020年度クラブ経営情報開示が先行発表されて大宮の営業収益が全J2クラブで最高額となった(全Jリーグクラブでは12位)[55][56]。佐々木体制第2戦となる6/6 第17節 金沢戦ではフォーメーション 4-1-4-1を使用するが、1-0で敗戦となった。翌日6/7に霜田正浩の監督就任が発表され、霜田は「魂を込める」「ファイト」「デュエル」という言葉を用いてチャレンジャーとしてアグレッシブ・強気に相手に向かっていく精神・躍動感・ハードワークを提唱した[57][58][59][60]。佐々木体制最終戦の6/9 天皇杯2回戦 千葉戦では佐々木は三門雄大をベンチキャプテンに指名し[58]、フォーメーション 4-2-3-1を使用するが、敗戦となり、佐々木体制 全3戦は全敗の結果で終わった。6/11に渡部大輔に代わる三門のキャプテン就任が発表された[61]。6/13 第18節 栃木戦にて霜田体制初陣となり、フォーメーション 4-1-2-3を使用するが、引き分けとなり、この試合でイバがJ2通算600得点を記録したが、リーグ戦と天皇杯を含めて通算14戦未勝利となった。6/23に北嶋秀朗のヘッドコーチ就任が発表された。6/19 第19節 松本戦にて引き分けて通算15戦未勝利となったが、6/27 第20節 山口戦にて霜田がJリーグにて前監督だった山口相手に背番号10 黒川がシーズン初得点を入れて1-0で勝利した[62]。7/3 第21節 山形戦ではフォーメーション 4-2-1-3を使用するが、1-3で敗れ、この時点で2021年度の大宮はフォーメーションを5種類使用した(4-4-2・4-1-4-1・4-2-3-1・4-1-2-3・4-2-1-3)。3月決算のクラブを含めて反映させた2020年度クラブ経営情報が7/29に開示されて大宮が営業収益ランキング1位となった(前年度1位は磐田)[63][64][65]。中断期間後は中断期間中に補強した南雄太河田篤秀が活躍し、霜田の提唱するアグレッシブネスや躍動感を基軸に活力や勢いを徐々に取り戻していったが、守備難による失点が多くなった。中断期間後の初戦の8/9 第24節 新潟戦では4-4-2を使用し、ポゼッションの新潟に対して守備を徹底する戦い方によってキック・アンド・ラッシュやプレスを駆使し[8]、後半戦終了時で1-1となり、延長戦で失点して1-2となるが、その後に大宮も得点して追い付いて2-2で引き分けとなった[8]。8/14 第25節 秋田戦では再度4-2-1-3を使用したが、1-1で引き分けとなった。8/29 第27節 松本戦では復帰した菊地俊介を司令塔に起用して4-0で勝利した。9/5 第28節 東京V戦にても菊池を司令塔に起用して二連勝し、シーズン初連勝となって降格圏からも脱出したが、10/17 第34節 千葉戦より菊池が離脱して4-4-2を使用することが多くなった。10/22に河本裕之の2021シーズン限りの引退が発表された[66]。11/28 第41節 町田戦まで1勝しかできない状態が続いて再度降格危機に立たされたが、最終節の12/5 第42節 群馬戦にて7試合ぶりに勝利したことによりJ2残留が確定し、試合終了後にクラブは公式声明を発表し、「シーズン当初に掲げたJ1昇格という目標とはかけ離れた最終節まで残留が決まらないシーズンになり、この悔しい現実をしっかりと受け止めて2022シーズンはクラブ全体で甘い部分を全て捨てる覚悟で臨み、2022シーズンは強くて魅力的なクラブになるために大宮アルディージャは歴史的な変革へ踏み出す覚悟である」ということと「J1時代の仕様が多く残った体質や継続主義を変え、筋肉質なクラブを目指し、聖域なき選択と集中・大胆な廃止を行い、最適化されたコストバランスによりひたむきにクラブの成長を目指し、攻守においてハードワーク・走り切るサッカースタイルに取り組み、事業面ではこれまでクラブ独自に取り組んできたチケットシステム・グッズ販売・スマートスタジアム事業を見直してJリーグIDを基軸としたサービスへ移行し、変革へ覚悟を持ってチャレンジする」ということを発表し、霜田は「今年の悔しさを絶対に忘れず、新しい大宮アルディージャを作っていかなくてはならなく、魂の伝わる試合をしたい」ということを語り、三門は試合後のインタビューにて涙を流し、河本の引退セレモニーでは三浦知良よりビデオメッセージが送られ、霜田の監督続投と秋元の強化部長就任が発表された[67][68][69][70][71][72]

成績編集

トップチーム

アカデミー

記録

(入場者数の上段は水増し発覚後である2010年J1第25節以降の数値で、下段は水増し発覚前である2010年J1第24節以前の数値。)

項目 数字 時期 対戦相手、結果、試合会場
最多連勝 13連勝 2004 J2 第32-44節
最長無敗期間 21試合 2012 J1 第24節-2013 J1 第10節(引分8試合)[注 2]
最多連敗 8連敗 2013 J1 第16-23節、第25-32節
最長未勝利期間 10試合 2003 J2 第8-17節(引分4試合)
最多得点試合 6得点 2019 J2 第22節 鹿児島ユナイテッドFC、6-0、NACK5スタジアム大宮
最多失点試合 6失点 2000 J2 第14節 浦和レッズ、0-6、大宮公園サッカー場
2003 J2 第21節 コンサドーレ札幌、2-6、札幌ドーム
2017 J1 第8節 ガンバ大阪、0-6、市立吹田サッカースタジアム
最多入場者数 29,575人 2010 J1 第25節 浦和レッズ、埼玉スタジアム2002
42,346人 2009 J1 第29節 川崎フロンターレ、埼玉スタジアム2002
最少入場者数 5,627人 2011 J1 第18節 ヴィッセル神戸、NACK5スタジアム大宮
844人 2000 J2 第35節 モンテディオ山形、大宮公園サッカー場

施設編集

 
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

ホームスタジアムはNACK5スタジアム大宮であり、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にても不定期にホームゲームを開催する。2013年よりさいたま市西区所在の「大宮アルディージャ練習場」(さいたま市西大宮サッカー場)を練習場として使用し、クラブハウス「オレンジキューブ」を併設している[1][73]。2012年以前は志木市所在のNTT東日本総合グラウンドを使用していた。2004/3より「大宮アルディージャ練習場」から近距離に位置する西区所在の秋葉の森総合公園サッカー場も練習場として使用している。

年度・スタジアム別ホームゲーム試合数

(公式ウェブサイト掲載による2001年以降の天皇杯を除外したデータ[74]。)

年度 リーグ戦 Jリーグ杯 備考
NACK
大宮
駒場 埼玉ス 熊谷陸 その他
2001 21 0 0 - 鴻巣1 大宮 1
2002 20 1 1 なし 不参加
2003 0 2
2004 19 1 J1昇格。
2005 5 2 8 3 大宮 1

埼玉ス 2
駒場 1

熊谷陸 1

大宮は当時J1規格外であったために試合数を制限し、埼玉スを事実上の準本拠とした。
2006 - 10 5 2 駒場 3 大宮改修のために駒場を暫定本拠とした。
2007 2 13 2 1 10月まで駒場を暫定本拠とし、11月よりNACK大宮に本拠復帰した。
2008 16 0 0 NACK 2

熊谷陸 1

2009 13 3 NACK 3
2010 15 - 1
2011 16 0 NACK 1
2012 0 NACK 3
2013
2014 J2降格。
2015 20 不参加 J1昇格。
2016 16 NACK 4 当初Jリーグ杯グループリーグはNACK4だったが、FC東京のACL本戦出場により1試合減少。
2017 NACK 3 J2降格。
2018 20 不参加
2019
2020 21 0
2021

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP 1st オレンジ ネイビー ネイビー
FP 2nd ネイビー
GK 1st 水色 水色 水色
GK 2nd
GK 3rd ピンク ピンク ピンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 2nd
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 3rd
ユニフォームスポンサー
掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
NTTドコモ NTT docomo »5G 2008 - 2000 - 2004:背中
2007:パンツ
(表記変遷は後述を参照。)
鎖骨 武蔵野銀行 武蔵野銀行 2018 - 2012 - 2016:パンツ
2016 2nd - 2017:背中下部

(両側に掲出。)

背中上部 東日本電信電話 NTT東日本 2007 - 2000 - 2006:胸
(2004 - 2014は「FLET'S 光」表記。)
背中下部 しまむら しまむら 2018 - 2017:パンツ
富士薬品 富士薬品 2005 -
パンツ前面 武蔵コーポレーション 武蔵コーポレーション 2020 -
パンツ背面
ユニフォームサプライヤー
サプライヤー名 年度
ミズノ 1999 - 2006
ロット 2007 - 2008
アンダーアーマー 2009 -
歴代ユニフォームスポンサー年表
年度 箇所 サプライヤー
鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面
1998 NTT Mizuno
1999 NTTNTT東日本[注 3]
2000 NTT東日本 NTT
DoCoMo
Coca-Cola
2001 Club IT
2002 NTT
オートリース
2003
2004 FLET'S
2005 FOMA
NTT DoCoMo
富士薬品 アイダ設計
2006
2007 DCMX NTT DoCoMo FLET'S 光 NTT DoCoMo Lotto
2008 DCMX NTT DoCoMoNTT docomo NTT Communications
2009 NTT docomo ひかりTV Under Armour
2010
2011
2012 武蔵野銀行
2013
2014
2015 NTT東日本
2016 ドコモ光 武蔵野銀行
2017 d
d POINT
しまむら
2018 NTT docomo(1st)・d POINT(2nd・3rd) 武蔵野銀行 しまむら
2019 NTT docomo(1st)・d POINT(2nd)
2020 NTT docomo »5G 武蔵コーポレーション
2021
歴代ユニフォーム FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1999-2000
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2002-2003
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2004-2005
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2006
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2007
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2008
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2009
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014
 
 
 
 
 
 
 
2015
 
 
 
 
 
 
 
 
2016
 
 
 
 
 
 
 
2017
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2020
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021-
歴代ユニフォーム FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1999-2000
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2002-2003
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2004-2005
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2006
 
 
 
 
 
 
 
 
2007
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2008
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2009
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2017
 
 
 
 
 
 
 
 
2018
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2020
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021-
歴代ユニフォーム FP 他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018 3rd
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018
20周年記念

決算編集

損益

(金額の単位は百万円で2005-2010年度人件費は事業費に含まれる。)

年度 収入 広告料 入場料 配分 育成 物販 その他 費用 事業費 人件費 試合 トップ 育成 女子 物販 販売 管理費 利益 純利益 出典
2005 2,242 1,359 311 256 316 2,232 1,648 N.A. 584 10 2 2005
2006 2,376 1,470 254 231 421 2,518 2,041 1,246 477 -142 -146 2006
2007 2,842 1,960 305 248 329 2,840 2,403 1,384 437 2 8 2007
2008 3,059 2,165 324 228 342 3,046 2,591 1,565 455 13 -2 2008
2009 3,553 2,396 379 220 558 3,546 3,090 1,954 456 7 0 2009
2010 3,308 2,286 375 220 427 3,290 2,802 1,850 488 18 -1 2010
2011 2,775 1,924 325 218 150 158 2,770 1,314 313 354 61 0 728 5 1 2011
2012 3,344 2,172 329 208 143 492 3,348 1,787 288 387 59 0 827 -4 0 2012
2013 3,228 2,296 341 214 142 235 3,226 1,606 226 472 68 0 854 2 0 2013
2014 3,422 2,405 347 205 164 301 3,423 1,720 207 561 67 0 868 -1 0 2014
2015 3,005 2,183 315 100 157 250 3,003 1,360 204 496 63 0 880 2 0 2015
2016 3,203 2,077 398 216 174 165 173 3,194 1,411 229 487 73 0 142 852 9 0 2016
2017 3,685 2,296 397 445 189 138 220 3,675 1,792 252 548 80 0 99 904 10 4 2017
2018 3,972 2,611 339 282 189 156 395 3,965 1,915 271 682 78 0 107 912 7 0 2018
2019 3,454 2,464 332 151 215 129 163 3,458 1,547 272 625 78 0 96 840 -4 0 2019
2020
2021
資産

(金額の単位は百万円。)

年度 総資産 総負債 純資産 資本金 出典
2005 753 602 151 100 2005
2006 612 608 4 100 2006
2007 1,044 1,031 12 100 2007
2008 1,015 1,004 11 100 2008
2009 661 650 11 100 2009
2010 441 430 10 100 2010
2011 976 966 10 100 2011
2012 1,505 1,494 11 100 2012
2013 1,236 1,225 11 100 2013
2014 1,155 1,145 11 100 2014
2015 1,184 1,174 10 100 2015
2016 1,310 1,299 11 100 2016
2017 1,670 1,659 11 100 2017
2018 2,722 2,711 11 100 2018
2019 1,512 1,501 11 100 2019
2020
2021

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p クラブガイド:大宮アルディージャ”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 会社概要”. 大宮アルディージャ. 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c d 2019年度(平成31年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2020年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社 第23期決算公告
  5. ^ a b クラブ概要”. 大宮アルディージャ. 2014年1月18日閲覧。
  6. ^ a b c d クラブ概要 | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年5月28日閲覧。
  7. ^ a b c 大宮・石井新監督が涙を浮かべ決意。“古巣”の窮地救うべく伝統の「堅守速攻」回帰へ | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2018年11月27日閲覧。
  8. ^ a b c ドラマ仕立てのドロー! ATに新潟が勝ち越すが直後に大宮が追いついて2-2で終演◎J2第24節 - サッカーマガジンWEB” (日本語). soccermagazine.jp. 2021年8月10日閲覧。
  9. ^ a b c d 大宮、堅守で初の首位 「もしかしたら…」に現実味” (日本語). 日本経済新聞 (2013年5月3日). 2021年5月26日閲覧。
  10. ^ a b c 「大宮=アトレティコ」という仮説。最後の一押しは、監督の黒シャツ!?(松本宣昭)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2021年5月26日閲覧。
  11. ^ a b アルディとミーヤのプロフィール 大宮アルディージャ公式サイト
  12. ^ J1リーグ2006/第20節試合結果 | 大宮アルディージャ公式サイト | 試合日程・結果 アーカイブ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年6月23日閲覧。
  13. ^ 川崎フロンターレ オフィシャルWEBサイト” (日本語). 川崎フロンターレ オフィシャルWEBサイト. 2021年5月31日閲覧。
  14. ^ 川崎フロンターレについて:KAWASAKI FRONTALE”. www.frontale.co.jp. 2021年5月31日閲覧。
  15. ^ 新チーム名称は「川崎フロンターレ」に決定!!”. pr.fujitsu.com. 2021年5月31日閲覧。
  16. ^ co.,Ltd, FromOne. “大久保退場で10人の川崎、一時は逆転も乱打戦落とす 大宮MF江坂が劇的決勝弾” (日本語). サッカーキング. 2021年5月26日閲覧。
  17. ^ co.,Ltd, FromOne. “川崎サポーターへの処罰が決定 大宮選手バス妨害で5試合入場禁止” (日本語). サッカーキング. 2021年5月26日閲覧。
  18. ^ a b c 川崎逆転、歴史動いた 川崎5―0大宮 サッカーJ1:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年5月28日閲覧。
  19. ^ a b c 【J1採点&寸評】川崎 5-0 大宮|川崎のエースに最高点の「9」! 先制弾の阿部、2アシストの家長も高評価” (日本語). ライブドアニュース. 2021年5月28日閲覧。
  20. ^ a b c 劇的逆転、歓喜の涙 開始早々、主導権 12月2日・大宮戦 | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2021年5月28日閲覧。
  21. ^ 【データが語る】21戦無敗の12~13年大宮と20~21年川崎Fを比較 - データが語る - サッカーコラム : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年5月28日閲覧。
  22. ^ co.,Ltd, FromOne. “川崎FがJ1新記録、22試合連続無敗を達成! 三笘薫と小林悠の得点で札幌下す” (日本語). サッカーキング. 2021年5月28日閲覧。
  23. ^ 川崎フロンターレがJ1新記録達成!大宮アルディージャ上回る22戦連続無敗” (日本語). フットボールチャンネル. 2021年5月28日閲覧。
  24. ^ J1川崎、22戦無敗の新記録 G大阪は完敗(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年5月16日). 2021年5月28日閲覧。
  25. ^ “ホームゲーム開催時の入場者数に関する調査結果等のご報告” (日本語). 大宮アルディージャ. (2010年10月19日). http://www.ardija.co.jp/news/archive/detail/d/index.php?id=../information/clubplayer/201010/cinfo20101019-02.html 2013年2月11日閲覧。 
  26. ^ “Jリーグからの制裁について” (日本語). 大宮アルディージャ. (2010年11月16日). http://www.ardija.co.jp/news/archive/detail/d/index.php?id=../information/clubplayer/201011/cinfo20101116-01.html 2013年2月11日閲覧。 
  27. ^ a b 【番記者コラム】大宮の歴史に強烈なインパクトを刻んだ「不敗街道」 | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2021年12月5日閲覧。
  28. ^ 大宮アルディージャ 2014 フォーメーション | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB”. www.football-lab.jp. 2021年6月23日閲覧。
  29. ^ 大宮アルディージャ 2016 チームスタイル[攻撃セットプレー | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB]”. www.football-lab.jp. 2021年5月26日閲覧。
  30. ^ co.,Ltd, FromOne. “大久保退場で10人の川崎、一時は逆転も乱打戦落とす 大宮MF江坂が劇的決勝弾” (日本語). サッカーキング. 2021年12月5日閲覧。
  31. ^ co.,Ltd, FromOne. “川崎サポーターへの処罰が決定 大宮選手バス妨害で5試合入場禁止” (日本語). サッカーキング. 2021年12月5日閲覧。
  32. ^ 監督・ヘッドコーチ解任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  33. ^ 監督・ヘッドコーチ就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  34. ^ 伊藤彰 監督 解任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  35. ^ 松本大樹 強化本部長 解任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  36. ^ 石井正忠 監督 就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  37. ^ 西脇徹也 強化本部長 就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  38. ^ 大宮アルディージャ公式サイト. “2018シーズン チームスローガン決定のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). https://www.ardija.co.jp/news/detail/13894.html 2018年7月16日閲覧。 
  39. ^ 大宮アルディージャ (2018年1月14日). “「2018大宮アルディージャ新体制発表会」開催レポート”. 2018年11月25日閲覧。
  40. ^ 大宮アルディージャ 2018 フォーメーション | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB”. www.football-lab.jp. 2019年12月27日閲覧。
  41. ^ 大宮アルディージャ 2018 チームスタイル[攻撃セットプレー | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB]”. www.football-lab.jp. 2019年12月27日閲覧。
  42. ^ 週刊☆サッカー王国』(2018年1月26日放送分)
  43. ^ “石井正忠監督「自分から前にアクションを起こすというところを数多くやってほしい」【練習コメント】” (日本語). 「OmiyaVision」片村光博. https://www.targma.jp/omiya/2018/11/03/post9982/ 2018年11月27日閲覧。 
  44. ^ a b ゲキサカ (2018年11月25日). “10人の東京V、セットプレーで大宮撃破!! 11年ぶりJ1昇格へプレーオフあと2勝”. 2018年11月25日閲覧。
  45. ^ 大宮アルディージャ 2019 フォーメーション | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB”. www.football-lab.jp. 2020年1月6日閲覧。
  46. ^ 大宮アルディージャ 2019 チームスタイル[攻撃セットプレー | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB]”. www.football-lab.jp. 2019年12月27日閲覧。
  47. ^ 大宮アルディージャ 2020 チームスタイル[攻撃セットプレー | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB]”. www.football-lab.jp. 2021年5月26日閲覧。
  48. ^ 岩瀬健 監督 就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2020年12月24日閲覧。
  49. ^ 【大宮】岩瀬健監督はただ勝利のために。「すべての試合に勝って昇格するつもりです」 - サッカーマガジンWEB” (日本語). soccermagazine.jp. 2021年5月25日閲覧。
  50. ^ 【大宮|新体制】新指揮官の下、4度目の正直へ――。“変革のシーズン”がいよいよスタート | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2021年5月25日閲覧。
  51. ^ 大宮アルディージャを愛する全ての皆さまへ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年5月25日閲覧。
  52. ^ a b c d トップチーム体制変更について | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年5月25日閲覧。
  53. ^ a b 大宮暫定指揮の佐々木則夫氏「現実的なサッカーを」 “ノリさん”呼ばせる - J2 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年5月29日閲覧。
  54. ^ a b c 【大宮】理想に振れたチームを立て直す。佐々木則夫監督「現実的に戦って勝ち点3を積む!」 - サッカーマガジンWEB” (日本語). soccermagazine.jp. 2021年5月29日閲覧。
  55. ^ 2020年度 クラブ経営情報開示資料 (先行発表)”. 公益社団法人日本プロサッカーリーグ クラブ経営本部 クラブライセンス事務局. 20210530閲覧。
  56. ^ サカノワスタッフ (2021年5月29日). “【J2営業収益ランキング】1位大宮、2位千葉、3位新潟…。コロナ禍の2020年度、15クラブが前期マイナス” (日本語). サカノワ. 2021年5月29日閲覧。
  57. ^ 霜田正浩 監督 就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年6月7日閲覧。
  58. ^ a b まさかの大不振に陥った大宮が新体制でリスタート! 早速効果が見えた“霜田マジック”に「確実に変わっている」 | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2021年6月16日閲覧。
  59. ^ サカノワスタッフ (2021年6月7日). “【大宮】霜田正浩監督が就任「日々のトレーニングから魂を込めた準備をしていく」” (日本語). サカノワ. 2021年6月16日閲覧。
  60. ^ <国吉好弘の埼たまNOW>大宮新体制 引き分け発進に光明も:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年6月27日閲覧。
  61. ^ 三門雄大 選手 キャプテン就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年6月16日閲覧。
  62. ^ J2大宮公式戦16試合ぶり白星 霜田監督就任3戦目で初勝利「感動した」 - J2 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年6月28日閲覧。
  63. ^ サカノワスタッフ (2021年7月30日). “【J2収益ランク完全版】3位千葉、2位磐田、1位大宮。昇格組や町田など6クラブが前期比プラスに” (日本語). サカノワ. 2021年7月30日閲覧。
  64. ^ 2020年度(令和2年度)Jクラブ個別経営情報開示資料”. 2021年7月31日閲覧。
  65. ^ 2020年度(令和2年度)クラブ経営情報開示資料”. 2021年7月31日閲覧。
  66. ^ 河本裕之 選手 現役引退のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  67. ^ 大宮アルディージャを愛する全ての皆さまへ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  68. ^ 霜田正浩 監督 契約更新のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  69. ^ 秋元利幸 フットボール本部強化部長 就任のお知らせ | 大宮アルディージャ公式サイト” (日本語). www.ardija.co.jp. 2021年12月5日閲覧。
  70. ^ 「今年の悔しさを絶対に忘れず、新しい大宮アルディージャを」大宮が霜田正浩監督との契約更新を発表! | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2021年12月5日閲覧。
  71. ^ 大宮J2残留「苦しかった」キャプテン三門男泣き 20秒以上言葉詰まらせ - J2 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年12月5日閲覧。
  72. ^ 大宮河本裕之が引退セレモニー、カズがビデオで熱いメッセージ送る - J2 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年12月5日閲覧。
  73. ^ クラブハウス・練習場 大宮アルディージャ公式サイト
  74. ^ フットボールガイスト [信頼性要検証]

注釈編集

  1. ^ 法人設立当時は持ち株会社移行前で日本電信電話(NTT)本体が株主だったが、1999年7月の持ち株会社移行後はNTT東日本が親会社となった
  2. ^ J1リーグ1位記録。この間に天皇杯で柏レイソル、ナビスコ杯でジュビロ磐田とヴァンフォーレ甲府に負けている
  3. ^ 1999年7月1日付を持って持ち株会社移行。それに伴い7月以後の試合はNTTのロゴをNTT東日本に変更している。

関連項目編集

外部リンク編集