大宮アルディージャ

日本のサッカークラブ

大宮アルディージャ(おおみやアルディージャ、: Omiya Ardija)は、日本埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

大宮アルディージャ
原語表記 大宮アルディージャ
呼称 大宮アルディージャ
愛称 アルディージャ
クラブカラー     オレンジ[1]
    ネイビー[1]
創設年 1969年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン J3リーグ
クラブライセンス J1
ホームタウン 埼玉県さいたま市[1]
ホームスタジアム
NACK5スタジアム大宮[1]
収容人数 15,491[1]
運営法人 エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社[1]
代表者 日本の旗 佐野秀彦
監督 日本の旗 長澤徹
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社
NTT Sports Community Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-20-1[1][2]
設立 1998年12月4日[2]
業種 サービス業
法人番号 9030001001309 ウィキデータを編集
事業内容 サッカークラブ運営
代表者 鈴木茂[1][2]
資本金 1億円
2020年1月期)[3]
売上高 34億5400万円
2020年1月期)[3]
営業利益 ▲400万円
2020年1月期)[3]
経常利益 0万円
2020年1月期)[3]
純利益 2億0039万円
2023年1月期)[4]
純資産 2億1095万9000円
2023年1月期)[4]
総資産 17億3465万3000円
2023年1月期)[4]
決算期 1月
主要株主 東日本電信電話[2]
テンプレートを表示
サポーターによるコレオグラフィー

概要 編集

1969年に大宮アルディージャの前身である電電関東サッカー部が設立される。1985年に民営化により日本電信電話公社NTTとなったことに伴い、NTT関東サッカー部へと改名。1999年にJリーグに加盟。

運営会社は東日本電信電話NTTドコモNTTデータなど、NTTグループ18社が出資するエヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社(NTTスポーツコミュニティ)。クラブ名の「アルディージャ(Ardija)」はスペイン語でリスを表す「Ardilla」に由来し、それを読みやすいように変更した造語であり(Ll参照)、リスは旧・大宮市が1990年の市制施行50周年記念時に制定したマスコットである[5]

クラブカラーであるオレンジとネイビーは大宮氷川神社の色であり、ホームスタジアムは大宮氷川神社に隣接している。大宮氷川神社のお守り御朱印帳には大宮アルディージャ柄が存在する[6][7][8][9][10][11][12][13]

クラブマスコットはリスがモチーフの「アルディ」と「ミーヤ」で、1998年にアルディ、2008年にミーヤが登場した。2009年に公式マスコットとして認定され、2012年よりゆる玉応援団のメンバーとなっている[5]

アカデミーは大宮アルディージャユース、大宮アルディージャジュニアユース、大宮アルディージャジュニアを、女子チームとして大宮アルディージャVENTUSを保有している。

同じくさいたま市が本拠地の浦和レッズとのダービーマッチである「さいたまダービー」が存在する。

スタイル 編集

クラブの伝統は堅守であり[14]、「SPEEDY」「ACTIVE」「AGGRESSIVE」をキーワードに掲げている[5]。エンブレム内の5本ストライプはスピード、ロゴはリスの素早い動き、エンブレム内のリスの尻尾に見立てた盾形は堅守とバランスを表現している[5]

大宮は元々は堅守速攻のクラブではなく、ピム・ファーベーク三浦俊也が構築したトータルフットボールを主軸にしていたが、守備や堅守自体はその当時から重視していた。2005年からはJ1の強豪クラブと互角に戦うために堅守速攻を主軸にし、2013年度まで堅守速攻が大宮の伝統として確立していた(2008年度のみ攻撃的ポゼッションフットボール)。堅守速攻の中でも特に守備を徹底した監督はズデンコ・ベルデニックである[15][16]

歴史 編集

Jリーグ参入前 編集

1969年に大宮アルディージャの前身である電電関東サッカー部(本拠地は埼玉県浦和市)が設立される。1985年に民営化により日本電信電話公社NTTとなったことに伴い、「NTT関東サッカー部」へと改名。1987-1992年に日本サッカーリーグ2部、1993年からはジャパンフットボールリーグに在籍した。

1997年に佐々木則夫が監督に就任後、紆余曲折を経てチームのプロ化を決定し、1998年に誘致のあった埼玉県大宮市に本拠地を移し、チーム名を「大宮アルディージャ」に改名。同年7月に佐々木が監督を退任し(普及強化部長に異動)、ピム・ファーベークが監督に就任し、トータルフットボールと組織力を重視した。同年12月にNTT東日本を中心としたNTTグループと関連企業18社の出資による運営会社である「エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社」が設立された[注 1]。1999年のJリーグ2部制導入に合わせ、旧JFLからのJリーグ新参加8クラブの1クラブとしてJリーグに加盟。

1999年 - 2004年(J2) 編集

1999年
ピム・ファーベーク体制2年目。序盤は首位争いをしていたが、5月に得点源・牽引役であったヨルン・ブーレが深夜に暴漢に襲われ、左眼失明の重傷を負って引退。その後に大宮は失速し、最終順位6位。
2000年
三浦俊也が監督に就任。浦和がJ2に降格し、リーグ戦初のさいたまダービーが開催された。
2001年
三浦体制2年目。第11節から12連勝、第8節から17戦無敗を記録し、前半戦は勝点50の首位だったが、後半はジョルジーニョバルデスが重傷を負い、得点力が低下。新加入のバレーが活躍したが、チームは不調に陥り、最終順位5位。
2002年
ヘンク・デュットが監督に就任。年間を通じて4-8位の間を行き来する順位となり、1度も昇格圏内に入れずに最終順位6位。
2003年
菅野将晃が監督に就任。序盤は6戦無敗で一時2位に上がると、その後は昇格圏に入れず、10月に菅野が退任し、ゼネラルマネージャーの清雲栄純が監督に就任。最終順位6位。
2004年
三浦俊也が2001年度以来となる監督に就任。前半は一時8位であったが、第19節から6戦無敗で2位に上がると、第32節からは年度終了まで13連勝し、最終順位2位で初J1昇格を果たした。

2005年 - 2014年(J1) 編集

2005年
  • クラブスローガンは「「Departure」→走り出す大宮→」。
三浦体制2年目。元ブラジル代表のクリスティアンや日本代表の藤本主税などを補強したが、シーズン中のクリスティアンの移籍や故障者続出によりチームは不調に陥り、第28節時点で16位に下がったが、レアンドロ若林学の活躍により第29節より4連勝し、最終順位13位。ナビスコ杯ベスト8、天皇杯ベスト4。
2006年
  • クラブスローガンは「OMIYA EXPRESS 加速するオレンジ魂」。
三浦体制3年目。各ポジションに選手を補強したが、外国人選手が機能せずに最終順位12位。
2007年
  • クラブスローガンは「シンカ ~進化、真価、深化」。
ロバート・ファーベークピムの弟)が監督に就任。前半で16位となり、ロバートが退任し、強化育成部長の佐久間悟が監督に就任したが、チームは不調が続き、最終順位15位。
2008年
  • クラブスローガンは「シンカ NEXT~進化、真価、深化」。
三浦の監督退任時から監督就任を依頼していた樋口靖洋が監督に就任。攻撃的サッカーを志向し、第5節から5戦無敗であったが、その後に5試合未勝利となり低迷。その後に連勝したが、第24節からは6連敗を喫し、降格圏の17位に下がる。しかし終盤に再度5戦無敗となり、最終順位12位。
2009年
  • クラブスローガンは「橙想心 AGGRESSIVE SHIFT 2009」。
張外龍が監督に就任。開幕から5戦無敗であったが、怪我人が続出し、第6節からの8試合で4連敗と低迷し、苦境が続いた。最終順位13位。
2010年
  • クラブスローガンは「橙想心 より強く、より高く、より深く」。
張体制2年目。塚本泰史の右大腿骨骨肉腫が判明。7試合未勝で17位に下がり、張が退任。鈴木淳が監督に就任すると、チーム状態は上昇し、第15節から5戦無敗となった。10月2日の浦和戦にて観客数の水増しが発覚。クラブ側は当初全面否定したが、翌日にリーグ事務局による本格調査が入ると一転して事実を認め、その後の調査で2007年11月以降の主催58試合で各試合4000人以上、合計111737人の水増しが行われていたことが明らかになった[17]。10月に渡邉誠吾の代表取締役退任と鈴木茂の代表取締役就任を発表[18][19]。11月16日に譴責(始末書提出)と制裁金2000万円の処分が課せられた[20]。最終順位12位。
2011年
  • クラブスローガンは「上昇宣言 ~リスの木登り~」。
鈴木体制2年目。東日本大震災の影響でレギュレーションに変化があった。後半では第18節から5試合未勝利、第19節から5試合未勝利と15位まで下がった。最終順位13位。
2012年
  • クラブスローガンは「上昇宣言2012 ~リスの木登り~」。
鈴木体制3年目。現役復帰を断念した塚本泰史が大宮アンバサダーに就任し、7年間在籍したエースの藤本主税が熊本に移籍。 第12節からの連敗で15位に下がると、鈴木とヘッドコーチの石井知幸を解任。ズデンコ・ベルデニックが監督に就任し、ユースコーチの井上卓也がヘッドコーチに就任。ベルデニックは監督就任早々に守備の立て直しに着手した[15][21][16]v。大宮監督就任以前のベルデニックは3バックを使用していたが、大宮ではフォーメーションを4-4-2に固定した[15][16]。最前線からの守備を徹底し、選手全員が最前線からハードワークを行い、中盤を詰めてチームをコンパクトに保ち、ハイプレスでボールを奪ってシンプルにFWに繋ぐ堅守速攻スタイルの訓練を積み重ねた[15][21][16]。選手の役割は柔軟にさせるのではなく、予め固定し、戦い方はシンプル・簡潔で「ボールを奪ったらFWを見ろ」と選手に徹底した[15][21]アトレティコ・マドリードディエゴ・シメオネが使用する4-2-2-2の強固ブロックも採用した(ただしベルデニックはハイライン、シメオネはローラインである)[15]。夏の移籍期間に絶対的エースであったラファエルを移籍させるなどの大鉈を振るった。補強面ではスロベニア代表のズラタンノヴァコヴィッチを獲得[15]金澤慎によると、ベルデニックは短期間でチームに自分のサッカースタイルを浸透させたというが[21]、どちらも効果が早く表れず、降格圏の17位に下がった[15]。しかしその後に効果が表れ始め、リーグ戦11試合が5勝6分の無敗・複数失点0となり[15]、最終順位13位。
2013年
  • クラブスローガンは「大宮共闘」。
ベルデニック体制2年目。堅守速攻スタイルが昨シーズンよりも浸透した[21]チョ・ヨンチョル、ズラタン、ノヴァコヴィッチなどの各国代表クラスの選手が在籍していたが、日本代表未経験選手らを中心としたハードワークで勝利を積み重ね[15]、前年度終盤から続いた合計21戦無敗を記録し、当時のJ1リーグ連続無敗記録を更新した(それ以前の最高記録は2009年の鹿島による17試合連続無敗[15])。その後、真夏が近づくに連れ、ハードワークを要求される大宮の選手達の疲労が蓄積し、選手間でもハードな練習メニューに対する不満の声が出るようになった[22]。第17節 川崎戦にて逆転負けの3敗目後に首位から転落すると、ヘッドコーチの小倉勉がテクニカルディレクターに就任したが[22]、チームは連敗を続け、8月11日にベルデニックを解任[22]。ゼネラルマネージャーの岡本武行が監督代行で1試合指揮を取った後、小倉が監督に就任。しかしその後に8連敗するなど失速し、最終順位14位。シーズン終了後に岡本と強化部長の古矢武士が退任。
2014年
  • クラブスローガンは「大宮共闘」。
大熊清が監督に就任。海外クラブに在籍していた日本代表の家長昭博を完全移籍で獲得するなど戦力補強を進めた。大宮は長年堅守速攻を採用していたが、大熊はポゼッションフットボールを採用し、これを起点に大宮は毎年スタイルが変わり続けるようになっていった。前半では8位となったが、その後に7戦未勝となり、降格圏に下がる。その後に10戦未勝となり、8月31日に大熊を解任。コーチの渋谷洋樹が監督に就任し、6戦で5勝1敗となったが、第29節からの5戦未勝で低迷。残留を争っていた清水が引き分けたためにJ2降格となった。

2015年(J2) 編集

  • クラブスローガンは「挑む 頂点へ、未来へ」。

渋谷体制2年目。渋谷は自らがコーチとして師事した初代監督のピム・ファーベークのスタイルであるポゼッションフットボールを志向し、攻撃的スタイルを採用した[23]。前年度では不調であった家長昭博を司令塔MFからFWへ変更させ、最前線に配置し、得点力を大幅に向上させるなど、家長の潜在能力を開花させた[24]。また家長はこの年を機にFWとしてプレーすることが主となっていった。序盤はスタートダッシュに失敗したが、その後はチームが安定し、第15節に首位になると首位を一度も譲ることなく勝利を積み重ね、圧倒的な勢いで快進撃を続けた。第41節大分戦にて家長の逆転PKで勝利し、J2優勝とJ1復帰を果たした[25]

2016年 - 2017年(J1) 編集

2016年
  • クラブスローガンは「挑む より高みへ、未来へ」。
渋谷体制3年目。「勝ち点48」「年間順位7位から12位」を目標に掲示し、後の日本代表である江坂任などを補強。前年度の攻撃的ポゼッションフットボールを止め、自陣へと退いて堅守し、ボールを奪ってロングカウンターで得点するロングカウンター型堅守速攻で手堅く勝利を積み重ねていった[16]。またその戦術がアトレティコ・マドリードディエゴ・シメオネの戦術と類似していたため、大宮とアトレティコは報道機関から比較されることがあった[16]。6月に鈴木茂が代表取締役を退任[26]、7月1日に森正志が代表取締役に就任[27]。2nd第10節川崎戦の試合終了後に選手間での乱闘、サポーター間での衝突が発生[28][29]。2nd第14節鹿島戦にて勝利し(カシマサッカースタジアムでのクラブ史上初勝利)、目標の「勝ち点48」以上の勝ち点50を達成。最終順位5位でクラブ史上最高順位を記録。Jリーグカップでは予選トーナメント2位により2005年以来の決勝トーナメント進出となり、準々決勝の横浜FM戦ではホーム第1戦は勝利、アウェー第2戦は敗北し、アウェーゴール差で準々決勝敗退となった。天皇杯では2005年以来2度目のベスト4まで勝ち上がったが、川崎に敗北。
2017年
  • クラブスローガンは「挑む ~より強く、未来へ。~」。
渋谷体制4年目。前年度までのエースの家長昭博川崎泉澤仁G大阪に移籍したが、家長の穴を埋める新エースの大前元紀と期限付き移籍で在籍していたマテウスを完全移籍加入で獲得。
この年は前年度の堅守速攻から2015年度のポゼッションフットボールにスタイルを戻したが、開幕より6連敗で最下位となり、G大阪戦では6失点の大敗を喫した。さいたまダービーの浦和戦にて年度初勝利となったが、チームは不調を脱することはできず、5月28日に渋谷とヘッドコーチの黒崎久志を解任、コーチの伊藤彰が監督、海本慶治がヘッドコーチに就任。伊藤はフォーメーションを4-1-4-1に変え、ポゼッションフットボールを継続し、1トップの江坂任が得点源となり[30]、一時は降格圏を脱出するが、中断期間に補強したカウエマルセロ・トスカーノキム・ドンスが機能せず、チームは再度降格圏に入った。残試合3節となった11月5日に伊藤と強化本部長の松本大樹の解任、石井正忠の監督、スカウトの西脇徹也の強化本部長就任を発表[31]。石井は監督就任会見時に涙を浮かべ、残留のためにポゼッションフットボールから堅守速攻へとスタイル変更するなど大舵を切ったが[31]、第32節仙台戦と第33節甲府戦での敗北によりJ2降格が決定[32]。最終節川崎戦では0-5で大敗を喫し、奇しくも前年度までの大宮のエースであった家長が川崎の選手として出場しており、川崎はこの試合でJ1優勝が決定し、大宮は最下位でのJ2降格となった。

2018年 - 2023年(J2) 編集

2018年
  • クラブスローガンは「ONE 勝利のために」。
石井体制2年目。スローガンは石井を中心に考案された[33]江坂任黒川淳史瀬川祐輔和田拓也などの主力選手が移籍したが、奥抜侃志笠原昂史酒井宣福佐相壱明嶋田慎太郎ロビン・シモヴィッチ富山貴光中村太亮三門雄大が加入し、シーズン途中では畑尾大翔が加入するなど、後に大宮の主力になっていった有力選手が多く加入した。
石井はエースの大前元紀を軸とした4-4-2のフォーメーションを採用した[34]。前年度終盤の守備的な堅守速攻フットボールとは異なり「まずは自ら前に出てアクションを起こす」というようなアグレッシブさを徹底し、ハードワーク、ハイプレス、中央突破のショートカウンター、DFの裏を狙う事を重視し、ポゼッションフットボールカウンターアタックを取り入れたシンプルでアクティブな躍動感のある積極的フットボールを志向した[35][36][37]。前半は守備面では浸透に時間がかかり[38]、19位に下がったが、攻撃面では大前を軸とし、シモヴィッチや富山なども含めた2トップが徐々に功を奏し、第10節から第12節まで3連勝したことでシーズン初連勝を記録。守備面でも三門と大山啓輔のダブルボランチが活躍し始め[39]、CBの畑尾大翔を期限付き移籍で獲得するなど守備陣を補強した。第16節から第23節まで8戦無敗を記録するなど好調を取り戻し、順位を徐々に上げていき、J1昇格プレーオフ圏内に入った。最終節岡山戦にて数的不利の状況で勝利し、J1参入プレーオフ進出を果たしたが、1回戦で東京Vに敗れた。大前が24得点でリーグ得点王に輝き、チーム総得点も65と大分・千葉に続くリーグ3位となる一方、失点48(優勝の松本を14点下回る)と守備面の問題が浮き彫りになったシーズンであった。
2019年
  • クラブスローガンは「121%ORANGE」。
高木琢也が監督に就任。大規模改革や人事異動などは行われずにコーチ陣は続投し、移籍も少数に留まった。
高木は前年度の石井正忠による前線を重視するアグレッシブな積極的スタイルとは打って変わり、冷静な守備的フットボールを採用した[40]。大宮が長年採用した4バックではなく3バックを採用し、3-4-2-1をフォーメーションとした[41]。3バックへの変更によりサイド攻撃が減少し、カウンターによる中央突破が多くなり、前年度よりもポゼッション比率が減少[42]。序盤4試合はスタートダッシュに失敗したが、第5節水戸戦から第20節金沢戦までの3ヶ月間で16戦無敗を記録。最終順位3位で2年連続のJ1参入プレーオフ出場となったが、一回戦の山形戦にて敗北。
2020年
  • クラブスローガンは「WIN☆WIN」。
高木体制2年目。原崎政人藤原寿徳がコーチを退任、北嶋秀朗松本拓也がコーチに就任。開幕前からシーズン終了までの入団選手は19名に上り、開幕前退団選手においては主将・エース・背番号10番を兼任していた大前元紀を始め、得点源のフアンマ・デルガド、ベテラン選手、成績不振の選手を放出し、合計17名の大量放出となった。補強面では期限付き移籍していた新エースの黒川淳史が復帰。基本フォーメーションは3-4-2-1を継続し、ポゼッションフットボールを採用した[43]。主力放出やポゼッションフットボールへのスタイル変更などが大きく影響し、この年からチームは最終順位を毎年大きく下げるなど、急激に弱体化をし始めることとなった。開幕から4連勝とスタートダッシュに成功したが、その後に徐々に低迷し、第9節福岡戦から7戦未勝となった。シーズン途中でイバを補強したが、その後も低迷を続けた。後半も第24節東京V戦から7戦未勝となり、第28節終了時点で17位まで転落。怪我人も続出し、他チームへの期限付き移籍中選手を呼び戻すなどの緊急補強が行われたが、最終順位15位でクラブ史上最低順位を記録。
2021年
  • クラブスローガンは「SHOW 勝つ、笑う、昇格する」。
森正志が代表取締役を退任、2月1日付で佐野秀彦が代表取締役に就任。大分でヘッドコーチを務めていた岩瀬健が監督に就任[44]馬渡和彰櫛引一紀松本大弥矢島輝一松田詠太郎中野誠也といった実力者や、後藤大輝佐相壱明上田智輝といった若手が加入(期限付きを含む)、大宮U-18から柴山昌也大澤朋也が昇格[45]。岩瀬はチームの将来を見据えて様々なスタイルを試したものの、岩瀬の志向する能動的なサッカーが機能せず、第7節で最下位に転落、クラブ側が緊急声明を発表した[46]。以後も状況は好転せず、第15節北九州戦終了時点で2勝5分8敗(20位)かつ10試合未勝利となり、5月25日に岩瀬とフットボール本部長の西脇徹也を解任[47][48]。大宮トータルアドバイザー・VENTUS総監督の佐々木則夫が暫定的に監督に就任、秋元利幸が強化部長代理に就任し、代表取締役の佐野自らが本部長と強化部長を兼任する事態となった[49]。長期的視点に立っていた岩瀬に対し、佐々木は「現実的なサッカー」を掲げた[50][51]もののリーグ戦で2敗。6月9日の天皇杯2回戦千葉戦にて佐々木は三門雄大をベンチキャプテンに指名したが[52]、敗戦となり、佐々木体制は全敗で終了した。
天皇杯直前の6月7日に山口などで指揮経験のある霜田正浩の監督就任を発表[53]。霜田は選手のメンタル面の改善と、前を向いて戦う姿勢をチームに求め[52][54]、主将も渡部大輔から三門へ変更。栃木松本相手の2分を挟み、第20節・山口戦にて16戦ぶり(リーグ戦15戦ぶり)に勝利[55]
後半戦では中断期間に補強した南雄太河田篤秀が活躍したが、リーグ終盤になると勝ち点3を目指す攻撃的なポゼッションスタイルが相手カウンターの餌食になり再び失点が増加[56]。最終6試合は勝ち点を手堅く稼ぐ現実的なスタイルに切り替えてJ2残留を目指し、第42節・群馬戦にて7試合ぶりに勝利したことでJ2残留が確定[56]。最終順位16位でクラブ最低順位である昨シーズンの15位を下回った。
2022年
  • クラブスローガンは「ひたむき」。
霜田体制2年目。河本裕之の現役引退を始め、大宮一筋の渡部大輔、エースの黒川淳史イバ翁長聖笠原昂史河面旺成櫛引一紀フィリップ・クリャイッチネルミン・ハスキッチ松田詠太郎馬渡和彰、長きに亘ってチームを支えたコーチの大塚真司及びGKコーチの渡邉英豊など、多くの主力選手や長期在籍スタッフが退団。一方で2016年まで大宮に所属していた泉澤仁や元日本代表の矢島慎也が完全移籍で加入。秋元利幸が正式に強化部長に就任し、2019年に大宮にて引退した金澤慎がコーチに就任。大宮は毎年豊富な資金力で外国籍選手を揃えていたが、この年は方針を転換しクラブ史上初となる外国籍選手の開幕時無在籍となった[57]
シーズン前に「攻守共にひたむきにハードワークして走り勝つフットボール」のスタイルを掲げ[58]、前年シーズン終盤以前のスタイルを継続したものの、失点の多さは改善できず、怪我人が続出するなど悪い流れの歯止めがきかなくなり成績は低迷[59]。第15節岩手戦での敗戦が引き金となり[59]、4勝5分9敗の20位となった第18節終了後の5月26日に霜田を解任[60]。後任に前鹿島監督の相馬直樹を招聘する[61]。相馬は高い運動量や強度、素早く攻守を切り替えて戦う姿勢を重視した[62]が、シーズン中のスタイルの大転換はシーズン途中から主将を務めたFW富山貴光がシーズン終了後に「チームとしてすごく迷いが生じました」と語る[63]ように、チーム状況が大きく改善することはなかった。8月にはエース奥抜侃志の海外移籍など苦境は続いたが、冨山と矢島の「前線からプレスをかける守備をやりたい」との提案でようやく方向性が定まり、最終的に残留を果たした[64]。最終順位19位でクラブ最低順位である2021・2022年の順位を下回った[63]
2023年
  • クラブスローガンは「UNITE ONE ~限界の先へ~」。
相馬体制2年目。クラブ創立25周年。2020年15位、2021年16位、2022年19位と、2020年から急激に弱体化していったチームは2018年度から毎年目標に定めていたJ1昇格は強調しなかった[65]。クラブスローガンには「クラブが勝利するにはまず全員が団結することが必要であり、最後の一分一秒まで戦い続け、全力を出していく」という趣旨が込められている[66]
スタッフ面では2019年度までヘッドコーチを担当していた原崎政人がヘッドコーチに再任。前年度まで問題のあった守備面補強に注力し、山岸範之がGKコーチに就任。選手面ではアンジェロッティが柏から期限付き移籍で加入、2年ぶりに外国籍選手が所属することとなった。
相馬はチーム始動開始に際し「我々はチャレンジャー。失敗しながら成長していきたい。ハードワークは必要になってくる。運動量で上回れるようになりたい」と力を込め、気合を語った[65]。キャンプでは初日に「チャレンジャーとして今シーズンを戦っていくチームの土台をしっかりと作り上げる」と、念入りな準備に注力した趣旨の内容を宣言し[67]、例年よりも強度の高いハードなトレーニングに取り組んだという[67][68][69]。開幕後はチームは攻撃的なサッカーを志向し、得点力はあったが守備が崩壊する事が多く、失点が上回る状況となっていた。第9節群馬戦で敗れて以降は8試合連続未勝利となり、第16節いわき戦に敗戦した事で最下位に転落、いわき戦の2日後となる5月19日に相馬の監督解任と原崎の監督就任が発表された。監督の年度途中解任は3年連続となった。しかしその後も状況は好転せず16試合連続未勝利となったが、7月には2017年まで大宮の監督であった渋谷洋樹がヘッドコーチに就任し、2021年まで大宮所属であった黒川淳史ポーランド代表シュヴィルツォクらを補強し巻き返しを図った。
第24節千葉戦でリーグ戦久々の勝利を挙げる。8月27日に強化部長を務める秋元利幸との契約解除が発表された。千葉戦での勝利以降は、連敗こそあるものの第26節栃木戦からの5戦負けなしや第36節徳島戦からの4連勝など調子が上向いたに見えたが、第40節甲府戦と第41節清水戦で連敗したことでJ3降格圏となる21位が確定した。最終戦終了時点ではJ3リーグでJ2ライセンスを交付されなかったFC大阪がJ3の2位以内に入ることでのみ残留する事になったものの[70][71]、11月25日、J3リーグ第37節でFC大阪が敗れ2位以内に入る可能性が消滅、同時にクラブ史上初のJ3降格が決まった。J1在籍歴のあるクラブがJ3降格するのは、2015年の大分、2021年の松本に次ぐ3例目となった。

成績 編集

記録
(入場者数の上段は水増し発覚後である2010年J1第25節以降の数値で、下段は水増し発覚前である2010年J1第24節以前の数値。)
項目 数字 時期 詳細
J1リーグ戦
クラブ最高・最低最終順位
最高:5位
最低:18位
最高:2016年
最低:2017年
J2リーグ戦
クラブ最高・最低最終順位
最高:1位
最低:21位
最高:2015年
最低:2023年
J3リーグ戦
クラブ最高・最低最終順位
最高:位
最低:位
最高:2024年
最低:2024年
最多連勝 13連勝 2004年 J2 第32-44節
最長無敗期間 21試合 2012年 J1 第24節-2013年 J1 第10節(引分8試合)[注 2]
最多連敗 8連敗 2013年 J1 第16-23節、第25-32節
最長未勝利期間 15試合 2023年 J2 第9-23節(引分2試合)
最多得点試合 6得点 2019年 J2 第22節 鹿児島ユナイテッドFC、6-0、NACK5スタジアム大宮
最多失点試合 6失点 2000年 J2 第14節 浦和レッズ、0-6、大宮公園サッカー場
2003年 J2 第21節 コンサドーレ札幌、2-6、札幌ドーム
2017年 J1 第8節 ガンバ大阪、0-6、市立吹田サッカースタジアム
最多入場者数 29,575人 2010年 J1 第25節 浦和レッズ、埼玉スタジアム2002
42,346人 2009年 J1 第29節 川崎フロンターレ、埼玉スタジアム2002
最少入場者数 5,627人 2011年 J1 第18節 ヴィッセル神戸、NACK5スタジアム大宮
844人 2000年 J2 第35節 モンテディオ山形、大宮公園サッカー場

タイトル 編集

クラブ 編集

個人 編集

施設 編集

 
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 
秋葉の森総合公園サッカー場

ホームスタジアムは、さいたま市大宮区高鼻町大宮公園内にあるNACK5スタジアム大宮(さいたま市大宮公園サッカー場)[1][72]で、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場でもホームゲームが開催される[72]。練習場はさいたま市西大宮サッカー場(さいたま市西区西大宮の高木第二最終処分場跡地をさいたま市が整備して開設[73])を「アルディージャ練習場」として使用しており、敷地内にクラブハウスである「オレンジキューブ」を設けている[1][74]。2004年3月からは秋葉の森総合公園サッカー場(さいたま市西区中釘)も使用しており、2012年以前にはNTT東日本志木総合グラウンド(志木市上宗岡)も使用していたことがあった[74]

大宮アルディージャが運営するクラブ公式フットサルコートである「オレンジコート ステラタウン」をさいたま市北区宮原町ステラタウン内に保有しており、ロングパイル人工芝のコートが2面ある(アルディコート、ミーヤコート)。

年度・スタジアム別ホーム試合
年度 リーグ Jリーグ杯 備考
大宮/
NACK
駒場/
浦和駒場
埼スタ 熊谷陸 その他
2001 21 0 0 - 鴻巣 1 大宮 1
2002 20 1 1 なし 不参加
2003 0 2
2004 19 1 J1昇格
2005 5 2 8 3 大宮 1
埼スタ 2
駒場 1
熊谷陸 1
大宮は当時J1規格外であったため試合数を制限し、
埼スタを事実上準本拠地とした。
2006 - 10 5 2 駒場 3 大宮改修のため駒場が暫定本拠地。
2007 2 13 2 1 10月まで駒場を暫定本拠とし、11月よりNACKに本拠復帰した。
2008 16 0 0 NACK 2
熊谷陸 1
2009 13 3 NACK 3
2010 15 - 1
2011 16 0 NACK 1
2012 0 NACK 3
2013
2014 J2降格
2015 20 不参加 J1昇格
2016 16 NACK 4 当初Jリーグ杯グループリーグはNACKで5試合を行う予定だったが、
FC東京のACL本戦出場のために1試合減少した。
2017 NACK 3 J2降格
2018 20 不参加
2019
2020 21 0
2021
2022
2023 J3降格

ユニフォーム 編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ ネイビー ネイビー
FP(2nd) ホワイト ホワイト ホワイト
GK(1st) サックスブルー サックスブルー サックスブルー
GK(2nd) イエロー イエロー イエロー
GK(3rd) ネイビー ネイビー ネイビー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd
 
 
 
 
 
 
GK 3rd

ユニフォームスポンサー 編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
NTTドコモ NTT
docomo
2007年 - 2000年 - 2006年は背中上部
2006年9月 - 2007年はパンツ前面
表記変遷は後述を参照
鎖骨 武蔵野銀行 武蔵野銀行 2018年 - 両側に掲出
2012年 - 2016年はパンツ前面
2016年7月 - 2017年は背中下部
2018年は鎖骨左側
背中上部 東日本電信電話 NTT東日本 2007年 - 1999年7月 - 2006年は胸
2004年 - 2006年は「FLET'S」表記
2007年 - 2014年は「FLET'S 光」表記
背中下部 しまむら しまむら 2018年 - 2017年はパンツ前面
富士薬品 富士薬品 2005年 -
パンツ前面 武蔵コーポレーション 武蔵コーポレーション 2020年 -
パンツ背面 インバースネット FRONTIER 2022年 -

ユニフォームサプライヤーの遍歴 編集

歴代ユニフォーム 編集

FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1999 - 2000
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2002 - 2003
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2004 - 2005
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2006
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2007
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2008
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2009
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014
 
 
 
 
 
 
 
2015
 
 
 
 
 
 
 
 
2016
 
 
 
 
 
 
 
2017
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2020
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2022
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2023 -
FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1999 - 2000
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2002 - 2003
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2004 - 2005
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2006
 
 
 
 
 
 
 
 
2007
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2008
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2009
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2017
 
 
 
 
 
 
 
 
2018
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2020
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2022
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2023 -
FP Other
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018 3rd
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018
創立20周年記念
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2023
創立25周年記念

歴代ユニフォームスポンサー表記 編集

年度 箇所 サプライヤー
鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面
1998 NTT 解禁前 - 解禁前 - - 解禁前 Mizuno
1999 NTT /
NTT東日本[注 3]
2000 NTT東日本 NTTDoCoMo Enjoy
Coca-Cola
2001 Club iT
2002 - NTTオートリース
2003
2004 FLET'S -
2005 FOMA
NTTDoCoMo
富士薬品 アイダ
設計
2006


- /
NTT
DoCoMo
2007 DCMX
NTTDoCoMo
FLET'S 光 NTT
DoCoMo
lotto
2008 DCMX
NTTDoCoMo
/
NTT
docomo
NTTCommunications
2009 NTT
docomo
ひかりTV UNDER ARMOUR
2010
2011 -
2012 With Gratitude NTT
20th docomo
武蔵野銀行
2013 NTT
docomo
2014
2015 NTT東日本
2016 ドコモ 光 - /
武蔵野銀行
2017 d
d POINT
武蔵野銀行 しまむら
2018 NTT
docomo

(FP 1st)
d d POINT
(FP 2nd / 3rd・GK)
武蔵野銀行 - しまむら -
2019 NTT
docomo

(1st・GK 2nd( - 途中))
d d POINT
(FP 2nd・GK 2nd(途中 - )/ 3rd)
武蔵野銀行
2020 NTT
docomo »5G
武蔵コーポレーション -
2021
2022 NTT
docomo
FRONTIER
2023
  • 2018年は鎖骨右側にクラブ創設20周年の記念ロゴが表記されていた。

決算 編集

損益[75]
年度 営業収益 営業費用 営業利益 経常利益 未処分
利益
税引前
利益
法人税
住民税等
純利益
総営業
収益
広告料 入場料 配分金 育成
関連
物販 その他 総営業
費用
事業費 人件費 試合
関連経費
トップ
運営経費
育成
運営経費
女子
運営経費
物販
関連費
販売費 一般
管理費
総営業
利益
営業外
収益
営業外
費用
総経常
利益
特別
利益
特別
損失
2005 2,242 1,359 311 256 316 2,232 1,648 584 10 9 -188 2
2006 2,376 1,470 254 231 421 2,518 2,041 1,246 477 -142 141 -146
2007 2,842 1,960 305 248 329 2,840 2,403 1,384 437 2 0 8
2008 3,059 2,165 324 228 342 3,046 2,591 1,565 455 13 1 -2
2009 3,553 2,396 379 220 558 3,546 3,090 1,954 456 7 6 0
2010 3,308 2,286 375 427 3,290 2,802 1,850 488 18 0 -1
2011 2,775 1,924 325 218 150 158 2,770 1,314 313 354 61 0 728 5 2 6 1 0 1
2012 3,344 2,172 329 208 143 492 3,348 1,787 288 387 59 827 -4 12 7 1 0
2013 3,228 2,296 341 214 142 235 3,226 1,606 226 472 68 854 2 9 10
2014 3,422 2,405 347 205 164 301 3,423 1,720 207 561 67 868 -1 20 8 11 11
2015 3,005 2,183 315 100 157 250 3,003 1,360 204 496 63 880 2 12 14 0 0 -1
2016 3,203 2,077 398 216 174 165 173 3,194 1,411 229 487 73 142 852 9 3 12 0
2017 3,685 2,296 397 445 189 138 220 3,675 1,792 252 548 80 99 904 10 2 8 4 4
2018 3,972 2,611 339 282 189 156 395 3,965 1,915 271 682 78 107 912 7 1 8 0 0
2019 3,454 2,464 332 151 215 129 163 3,458 1,547 272 625 78 96 840 -4 15 11
2020 3,034 2,452 96 152 162 85 87 3,046 1,300 254 315 87 98 992 -12 20 8 0 0
2021 3,115 2,281 200 161 225 125 123 3,082 1,354 181 309 100 50 136 952 33 19 52
資産[75]
年度 資産 負債 資本
総資産 流動資産 固定資産 総負債 流動負債 固定負債 純資産 資本金 資本剰余金 利益剰余金
2005 753 602 151 100
2006 612 608 4 335
2007 1,044 1,031 12 327
2008 1,015 1,004 11 328
2009 661 650 329
2010 441 430 10
2011 976 409 567 966 920 46 240 -330
2012 1,505 414 1,091 1,494 853 641 11 -329
2013 1,236 324 912 1,225 587 638
2014 1,155 383 772 1,145 494 651
2015 1,184 431 753 1,174 523 10
2016 1,310 412 898 1,299 645 654 11
2017 1,670 642 1,028 1,659 981 678
2018 2,722 1,862 860 2,711 2,031 680
2019 1,512 701 811 1,501 827 674
2020 1,351 590 761 1,340 667 673
2021 1,144 547 596 1,133 460

その他 編集

NACK5スタジアムのある大宮公園のうち、第二・三公園の箇所を、2020年から埼玉県が募集した指定管理者に「大宮第二公園及び第三公園マネジメントネットワーク」が認定され、大宮アルディージャの運営会社・NTTスポーツコミュニティ(株)もその構成団体の一部として参画している[76]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 法人設立当時は持株会社移行前で日本電信電話(NTT)本体が株主だったが、1999年7月の持株会社移行後はNTT東日本が親会社となった
  2. ^ J1 1位記録。なお、この間に天皇杯で柏レイソル、ナビスコ杯でジュビロ磐田とヴァンフォーレ甲府に敗れている
  3. ^ 1999年7月1日を持って持株会社移行。それに伴い7月以降の試合はNTTのロゴをNTT東日本に変更している。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j クラブガイド:大宮アルディージャ”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 会社概要”. 大宮アルディージャ. 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c d 2019年度(平成31年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2020年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社 第25期決算公告
  5. ^ a b c d クラブ”. 大宮アルディージャ. 2023年12月29日閲覧。
  6. ^ 大宮アルディージャ大願成就お守りの販売について』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2012年12月30日https://www.ardija.co.jp/news/?id=32202022年1月16日閲覧 
  7. ^ 新商品販売のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2021年12月2日https://www.ardija.co.jp/news/?id=180302022年1月16日閲覧 
  8. ^ 大宮アルディージャ”. 明治安田生命 (2020年10月28日). 2021年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月16日閲覧。
  9. ^ 勝負ごとは勝つ!大宮アルディージャ 武蔵一宮氷川神社にて必勝祈願”. Acoreおおみや (2016年2月17日). 2022年1月16日閲覧。
  10. ^ 武蔵一宮氷川神社にて必勝祈願 大宮アルディージャが2017シーズンに向けて始動”. Acoreおおみや (2017年1月26日). 2022年1月16日閲覧。
  11. ^ すべては勝利のために 大宮アルディージャ 武蔵一宮氷川神社にて必勝祈願”. Acoreおおみや (2018年2月18日). 2022年1月16日閲覧。
  12. ^ 大宮アルディージャ 新たなスタート。2020年、武蔵一宮氷川神社へ必勝祈願”. Acoreおおみや (2020年2月10日). 2022年1月16日閲覧。
  13. ^ 必勝を祈る 大宮アルディージャと武蔵一宮 氷川神社がコラボした御朱印帳”. Acoreおおみや (2021年12月5日). 2022年1月16日閲覧。
  14. ^ J1&J2クラブの戦力を徹底分析”. 日本プロサッカーリーグ. 2023年12月29日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k 大住良之 (2013年5月3日). “大宮、堅守で初の首位 「もしかしたら…」に現実味”. 日本経済新聞. 2021年5月26日閲覧。
  16. ^ a b c d e f 松本宣昭 (2016年10月3日). “「大宮=アトレティコ」という仮説。最後の一押しは、監督の黒シャツ!?”. Number Web. 2021年5月26日閲覧。
  17. ^ ホームゲーム開催時の入場者数に関する調査結果等のご報告』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2010年10月19日。 オリジナルの2014年7月11日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20140711213522/https://www.ardija.co.jp/news/archive/detail/d/index.php?id=../information/clubplayer/201010/cinfo20101019-02.html2023年12月29日閲覧 
  18. ^ “観客水増し問題の大宮、新社長を発表”. ゲキサカ. (2023年1月11日). https://web.gekisaka.jp/news/jleague/detail/?75581-65809-fl 2023年1月11日閲覧。 
  19. ^ “J1大宮・新社長に森氏、取締役会で正式決定へ 鈴木氏は6月末退任”. 埼玉新聞. (2016年8月14日). オリジナルの2016年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160814232627/https://www.saitama-np.co.jp/news/2016/06/09/02.html 2023年1月11日閲覧。 
  20. ^ Jリーグからの制裁について』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2010年11月16日。 オリジナルの2014年7月11日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20140711161227/http://www.ardija.co.jp/news/archive/detail/d/index.php?id=../information/clubplayer/201011/cinfo20101116-01.html2023年12月29日閲覧 
  21. ^ a b c d e 【番記者コラム】大宮の歴史に強烈なインパクトを刻んだ「不敗街道」”. サッカーダイジェストWeb (2020年4月30日). 2021年12月5日閲覧。
  22. ^ a b c 上野直彦 (2013年8月13日). “「電撃」解任ではなかった監督交代劇…試される大宮の団結力”. サッカーキング. https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20130813/128685.html 2022年1月23日閲覧。 
  23. ^ 宇都宮徹壱 (2015年8月26日). “首位独走を支える2人の偉大なGK J2・J3漫遊記 大宮アルディージャ”. スポーツナビ. 2022年1月23日閲覧。
  24. ^ 大宮アルディージャ 2015 フォーメーション”. Football LAB. 2022年1月23日閲覧。
  25. ^ “大宮がJ1昇格&J2優勝…磐田と福岡が自動昇格を争う/J2第41節”. サッカーキング. (2015年11月14日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151114/369955.html 2022年1月23日閲覧。 
  26. ^ 代表取締役社長 鈴木茂より退任のご挨拶』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2023年1月11日https://www.ardija.co.jp/news/?id=108972023年1月11日閲覧 
  27. ^ 代表取締役社長 森正志より就任のご挨拶』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2023年1月11日https://www.ardija.co.jp/news/?id=109002023年1月11日閲覧 
  28. ^ 9/17 大宮戦でのトラブルについて【報告】』(プレスリリース)川崎フロンターレ、2021年9月6日https://www.frontale.co.jp/info/2016/0924_1.html2023年1月13日閲覧 
  29. ^ “大久保退場で10人の川崎、一時は逆転も乱打戦落とす 大宮MF江坂が劇的決勝弾”. サッカーキング. (2021年11月12日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20160917/494355.html 2023年1月13日閲覧。 
  30. ^ 佐藤俊 (2017年7月17日). “大宮降格回避へ得点量産モード! 江坂任の“消えてから決める”技。”. Number Web. 2022年1月23日閲覧。
  31. ^ a b “大宮・石井新監督が涙を浮かべ決意。“古巣”の窮地救うべく伝統の「堅守速攻」回帰へ”. (2017年11月8日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=32213 2018年11月27日閲覧。 
  32. ^ “大宮、2014年以来2回目のJ2降格…石井監督招聘も立て直せず”. サッカーキング. (2017年11月26日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20171126/673372.html 2022年1月23日閲覧。 
  33. ^ 2018シーズン チームスローガン決定のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2018年1月14日https://www.ardija.co.jp/news/?id=138942018年7月16日閲覧 
  34. ^ 大宮アルディージャ 2018 フォーメーション”. Football LAB. 2019年12月27日閲覧。
  35. ^ 佐藤俊 (2018年2月8日). “大宮のJ1復帰は「誰」なのか。戦う男・三門雄大と大前元紀の復活。”. Number Web. 2022年1月30日閲覧。
  36. ^ “石井正忠監督「自分から前にアクションを起こすというところを数多くやってほしい」【練習コメント】”. タグマ!. (2018年11月3日). オリジナルの2018年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181127193733/https://www.targma.jp/omiya/2018/11/03/post9982/ 2018年11月27日閲覧。 
  37. ^ 大宮アルディージャ 2018 チームスタイル[攻撃セットプレー]”. Football LAB. 2023年1月13日閲覧。
  38. ^ 小宮良之 (2018年4月16日). “大宮アルディージャ、降格のJ2でも崖っぷち。本当に浮上できるのか”. web Sportiva. 2022年1月30日閲覧。
  39. ^ 大混戦のJ2。上位陣7チームが絡む白熱のJ1昇格争いの行方を占う”. Goal.com (2018年11月19日). 2022年1月30日閲覧。
  40. ^ 大宮アルディージャ 2019 チームスタイル[攻撃セットプレー]”. Football LAB. 2023年1月13日閲覧。
  41. ^ 大宮アルディージャ 2019 フォーメーション”. Football LAB. 2020年1月6日閲覧。
  42. ^ 大宮アルディージャ 2019 チームスタイル[攻撃セットプレー]”. Football LAB. 2019年12月27日閲覧。
  43. ^ 大宮アルディージャ 2020 チームスタイル[攻撃セットプレー]”. Football LAB. 2021年5月26日閲覧。
  44. ^ “【大宮】岩瀬健監督はただ勝利のために。「すべての試合に勝って昇格するつもりです」”. サッカーマガジンWEB. (2021年1月17日). https://soccermagazine.jp/j2/17425379 2021年5月25日閲覧。 
  45. ^ “【大宮|新体制】新指揮官の下、4度目の正直へ――。“変革のシーズン”がいよいよスタート”. サッカーダイジェストWeb. (2021年1月17日). https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=84910 2021年5月25日閲覧。 
  46. ^ 大宮アルディージャを愛する全ての皆さまへ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2021年4月28日https://www.ardija.co.jp/news/?id=174002023年11月15日閲覧 
  47. ^ 岩瀬健監督 解任のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2021年5月25日https://www.ardija.co.jp/news/?id=174762023年11月15日閲覧 
  48. ^ 西脇徹也 フットボール本部長 解任のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2021年5月25日https://www.ardija.co.jp/news/?id=174772023年11月15日閲覧 
  49. ^ トップチーム体制変更について』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2021年5月25日https://www.ardija.co.jp/news/?id=174752023年11月15日閲覧 
  50. ^ “大宮暫定指揮の佐々木則夫氏「現実的なサッカーを」 “ノリさん”呼ばせる”. 日刊スポーツ. (2021年5月27日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/202105270000611.html 2021年5月29日閲覧。 
  51. ^ “【大宮】理想に振れたチームを立て直す。佐々木則夫監督「現実的に戦って勝ち点3を積む!」”. サッカーマガジンWEB. (2021年5月28日). https://soccermagazine.jp/j2/17456050 2021年5月29日閲覧。 
  52. ^ a b “まさかの大不振に陥った大宮が新体制でリスタート! 早速効果が見えた“霜田マジック”に「確実に変わっている」”. サッカーダイジェストWeb. https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=92909 2021年6月16日閲覧。 
  53. ^ 霜田正浩 監督 就任のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2021年6月7日https://www.ardija.co.jp/news/?id=175062021年6月7日閲覧 
  54. ^ “<国吉好弘の埼たまNOW>大宮新体制 引き分け発進に光明も”. 東京新聞. (2021年6月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/113065 2021年6月27日閲覧。 
  55. ^ “J2大宮公式戦16試合ぶり白星 霜田監督就任3戦目で初勝利「感動した」”. 日刊スポーツ. (2021年6月27日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/202106270001265.html 2021年6月28日閲覧。 
  56. ^ a b J3降格危機に陥った大宮の原因/六川亨の日本サッカーの歩み”. 超ワールドサッカー! (2021年12月8日). 2023年11月15日閲覧。
  57. ^ “大宮 今季外国人なし 霜田監督「リスタートの年にしたい」”. Sponichi Annex. (2022年1月9日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/01/09/kiji/20220109s00002180038000c.html 2023年11月15日閲覧。 
  58. ^ 「2022大宮アルディージャトップチーム新体制発表記者会見」実施レポート』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2022年1月15日https://www.ardija.co.jp/news/?id=181612022年1月16日閲覧 
  59. ^ a b 緊急開催! 番記者座談会 前編』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2022年6月29日https://www.ardija.co.jp/digitalvamos/?id=390872023年1月11日閲覧 
  60. ^ 霜田正浩 監督 解任のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2022年5月26日https://www.ardija.co.jp/news/?id=389142022年5月26日閲覧 
  61. ^ 相馬直樹 監督 就任のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2022年8月4日https://www.ardija.co.jp/news/?id=389152023年1月12日閲覧 
  62. ^ “J2大宮・相馬監督「遊びじゃないんだ」「やってほしいのは切り替えだ!」 大声張り上げ熱血指導”. スポーツ報知. (2023年1月12日). https://hochi.news/articles/20220615-OHT1T51156.html?page=1 2023年1月12日閲覧。 
  63. ^ a b J2で過去最低成績の大宮に何が起きていたのか? 主将・富山が語る「迷い」”. スポーツナビ (2022年11月11日). 2023年11月16日閲覧。
  64. ^ “大宮なんとか残留 J2・19位”. 読売新聞. (2022年11月24日). https://www.yomiuri.co.jp/local/saitama/news/20221123-OYTNT50256/ 2023年11月16日閲覧。 
  65. ^ a b J2大宮 相馬監督が気合「挑戦者として失敗しながら成長を」”. Sponichi Annex (2023年1月9日). 2023年1月11日閲覧。
  66. ^ 2023シーズントップチーム体制ならびにスローガンについて』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2023年1月9日https://www.ardija.co.jp/news/?id=400282023年1月11日閲覧 
  67. ^ a b 2023沖縄キャンプレポート 1月18日(水)』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2023年1月19日https://www.ardija.co.jp/news/?id=400772023年1月22日閲覧 
  68. ^ 2023沖縄キャンプレポート 1月19日(木)』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2023年1月20日https://www.ardija.co.jp/news/?id=400802023年1月22日閲覧 
  69. ^ 2023沖縄キャンプレポート 1月20日(金)”. 大宮アルディージャ (2023年1月22日). 2023年1月22日閲覧。
  70. ^ “クラブ史上最低のJ2・21位確定、凋落の大宮に残されたJ2残留の唯一の道はFC大阪に託されることに”. 超ワールドサッカー!. (2023年11月5日). https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=452809 2023年11月5日閲覧。 
  71. ^ “FC大阪が相模原に5失点大敗で大宮のJ2残留が遠のく…J3残3試合で2位と勝ち点差6”. Goal.com. (2023年11月12日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/jleague-j3-md35-sagamihara-fcosaka-20231112/blt46c5c329a48d2e5e 2023年11月12日閲覧。 
  72. ^ a b スタジアム”. 大宮アルディージャ. 2022年1月19日閲覧。
  73. ^ アルディージャ練習場の整備について”. さいたま市スポーツ企画課 (2009年11月4日). 2022年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月29日閲覧。
  74. ^ a b クラブハウス・練習場”. 大宮アルディージャ. 2023年12月29日閲覧。
  75. ^ a b クラブ個別経営情報 - 経営情報”. 日本プロサッカーリーグ. 2023年1月15日閲覧。
  76. ^ 大宮第二公園および第三公園の指定管理者の選定について令和元年度埼玉県営公園指定管理者候補者の選定結果について

関連項目 編集

外部リンク 編集