さけるチーズ(商品名:雪印北海道100 さけるチーズ)は、雪印メグミルクが製造・販売している製品。


概要編集

山梨県小淵沢にある雪印メグミルクチーズ研究所で、ナチュラルチーズを作る途中で引っ張るとさける物性であることから、チーズがさけると楽しいのではないかという遊び心から誕生した。1980年よりストリングチーズとして販売開始。当初はしお味とスモーク味の2種類であった。

さけるチーズのチーズは熟成させないタイプのナチュラルチーズである。チーズの中のたんぱく質が完全に分解されていない状態になっており、たんぱく質が伸ばした方向にきれいに並ぶことからチーズを温めた後に伸ばして冷やすことで縦方向にさける仕組みとなっている。

同様の製品を製造している会社(競合他社)が少ない商品である[1]。2020年代に入り新型コロナウイルス禍で家庭でのおつまみとして需要が高まり、70億円を投資して大樹工場での生産を増産することになった(2023年春稼働予定)[1]

歴史編集

  • 1980年(昭和55年) - ストリングチーズとして販売開始。
  • 1995年(平成7年) - 商品名をさけるチーズに変更。
  • 2007年(平成19年) - さけるチーズが雪印北海道100のブランドに加わる。

商品ラインナップ編集

以下に商品ラインナップを提示する。また、ローストガーリック味とバター醤油味において、2本入りの場合約6%、1本入りの場合約3%の『ボンバーさけチー』と呼ばれるイラストの異なるパッケージが混入するが、味に違いはない[2]

  • プレーン
  • スモーク味
  • ベーコン味
  • とうがらし味
  • ローストガーリック味
  • バター醤油味

脚注編集

  1. ^ a b “雪印、さけるチーズ増産 大樹工場に70億円追加投資”. 北海道新聞. (2021年5月18日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/545394 2021年5月18日閲覧。 
  2. ^ 出現率約3%!?話題の「爆発したさけるチーズ」について雪印に聞いてみた(おたくま経済新聞 更新日:2016/3/15 15:19)

外部リンク編集