さつきが丘団地(さつきがおかだんち)は、千葉県千葉市花見川区さつきが丘にある住宅団地

概要編集

1968年(昭和43年)(1-35街区 1973年4月・11月、2-34街区 1972年11月)に建設された、日本住宅公団(現在の都市再生機構)の住宅団地。総戸数3920戸(賃貸・分譲)である。

開発手法土地区画整理事業

最寄り駅は総武線新検見川駅であるが、京成バスで約十数分はかかる。バスはおよそ10分に一本以上出ている。

高齢化編集

東京ベッドタウンとして発展してきたが、近年は住民の高齢化が目立つ。

2016年(平成28年)現在ではさつきが丘1丁目及び2丁目の人口8666人に対し、65歳以上の人口は2833人であり、高齢者の占める割合は実に約33%となっている。

沿革編集

  • 1972年(昭和47年)4月 分譲、販売される。これを基に千葉市犢橋町より分離し、さつきが丘が成立した。

周辺編集

教育施設編集

公共機関編集

史跡・公園編集