すけべえ

すけべえ助兵衛助平スケベ)は、すけべい、すけべともいい、(男性が)異性に対して異常に好奇心を示すこと、及びそうした人、つまり好色・好色漢・好き者である。好色な女に対しても、しばしば用いられる。

概説編集

江戸時代から使われていたが[要出典]、本来はあることに非常に強い興味を示すことを指していた。「兵衛」は、「飲み助」「呑兵衛」などに付いている「助」「兵衛」と同じく、動詞名詞擬人化する接尾語であり、「助」は元々「好き」であった。しかし、当時は助兵衛が人名としては極めてありふれたものであったため、このように訛ったわけである。

これが好色の意味に限定して使われるようになったのは、明治時代も終わりに近づいてからと思われる。[要出典]

備考編集

  • 戦国武将花房職秀の通称・助兵衛は「すけのひょうえ」と読まれている。黒田孝高(官兵衛)、竹中重治(半兵衛)、後藤基次(又兵衛)など著名な「兵衛」が付く名を持つ人物が全て「べえ」と呼ばれていることを考えると、花房の例は不自然ではある。何らかの配慮があり、彼の場合は、特別にこうなったと思われる。
  • 静岡県にはかつて、駿東郡原町(現・沼津市)に、助兵衛(すけべえ)新田という大字があった。この村を開拓した鈴木助兵衛という人に因んで付けられた、由緒ある地名であった。しかし、明治後期にやはり品が良くないということで、この辺りがの産地であったことに因み、「桃里」と改称された。それが現在の沼津市桃里である。
  • オランダ観光地であるScheveningenは、しばしば「すけべにんげん」なる珍地名とされることがあるが、オランダ語の発音はスヘフェニンゲンである。

関連種目編集