メインメニューを開く

ちふり型巡視船(ちふりがたじゅんしせん、英語: Chihuri-class patrol vessel)は、海上保安庁が運用していた巡視船の船級。分類上はPM型、公称船型は改450トン型[1][2]

ちふり型巡視船
基本情報
艦種 450トン型PM
就役期間 1951年 - 1980年
前級 れぶん型
次級 くなしり型 (改3-350トン型)
要目
常備排水量 490トン
総トン数 406トン
全長 55.7 m
7.7 m
深さ 4.50 m
吃水 2.61 m
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 1,300馬力
速力 15.4ノット
航続距離 4,450海里
乗員 45名 (最大搭載人員)
兵装3インチ単装緩射砲×1基
20mm単装機銃×1基
※後日装備
テンプレートを表示

目次

来歴編集

海上保安庁では、450トン型PMとして、まず昭和24年度計画であわじ型3隻を建造したのち、昭和25年度計画ではその欠点を是正したれぶん型6隻を発注した。その後、1950年6月25日の朝鮮戦争勃発を受けて、同年7月8日には、ダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官より警察力と海上警備力の増強に関する緊急指令が発せられた(いわゆるマッカーサー書簡)[3]

これを受けて、10月23日には海上保安庁法の制限項目の緩和(昭和25年政令第318号)が成立、巡視船の隻数・総トン数ともに大幅に拡充されたことから、同年度での2回の追加建造と翌26年度計画により、都合3次にわたる増強建造が実施されることとなった。中型巡視船については、まず第1次追加計画で、従来の450トン型8隻が建造された。その後、第2次追加計画でも5隻の建造が盛り込まれたが、こちらは改設計を施した改450トン型とされることになった。これによって建造されたのが本型である[2][3]

設計編集

上記の経緯より、本型は先行する450トン型PMの発展型となっている。運用実績を踏まえて燃料消費量を減じ、速力を増すよう、れぶん型をもとにして全長を増して幅を狭める(L/B比を大きくする)よう船型変更した。しかし船型がやせ型となった結果、動揺性能の低下を来した[2]。このためもあり、1961年より「しきね」において、東京大学工学部元良誠三教授の考案によるMN式減揺水槽の運用試験が行われて、好評であった[1]

構造・艤装ともに徹底的な重量軽減・重心降下を図っており、船体構造は、湾曲部の外板縦継手2列と上甲板舷側を鋲接としたほかは溶接構造とされた。艤装も簡素化が図られている。ダメージ・コントロール面の配慮も強化されており、火災対策が徹底されたほか、水密隔壁によって機関室を主機室と補機室に分割して水防性の強化を図った[1][2]

なお建造当時、極東委員会の意向を受けた連合国軍最高司令官総司令部民政局の指示によって、海上保安庁の巡視船は非武装とされていたことから、本型は非武装で就役した。その後、海上警備における兵装の必要性が認められて制限が撤廃されることになり、1952年12月には「しきね」に3インチ単装緩射砲20mm単装機銃各1基を搭載しての運用試験が実施され、船体などへの影響評価が行われた。昭和27年度補正予算より装備強化(兵装工事)費が成立、昭和28~30年度にかけて実際の兵装の貸与を受けた(1955年に供与に切り替え)ことから、順次に兵装の後日装備が行われた[3][4]

同型船一覧編集

造船所の事情により、1・2番船の工事が停滞し、結果として3~5番船が先に竣工することとなった。初期建造船の一翼を担い活躍したが、老朽化に伴い、昭和54年度までにしれとこ型(1000トン型)などによって更新され、運用を終了した。

計画年度 # 船名 造船所 竣工 解役
昭和25年度
第2次追加
PM-18 ちふり 日本海重工 1952年4月30日 1979年8月13日
PM-19 くろかみ 1952年3月31日 1980年1月31日
PM-20 こうず 新潟鐵工所 1951年12月8日 1979年9月25日
PM-21 しきね 1952年1月9日 1979年8月18日
PM-22 だいとう 1952年2月25日 1979年12月26日

登場作品編集

映画・テレビドラマ編集

ウルトラQ
第21話に「しきね」が登場。主人公たちを乗船させ、キール星人が地球に送り込んだ怪獣ボスタングと戦闘を繰り広げる。
海上保安庁の全面協力により、実艦で撮影が行われている。
ゴジラ
「こうず」と「しきね」が登場。主人公たちやオキシジェン・デストロイヤーを使用する芹沢博士をゴジラが潜む海域まで送り届け、ゴジラと博士の最期を見届ける。
海上保安庁の全面協力により、撮影には実物が使用されている。

参考文献編集

  1. ^ a b c 徳永陽一郎、大塚至毅『海上保安庁 船艇と航空 (交通ブックス205)』成山堂書店、1995年、19-53頁。ISBN 4-425-77041-2
  2. ^ a b c d 「海上保安庁全船艇史」、『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 32頁、 NAID 40005855317
  3. ^ a b c 真山良文「海上保安庁船艇整備の歩み」、『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 193-205頁、 NAID 40005855317
  4. ^ 中名生正己「巡視船 武装の歩み(下)」、『世界の艦船』第825号、海人社、2015年11月、 168-173頁、 NAID 40020597434