怪獣

未知の生物・怪物に対する呼称、またはフィクションにおける生物・キャラクターの類型

怪獣(かいじゅう、英語:Kaiju)とは、正体不明の生物、怪物のことを指す言葉。ネッシーのような未確認動物 (UMA) を指す場合もある。類似ジャンルに「怪人」がある。

歴史編集

「怪獣」の語は中国編纂された『山海経』で初めて現れる。同書は中国古代戦国時代から代・代(紀元前4世紀3世紀頃)にかけて段階的にまとめられた。同書には、伝説的な妖怪の類いが数多くまとめられており、「怪獣」も妖怪の類いを指す単語であった。また、前漢代の文章家・司馬相如の詩にも「怪獣」の語がある(『史記』司馬相如列伝)。

日本の場合は、阿部正信(※文化年間に駿府加番を務めている)が1843年天保14年)に編纂した駿河国風土記『駿國雑志』の巻第24下に所収の「怪異」の章の中に「狒々」の項目が有り「此怪獣は常に木皮と篠を好て喰へり」という説明文に怪獣という単語が使われている[1]。また巻第25に「怪獣」という項目があり、有度郡小鹿村(現在の静岡市駿河区小鹿)の山中で村人に捕えられた「翼を持った猿のような動物」についての記載がある[2][3]

1954年(昭和29年)には『ゴジラ』が公開された。『ゴジラ』のヒットは日本においては怪獣映画というジャンル自体に成長し、その中でさまざまな怪獣が創造された。今日の日本ではこれら怪獣映画などのフィクション作品に登場する巨大な生物を指す場合が多い。

年表編集

 
キングコング(1933年)
 
リドザウルス(1953年)
 
ゴジラ(1954年)
 
イーマ(1957年)

フィクションにおける怪獣の属性編集

怪獣には「○○怪獣」というように、出生や能力などから代名詞が付けられる場合がある。

地底怪獣
地中から現れる怪獣。新発見された洞窟から現れるものも、これに含まれる。地中を掘り進む能力に優れ、胴体も四肢も太いものが多い。代表的なものは『フランケンシュタイン対地底怪獣』のバラゴン、『ウルトラマン』のテレスドン、マグラーなど。
海底怪獣
海中から現れるもの。海中を生活圏とするものは「深海怪獣」とも言う。『ガメラ対深海怪獣ジグラ』のジグラや『ウルトラマン』のグビラなど。蟹やタコ、魚などの水生生物の形態に近いものが多く、東宝のゴジラや『ファイヤーマン』の怪獣のように恐竜型のものは海底怪獣としての属性に言及されることは少ない。
古代怪獣
先史時代の地球に生息していた怪獣や、恐竜などの古生物の生き残りが怪獣化したもの。「原始怪獣」とも言う。現在まで地底や氷の中で眠っていたものが人為的な要因などで蘇生し暴れまわるものが多く、『ウルトラマン』のゴモラや『ウルトラQ』のゴメスなどが代表的。出自上、ゴジラやラドンアンギラスなども含まれる。
宇宙怪獣
地球外から来襲するもの。『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』のバイラスや『ウルトラマン』のベムラーなど。また『ウルトラセブン』の登場怪獣のように、高度な知性を持つ宇宙人に侵略兵器として使役されるものも多い。なお、東宝のキングギドラは桁外れに強大であるため、しばしば「宇宙超怪獣」などと呼ばれる。ゼットンガイガンなど一部の宇宙怪獣は「宇宙恐竜」という種族に分類される。
冷凍怪獣
冷凍する能力を表したもの。『ウルトラQ』のペギラや『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』のバルゴン、テレビドラマ版『ジャイアントロボ』のアイスラーなど。ただし、必ずしも寒冷地に生息しているとは限らず、バルゴンなどはニューギニアのジャングルが生息地と設定されている。
昆虫怪獣
昆虫のような怪獣の総称。モスラメガロ、『ウルトラマン』のアントラーのように元々その姿であるもののほか、カマキラスや『帰ってきたウルトラマン』のノコギリンのように放射能・兵器などのエネルギーや工業廃水の影響で突然変異したものも含まれる。
植物怪獣
植物形態の怪獣の総称。『ウルトラマン』のスフランや『ウルトラQ』のジュランなどが挙げられる。なお、後述の「人工怪獣」に挙げられる実験や研究の中で人間によって生み出された怪獣(後述のビオランテのほか、『トリフィド時代』のトリフィドや『ウルトラマン』のグリーンモンスなど)は含まない。
ロボット怪獣
メカゴジラや『ウルトラセブン』のキングジョーなどに代表される巨大ロボットの総称。生物(人型を含む)を模した形態であることが多い。
人工怪獣
ロボット怪獣と異なり、動物実験やキメラ研究の中で人間によって生み出された怪獣の総称。『ウルトラマン』のジラースガヴァドン、『ゴジラvsビオランテ』のビオランテなどが挙げられる。

怪獣退治編集

怪獣退治には昔ながらの展開があり、特に大まかなものは以下のとおり。

出現した怪獣を撃退するため、自衛隊防衛組織防衛出動要請が発せられ現場へ到着。怪獣へ攻撃を開始するが、戦車戦闘機等を用いた射撃爆撃の効果がなく、逆に撃墜撃破される(ただし近年は、破壊される演出は減少している)。そこで対策本部が立てられ、本格的な対策を練り直す。その対策により一度は怪獣にダメージを与えるが、今一歩及ばず敗退する。その後画期的な発明や何らかの機転により怪獣を追い込んで、制圧および封印することに成功。

また、ヒーローが登場する作品では防衛組織が持ち堪えている間に駆け付けるか、またはそこの隊員が変身する流れもある。

代表的な怪獣編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 上記のように当時既に洋邦多数の映画題名に「怪獣」が用いられている中、『ウルトラQ』放映開始時の子供雑誌『まんが王』の特集ですべて「怪物」という語が使われており、唐沢なをきはツイッターおよびブログで「記者さんのボキャブラリーになかったのか、怪獣」と述べて、記者が単にこの分野に無関心だった可能性を指摘している。
  2. ^ カネゴンは、明らかに動物とは異質な怪物(あるいは怪人とも言える)として、また、怪奇色と社会風刺の色濃い物語の主人公怪獣として登場するが、コメディー性と可愛さも当初から多分に具えており、子供達の支持を受けて、怪獣キャラクターとして一定の地位を獲得することになった。
  3. ^ アロンは、第1話で恐竜(「大恐竜」「古代恐竜」)として登場したが、再登場時(第13話-第16話)には「怪獣アロン」という扱いに変わっていた。本作品で最初から「怪獣」と呼ばれているのは、第2話から登場したモグネスである。cf. マグマ大使 (テレビドラマ)#登場怪獣・宇宙人
  4. ^ 同年4月17日に『怪竜大決戦』よりも先に時代劇作品の『大魔神』が公開されているが、大魔神は「神像」であって「怪獣」ではない。
  5. ^ 第1部で登場する怪獣は「大蝦蟇」だけだが、第3部(第27話 - 39話)以降は毎回怪獣が登場するようになった。なお、第3部以降に登場する怪獣の作品中の呼称は「怪忍獣」であったが、各話のタイトルには「蟻怪獣ガバリ」「怪獣大逆襲」「鎧怪獣グロン」など「怪獣」の呼称が用いられるものと、「怪忍獣ジャコー」「怪忍獣勢揃い」など「怪忍獣」の呼称が用いられるものとが混在していた。

出典編集

  1. ^ 駿国雑志24巻下”. 2020年11月17日閲覧。
  2. ^ 阿部正信 編 『駿國雜志 自卷之廿四上至卷之三十』吉見書店、1910年8月31日、102頁。NDLJP:765117 
  3. ^ 阿部正信 編 『駿國雜志 附圖第二卷』吉見書店、1912年1月25日、133頁。NDLJP:765121 (想像図)
  4. ^ 山海經 - 中國哲學書電子化計劃”. 2020年11月17日閲覧。
  5. ^ 史記 - 怪獸 - 中國哲學書電子化計劃”. 2020年11月17日閲覧。
  6. ^ 「かい‐じゅう[クヮイジウ] 【怪獣】」 『日本国語大辞典』(JapanKnowledge版)小学館。 
  7. ^ 『玩鴎先生詠物雑体百首』1794年、21ウ頁https://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/bunko31/bunko31_e2175/bunko31_e2175_p0023.jpg 
  8. ^ 一番好きなウルトラ怪獣は? 3位バルタン星人、2位ゼットン、1位は…”. アニメ! アニメ!. 2019年5月10日閲覧。

関連項目編集

  • 全怪獣怪人』 - 1990年に発売された、特撮番組の怪獣や怪人を紹介した書籍。

外部リンク編集