メインメニューを開く
つけ汁うどん

つけ汁うどんとは、茹でたうどんをざるやせいろなどの器に盛り、別に用意した豚肉キノコなどを煮込んだつゆにつけて食べる料理。「つけうどん」「汁つけうどん」とも呼ばれる。埼玉県群馬県栃木県東京都のかつて武蔵野と呼ばれた地域などを中心とした関東地方北部などで食されている[1]。つゆの具により「肉汁うどん」などのように呼ばれることが多い。

目次

概要編集

主な特徴としては、かつおだしをベースとしたつゆで豚肉やネギシイタケなどを煮込んだつゆに、ざるやせいろ・皿などの盛ったうどんをつけて食べるものである。ざるうどんとの違いざるうどんのつゆは冷たい状態であるものに対してつけ汁うどんのつゆは熱い状態や冷ました状態で提供されるなど多くの種類が存在する。またざるうどんのつゆには具は入っておらずつゆだけを徳利で提供されることの対し、つけ汁うどんのつゆには豚肉、シイタケなど具があらかじめ入ったつゆであることがあげられる。 このスタイルのうどんの食べ方は、東京の武蔵野に「武蔵野うどん」として古くから伝わる郷土料理として知られるが、同様の食べ方が埼玉県や栃木県・群馬県など関東各地に多くみられるものである[1][2]

種類編集

肉汁うどん
豚肉と長ネギをかつお出しで煮込んだつゆにつけて食べるうどん
鴨汁うどん(鴨汁つけうどん)
鴨肉と長ネギをかつお出しで煮込んだつゆにつけて食べるうどん
ねぎ汁うどん
長ねぎ(白ネギ)をある程度大きめにぶつ切りにし醤油主体の汁で煮込んだつゆにつけて食べるうどん。なすを煮込んだ汁のものとともに家庭料理として古くより食べられてきている食べ方。
なす汁うどん
なす醤油主体の汁で煮込んだつゆにつけて食べるうどん。家庭料理として古くより主に食べられてきている食べ方。
きのこ汁うどん
 
きのこ汁うどん
シイタケなどのキノコをかつお出しで煮込んだつゆにつけて食べるうどん
冷汁うどん
胡麻味噌による味で他に野菜などを入れた冷たい汁につけて食べるうどん。
おしぼりうどん
ねずみ大根という大根をすりおろし、布巾で搾った汁に信州味噌を溶かしてつゆを作り、うどんをつけて食べる。大根おろしではなく、搾り汁を使うという点が特徴。長野県埴科郡坂城町周辺の郷土料理。

他にも煮込む具により多くのつけ汁があり、様々なつけ汁うどんが存在する。

各地のつけ汁うどん編集

脚注編集

  1. ^ a b うどんミュージアム
  2. ^ 『麺類百科事典』 食品出版社、1984年。ISBN 4879931268 

外部リンク編集