メインメニューを開く
たらいうどん店の立地する宮川内谷川源流部

たらいうどんは、徳島県阿波市土成町(旧御所村)の郷土料理である。

概要編集

釜揚げにしたうどんを、茹で汁と一緒にたらいにうつし、つけ汁につけて食べる。

江戸末期、宮川内谷川周辺にて、きこりが河原に作ったかまどでうどんを茹で、川魚で出汁を取ったつけ汁で食べていたのが起源とされる[1][2]

もともとは、じんぞく(カワヨシノボリの地方名)[3]で取った出汁がつけ汁に使われているのだが、近年はじんぞくの漁獲量が減少している[4][注釈 1]などの理由により、じんぞく以外の出汁を用いたものが主流となっている。

名前の由来編集

1931年昭和6年)、御所村を訪れた当時の徳島県知事の土居通次が、飯盆[注釈 2]に入ったうどんを振る舞われた際、その見た目に対し「たらいの様な器に入ったうどんを食べてうまかった」と感想を述べたことが名の由来となったとされる[1][5]

また、2015年、その日が11月7日であると判断したことから、11月7日を「たらいうどんの日」と制定した[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 出典として提示している資料は那賀川下流域のものであり、宮川内谷川のものではない。あえて参考として提示していることに留意いただきたい。
  2. ^ はんぼう。寿司桶などに使用される、たらいのような形状の容器。地方によって呼び名が違う。「はんぼん」、「はんぼ」とも。

出典編集

  1. ^ a b 御所のたらいうどん”. 農林水産省中国四国農政局. 2019年7月25日閲覧。
  2. ^ コラム―たらいうどん”. 農林水産省中四国農政局. 2019年7月25日閲覧。
  3. ^ じんぞく”. 日本の食べ物用語辞典. 2019年7月25日閲覧。
  4. ^ 那賀川下流域の河川漁労”. 阿波学会研究紀要. 徳島県立図書館. 2019年7月25日閲覧。
  5. ^ 2019年度版 阿波市移住ナビ”. 阿波市. p. 16. 2019年7月25日閲覧。
  6. ^ “11月7日「たらいうどんの日」 徳島・御所地区の専門店制定”. 徳島新聞. (2015年11月6日). https://www.topics.or.jp/articles/-/7562 2019年7月25日閲覧。