てんびん座γ星(てんびんざガンマせい、γ Lib / gamma Librae)は、てんびん座恒星で4等星。

てんびん座γ星[1]
Gamma Librae
仮符号・別名 ズベン・エル・ハクラビ[2]
Zubenelhakrabi[1][3]
星座 てんびん座
視等級 (V) 3.91[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  15h 35m 31.5790583432s[1]
赤緯 (Dec, δ) −14° 47′ 22.360365363″[1]
赤方偏移 -0.000089[1]
視線速度 (Rv) -26.71 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 63.824 ミリ秒/年[1]
赤緯: 9.885 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 21.0823 ± 0.4010ミリ秒[1]
(誤差1.9%)
距離 155 ± 3 光年[注 1]
(47.4 ± 0.9 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 0.5[注 2]
Libra constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
γ星の位置
物理的性質
スペクトル分類 G8.5III [1]
色指数 (B-V) +1.01[4]
色指数 (U-B) +0.74[4]
色指数 (R-I) +0.55[4]
別名称
別名称
BD -14 4237[1]
FK5 577[1]
Gaia DR2 6265374394490149248[1]
HD 138905[1]
HIP 76333[1]
HR 5787[1]
SAO 159370[1]
Template (ノート 解説) ■Project

概要編集

二重星でおそらく連星であると考えられている。その場合、地球からは主星Aと42.5秒離れて見える伴星Bは、主星Aから少なくとも2,100au離れた軌道を55,000年以上かけて回っていることとなる[5]。以前は主星A自体が近接連星であると考えられていたが、分光観測を含めたあらゆる観測によっても分解できないことから、単独の恒星であると考えられるようになった[5]

名称編集

固有名ズベン・エル・ハクラビ[2] (Zubenelhakurabi[1][3]) は、てんびん座α星と同じくアラビア語で「南の爪」を意味する الزبن الجنوبي (az-zuban al-janūbiyy) に由来する[6]が、この名称がてんびん座γ星のものとなった経緯は複雑である。元々この名称は、ヨハン・バイエルが「さそり座γ星」と符号を付けた恒星の名称であった。しかし、さそり座の他の恒星と離れた位置にあることから、19世紀のアメリカの天文学者ベンジャミン・グールドは、この「さそり座γ星」をてんびん座の一部とし、新たに「てんびん座σ星」という符号を振り直した。ところがこの時に、本来さそり座γ星に付けられていたZubenelhakurabiという名前が、てんびん座γ星の名称であると誤解されるという混乱が生じた[2]。さらに面倒なことに、19世紀前期のアメリカのイライジャー・バリットは、彼の出版した星図の中で、Zubenhakurabiという名前を誤って「てんびん座η星」に対して付けていた[7]

以上のような混乱があったが、2017年9月5日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Zubenelhakurabi をてんびん座γ星Aの固有名として正式に定め、本来この名前が付けられるべきてんびん座σ星Aに対してはBrachiumという固有名を定めた[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Results for gam Lib”. SIMBAD Astronomical Database. 2018年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、129頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合 (2017年11月19日). 2018年2月12日閲覧。
  4. ^ a b c Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=5787. 
  5. ^ a b Kaler, James B. “Gamma Librae”. STARS. 2018年2月12日閲覧。
  6. ^ Allen 2013, p. 369.
  7. ^ Allen 2013, p. 277.

参考文献編集

外部リンク編集