メインメニューを開く

歴史編集

とーぶカード編集

SFとーぶカード編集

PASMO導入・取扱終了へ編集

2007年(平成19年)3月18日にパスネット・バス共通カードの導入事業者は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica」と相互利用を可能とするICカードPASMO」のサービスを開始した。これに先立ち、2006年(平成18年)11月30日をもってオリジナルデザインの「SFとーぶカード」の注文受付を終了した。なお、PASMOサービス開始後もしばらくの間は「SFとーぶカード」およびパスネット加盟各社局が発行する磁気カードがそのまま使用できるようになっている。

PASMOの普及に伴い2008年1月10日の終電をもってSFとーぶカードを含むパスネットカードの販売が導入全社局で終了し、2008年3月14日の終電をもってパスネットカードは自動改札機での利用ができなくなった。なお、残額のあるカードは同年3月15日以降無手数料での払い戻しのほか、PASMOへの残額移行、自動券売機での切符の購入、自動精算機・有人改札での精算にて引き続き利用可能となっていた。

また『SF』表記のない旧式のとーぶカードについても、上記と同様に払戻の取り扱いを行っている。

その後、利用状況の減少・PASMOへの代替が進んだことに鑑み、旧とーぶカードならびにSFとーぶカード(パスネット)の券売機での利用は2015年3月31日をもって終了し、払い戻しの取り扱いも資金決済に関する法律に基づいて2018年1月31日を持って終了した。[1][2]

脚注編集

外部リンク編集