どこまでもいこう

どこまでもいこう』は、塩田明彦監督による1999年日本映画

どこまでもいこう
監督 塩田明彦
脚本 塩田明彦
出演者 鈴木雄作
水野真吾
音楽 岸野雄一
撮影 鈴木一博
編集 筒井武文
製作会社 ユーロスペース
映画美学校
公開 日本の旗 日本 1999年10月23日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

花田アキラ(鈴木雄作)と氷川光一(水野真吾)は、いつも一緒に遊んでいた。しかし、クラス替えによって2人は別々のクラスとなり、少しずつ疎遠になる。

アキラは同じクラスの野村俊(鈴木優也)と仲良くなるが、その後、俊は母親と心中する。一方、悪友とつるむようになった光一とは険悪な関係になってしまう。やがてアキラと光一は仲直りをするが、別々の人生を歩み始める。

キャスト編集

スタッフ編集

評価編集

この作品及び『月光の囁き』で、塩田明彦監督は第40回日本映画監督協会新人賞を受賞。ナント三大陸映画祭にて審査員特別賞を受賞[1]

蓮實重彦は本作を「戦争映画」と評している[2]

出典編集

  1. ^ どこまでもいこう”. 映画美学校. 2015年4月8日閲覧。
  2. ^ 蓮實重彦『映画狂人のあの人に会いたい』河出書房新社、2002年。[要ページ番号]

外部リンク編集