なんだかおかしな物語

なんだかおかしな物語』(なんだかおかしなものがたり、It's Kind of a Funny Story)は2010年アメリカ合衆国青春コメディ映画。監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレック英語版、出演はキーア・ギルクリスト英語版ザック・ガリフィアナキスなど。原作はネッド・ヴィジーニ英語版が自らの入院体験から着想を得て執筆した[2]2006年の小説『It's Kind of a Funny Story』。

なんだかおかしな物語
It's Kind of a Funny Story
監督 ライアン・フレック英語版
アンナ・ボーデン英語版
脚本 ライアン・フレック
アンナ・ボーデン
原作 ネッド・ヴィジーニ英語版
It's Kind of a Funny Story
製作 ケヴィン・ミッシャー英語版
ベン・ブラウニング
製作総指揮 ジェレミー・キップ・ウォーカー
マイケル・マー
ピーター・ロウリンソン
パトリック・ベイカー
出演者 キーア・ギルクリスト英語版
エマ・ロバーツ
ザック・ガリフィアナキス
音楽 ブロークン・ソーシャル・シーン
撮影 アンドリー・パレーク
編集 アンナ・ボーデン
製作会社 Wayfare Entertainment
Misher Films
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月8日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $8,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $6,491,240[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だが、2012年6月15日に『ボクの人生を変えた5日間』としてスター・チャンネル[3]、2012年8月18日に『なんだかおかしな物語』としてWOWOWで放送された[4][5]

ストーリー編集

うつ病の治療を受けている16歳の高校生が精神科に入院し、そこで出会った様々な患者との交流を通じて人生の意味を見出すまでをコミカルに描く。

キャスト編集

クレイグ・ギルナー
演 - キーア・ギルクリスト英語版
うつ病で入院した16歳の高校生。
ノエル
演 - エマ・ロバーツ
精神科に入院中の少女。自傷行為を繰り返していた。
ボビー
演 - ザック・ガリフィアナキス
入退院を繰り返している男。8歳の娘がいる。
イーデン・ミネルバ先生
演 - ヴィオラ・デイヴィス
クレイグたちの担当医。
ニア
演 - ゾーイ・クラヴィッツ
クレイグが片想い中の少女。親友の恋人。
リン・ギルナー
演 - ローレン・グレアム
クレイグの母親。
ジョージ・ギルナー
演 - ジム・ガフィガン英語版
クレイグの父親。
スミティ
演 - ジェレミー・デイビス
病院職員。クレイグたちの世話係。

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「感じの良い作品で、驚くほど良い仕事で精神病棟コメディの定型表現を回避しているが、その才能のあるキャストと監督を考えると、『なんだかおかしな物語』は単に穏やかに面白いだけの作品以上のものであるべきである。」であり、135件の評論のうち高評価は57%にあたる77件で、平均して10点満点中5.99点を得ている[6]Metacriticによれば、33件の評論のうち、高評価は22件、賛否混在は10件、低評価は1件で、平均して100点満点中63点を得ている[7]

出典編集

  1. ^ a b It's Kind of a Funny Story” (英語). Box Office Mojo. 2012年7月28日閲覧。
  2. ^ Writing” (英語). Ned Vizzini 公式ウェブサイト. 2010年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月17日閲覧。
  3. ^ ボクの人生を変えた5日間”. スター・チャンネル. 2020年6月16日閲覧。
  4. ^ なんだかおかしな物語”. WOWOWオンライン. 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ 2012年8月 月間番組表 (pdf)”. WOWOWオンライン. 2020年6月16日閲覧。
  6. ^ It's Kind of a Funny Story (2010)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月1日閲覧。
  7. ^ It's Kind of a Funny Story Reviews” (英語). Metacritic. 2020年6月16日閲覧。

外部リンク編集