アンドリー・パレーク

アンドリー・パレーク(Andrij Parekh、1971年9月20日 - )は、アメリカ合衆国撮影監督である。

アンドリー・パレーク
Andrij Parekh
Andrij Parekh
生年月日 (1971-09-20) 1971年9月20日(49歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ
職業 撮影監督
配偶者 ソフィー・バルテス英語版
テンプレートを表示

生い立ちと学歴編集

マサチューセッツ州ケンブリッジで生まれ、ミネソタ州の高校に通った後、1994年にカールトン・カレッジを社会学と人類学の学位を得て卒業した。また副専攻はメディア研究であった[1][2]。その後彼はニューヨーク大学芸術学部英語版プラハ芸術アカデミー映像学部で撮影を学んだ[3]。ニューヨーク大学時代の1998年にイーストマン・エクセレンス撮影賞にノミネートされた[4]。また2001年には全米撮影監督協会よりヘリテイジ賞が贈られた[5]

キャリア編集

ニューヨーク在住の彼は映画の他にMGMザ・キラーズといったアーティストのミュージックビデオを手がけている[6]。2004年に彼は『フィルムメイカー・マガジン英語版』の「インディ映画のニューフェイス25人」、2006年に『バラエティ』の「注目の10人の撮影監督」の1人に挙げられた[7][8]。全米撮影監督協会の会員である。

主なフィルモグラフィ編集

映画編集

日本語題
原題
役職 備考
2002 Neo-Noir 撮影・製作 短編映画
Mertvi pivni 監督・撮影 短編映画
2004 Zimove vesilya 監督・撮影・編集 短編映画
2006 ハーフネルソン
Half Nelson
撮影
2007 NOISE ノイズ
Noise
撮影
2008 Sugar 撮影
ライフ・ドア 黄昏のウォール街
August
撮影
2009 Cold Souls 撮影・製作 ノミネート - インディペンデント・スピリット賞撮影賞
2010 ブルーバレンタイン
Blue Valentine
撮影
なんだかおかしな物語
It's Kind of a Funny Story
撮影
2011 ダークホース 〜リア獣エイブの恋〜
Dark Horse
撮影
2012 グッバイ・アンド・ハロー 〜父からの贈りもの〜英語版
Greetings from Tim Buckley
撮影
2014 ボヴァリー夫人
Madame Bovary
撮影
2015 ワイルド・ギャンブル
Mississippi Grind
撮影
2017 ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜
The Zookeeper's Wife
撮影
2018 The Catcher Was a Spy 撮影
2020 Naked Singularity 撮影

テレビシリーズ編集

日本語題
原題
役職 備考
2017 13の理由
13 Reasons Why
撮影 第1シーズン第1話「カセット1: A面」
第1シーズン第2話「カセット1: B面」
2018-2019 サクセッション
Succession
監督 第1シーズン第6話「敵か味方か」
第2シーズン第2話「裏工作」
第2シーズン第3話「狩り」
撮影 第1シーズン第1話「誕生日」
第1シーズン第2話「狂言」
第1シーズン第3話「助け舟」
2019 ウォッチメン
Watchmen
監督 第1シーズン第4話「私の物語が不満なら自分で書け
撮影 第1シーズン第1話「今は夏 氷が尽きそうだ

参考文献編集

外部リンク編集