はるか遠き国の物語

はるか遠き国の物語』(はるかとおきくにのものがたり)は、碧ゆかこによる漫画作品。『月刊プリンセス』(秋田書店)にて1986年から1993年4月号まで連載された[注釈 1]。単行本はプリンセスコミックスより全16巻。文庫版はソノラマコミック文庫朝日新聞出版)より全11巻。

はるか遠き国の物語
ジャンル 少女漫画ファンタジー
漫画
作者 碧ゆかこ
出版社 秋田書店
掲載誌 月刊プリンセス
レーベル プリンセスコミックス
発表号 1986年 - 1993年4月号
巻数 全16巻(単行本)
全11巻(文庫版)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

歌とドラマが収録されているイメージ・アルバムが1989年9月1日に発売された。

あらすじ編集

昔、ペルシャのとある小国にアニース・ジャニースという姫がとても不思議な魔法のランプを持っていた。アラビアンナイトをモチーフにした、愛と冒険の物語。

登場人物編集

声の項はイメージ・アルバムの声優。

アニース・ジャニース
声 - 佐久間レイ
カラム国の王女。好奇心旺盛だがお人よしでなんにでも首を突っ込みたがる性格。
小さい頃に出会った王子と再会できることを楽しみにしている。父王に見知らぬ人と結婚させられそうになり、王子に会うために城を抜け出す際、魔法のランプを見つけた。その後、再会した王子アラム・ディーンと婚約した。
アラム・ディーン
声 - 神谷明
バスラの王子。アニース・ジャニースの婚約者。アニースの冒険によく巻き込まれる。彼女と同じく気さくで誰とでも仲良くなれる。剣の腕が立ち物語のアクション担当。
バスラがのっとられてた際、盗賊イフリートとして暮らしており、義賊として名をはせていた。
シェーラ
アニース・ジャニースの侍女。美人だが気が強く主人のアニースにも姫らしくするよういつも説教している。しかしアニースが冒険に出ると心配し一緒についてくる。
ランプの精
宝物殿からアニース・ジャニースが見つけた魔法のランプの精。最初はアニースの言う事しか聞かない。力はあるはずなのに肝心なときに役に立たず、シェーラには頭が上がらずこき使われるようになる。
アルダシール
黒豹の化身。少年の姿に変身できる。
シャー・ザマーン
カラム国の第一王子。アニース・ジャニースの兄。おだやかな人柄で、父から早く結婚するようにせっつかれているが未だ独身。自分と正反対の性格のシェーラのことを気に入っている。
アスラーン
カラム国の第二王子。アニース・ジャニースの異母兄。女好きでいろんな女性にちょっかいをかけるが、それが時折トラブルの元となる。
アクメッド
声 - 小関一
ラシッド
声 - 関俊彦

シリーズ詳細編集

  • 魔法のランプ その後
    本作の第1話目。プリンセスコミックス秋田書店)より刊行されている作者の『バースディ・パーティ』に収録されている。
  • 千分の一夜物語
    本作の第2話目。プリンセスコミックス(秋田書店)より刊行されている作者の『千分の一夜物語』に表題作として収録されている。
  • 黄銅城の住人 以降
    第3話目以降は『はるか遠き国の物語』として単行本に収録されている。

文庫版では第1話の「魔法のランプ その後」からまとめて収録されている。

書誌情報編集

  • 碧ゆかこ『はるか遠き国の物語』秋田書店〈プリンセスコミックス〉、全16巻[1]
    1. 1987年1月6日発売[2]ISBN 978-4-253-07378-3
    2. 1987年4月2日発売[3]ISBN 978-4-253-07379-0
    3. 1987年8月3日発売[4]ISBN 978-4-253-07380-6
    4. 1988年8月1日発売[5]ISBN 978-4-253-07381-3
    5. 1989年1月14日発売[6]ISBN 978-4-253-07382-0
    6. 1989年6月2日発売[7]ISBN 978-4-253-07383-7
    7. 1989年10月27日発売[8]ISBN 978-4-253-07384-4
    8. 1990年1月6日発売[9]ISBN 978-4-253-07385-1
    9. 1990年7月5日発売[10]ISBN 978-4-253-07386-8
    10. 1990年12月6日発売[11]ISBN 978-4-253-07387-5
    11. 1991年6月13日発売[12]ISBN 978-4-253-07620-3
    12. 1991年11月8日発売[13]ISBN 978-4-253-07621-0
    13. 1992年5月22日発売[14]ISBN 978-4-253-07622-7
    14. 1992年10月29日発売[15]ISBN 978-4-253-07623-4
    15. 1993年2月12日発売[16]ISBN 978-4-253-07624-1
    16. 1993年5月28日発売[17]ISBN 978-4-253-07625-8

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 単行本『はるか遠き国の物語』収録分の『黄銅城の住人』よりカウントしている。

出典編集

  1. ^ はるか遠き国の物語”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  2. ^ はるか遠き国の物語 第1巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  3. ^ はるか遠き国の物語 第2巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  4. ^ はるか遠き国の物語 第3巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  5. ^ はるか遠き国の物語 第4巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  6. ^ はるか遠き国の物語 第5巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  7. ^ はるか遠き国の物語 第6巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  8. ^ はるか遠き国の物語 第7巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  9. ^ はるか遠き国の物語 第8巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  10. ^ はるか遠き国の物語 第9巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  11. ^ はるか遠き国の物語 第10巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  12. ^ はるか遠き国の物語 第11巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  13. ^ はるか遠き国の物語 第12巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  14. ^ はるか遠き国の物語 第13巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  15. ^ はるか遠き国の物語 第14巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  16. ^ はるか遠き国の物語 第15巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  17. ^ はるか遠き国の物語 第16巻”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  18. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 1”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  19. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 2”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  20. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 3”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  21. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 4”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  22. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 5”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  23. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 6”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  24. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 7”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  25. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 8”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  26. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 9”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  27. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 10”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。
  28. ^ (文庫)はるか遠き国の物語 11”. 秋田書店. 2021年3月15日閲覧。