ふぞろいのイレブン

ふぞろいのイレブン』は、1993年関西テレビ阪急ドラマシリーズ枠で放送された日本のテレビドラマ

あらすじ編集

少年サッカーチームが多数存在する大阪府豊中市。主人公の純生はレギュラーだった名門チーム・FCカイザーを飛び出し、友人ショネショネとともに新たなサッカーチームを結成しようとする。しかし、集まってくるのは本当に「ふぞろい」のメンバーで、男子欠員のために女子を交えたサッカーチームとなる。マネージャーを迎え新たに結成されたチーム「オスカルズ」は、チーム内の友情・恋愛や男子禁制の大会参加でのドタバタ、トラブルを乗り越えて「勝利至上主義ではない楽しむためのサッカー」を体験することになる。

キャスト編集

スタッフ編集

放送リスト編集

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 第11話
  • 最終話

その他編集

  • 本放送は関西テレビ(大阪地区)ローカルで金曜日の19:00 - 19:30であった。
  • 関東ではフジテレビ(ローカル)で毎週日曜日に遅れネットで放送されていた(放送時間は1993年8月8日から同年9月26日までは5:30 - 6:00、10月3日から10月31日までは5:10 - 5:40[1])。
  • サンテレビでも平日朝に放送されていた。
  • 阪急ドラマシリーズはフィルム作品が多いが、シリーズ最後の数作品はビデオ撮影であり、これもまたビデオ撮影である。
  • Jリーグ発足、開幕直後の放送であり、タイムリーな作品とも言えた。
  • 当時在籍していたガンバ大阪の選手がゲスト出演した。
  • 当時はまだ俳優として無名で、サッカー経験者の椎名桔平のゲスト出演話があった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 読売新聞』(縮刷・関東版) 1993年(平成5年)8月 - 10月、テレビ欄。


関西テレビ 阪急ドラマシリーズ枠
前番組 番組名 次番組
ふぞろいのイレブン
フジテレビ 日曜 5:10 - 5:30
前番組 番組名 次番組
-
※放送休止枠につき無し
ふぞろいのイレブン
(1993年10月3日 - 10月31日)
※放送休止枠につき無し
(1993年11月7日 - 12月5日)

ドラゴンリーグ
(1993年12月12日 - 12月19日)
※5:10 - 5:40
【金曜 16:30 - 17:00より移動】
フジテレビ 日曜 5:30 - 5:40
ワタナベ
(1993年4月25日 - 8月1日)
ふぞろいのイレブン
(1993年8月8日 - 10月31日)
※放送休止枠につき無し
(1993年11月7日 - 12月5日)

ドラゴンリーグ
(1993年12月12日 - 1994年2月20日)
※5:10 - 5:40 → 5:25 - 5:55
【金曜 16:30 - 17:00より移動】
フジテレビ 日曜 5:40 - 6:00
ワタナベ
(1993年4月25日 - 8月1日)
ふぞろいのイレブン
(1993年8月8日 - 9月26日)
住みよい社会
(1993年10月3日 - 12月19日)
※5:40 - 5:55
アート情報
(1993年10月3日 - 1994年3月27日)
※5:55 - 6:00
【30分繰り上げて継続】