メインメニューを開く

ふるさと愉快亭 小朝が参りました』(ふるさとゆかいてい こあさがまいりました)は、1994年4月16日から1998年3月15日までNHK総合テレビで放送されたテレビ番組である。

目次

概要編集

100歳の老人と春風亭小朝による「小朝の面白対談」を中心に、小朝による「落語」、落語家5人衆による「諸国漫遊塾」、各地の話題を紹介する「外から見れば」などによって構成された公開放送形式のトークバラエティ番組であった。「笑点」の大喜利のようなコーナーもあった。

最後は「百歳体操」という、小朝の歌う独自の体操で締めた。曲中にはラジオ体操ラプソディー・イン・ブルーのモチーフがみられた。振り付けはラッキィ池田が担当した。

放送時間編集

  • 土曜 20:00 - 20:44(1994年4月 - 1995年3月)
  • 日曜 13:30 - 14:14(1995年4月 - 1998年3月)

出演者編集

  • 春風亭小朝

参考文献編集

NHK総合テレビ 土曜 20:00 - 20:45枠
前番組 番組名 次番組
NHK歌謡コンサート
【火曜20時台へ移動して継続】
ふるさと愉快亭 小朝が参りました
土曜特集
※19:30 - 20:45
NHK総合テレビ 日曜 13:30 - 14:15枠
笑いがいちばん
※13:30 - 14:00
NHKスペシャル
再放送
※14:00 - 14:50
ふるさと愉快亭 小朝が参りました