みずほ不動産販売

みずほ不動産販売株式会社(みずほふどうさんはんばい、英称:Mizuho Realty Co.,Ltd.)は、みずほフィナンシャルグループ不動産会社

みずほ不動産販売株式会社
Mizuho Realty Co.,Ltd.
Mizuho logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 みずほ不動産販売
本社所在地 日本の旗 日本
103-0027
東京都中央区日本橋1-3-13
東京建物日本橋ビル
設立 1986年7月
業種 不動産業
法人番号 5010001036351 ウィキデータを編集
事業内容 不動産の売買・交換の仲介、代理
代表者 取締役社長 田中 信哉
資本金 15億円
売上高 155億2700万円(2021年03月31日時点)[1]
営業利益 47億9900万円(2021年03月31日時点)[1]
経常利益 48億4900万円(2021年03月31日時点)[1]
純利益 33億1600万円(2021年03月31日時点)[1]
純資産 108億3400万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 157億3200万円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 910名(2019年4月1日現在)
主要株主 みずほ信託銀行株式会社
株式会社都市未来総合研究所
株式会社みずほトラスト保証
株式会社みずほトラストシステムズ
関係する人物 川久保公司(元社長)
外部リンク http://www.mizuho-re.co.jp/
特記事項:国土交通大臣(8)第3529号
テンプレートを表示

概要編集

1986年7月、安田信託銀行系の住宅仲介専門会社・安信住宅販売株式会社として設立。安田信託銀行がみずほアセット信託銀行へと社名変更したことに伴い、2002年10月 社名を「みずほアセット住宅販売株式会社」に商号変更 。2004年10月には、みずほ信不動産販売株式会社と商号を変更し、それまでの住宅販売だけでなく、業務用不動産の売買、不動産投資、信託受益権売買、不動産のコンサルティングにまで事業を拡大。さらに2015年7月には、みずほ不動産販売株式会社と商号を変更し、現在に至っている。

旧セゾングループのハウスポート西洋から事業を譲受した関係で、前身の「みずほアセット住宅販売」時代には、西武西友系ショッピングモールを中心にインストアブランチ形態の店舗を展開していたが、徐々にインストアブランチを縮小し、みずほ信託銀行と同居するなど、より銀信証共同店舗と同居ないし近隣に展開するなど、展開形態が変化しつつある。

沿革編集

  • 1986年7月 - 安田信託銀行グループの一部として、「安信住宅販売株式会社」(あんしんじゅうたくはんばい)を設立 (略称は、AJ
  • 2000年9月 - 「株式会社ハウスポート西洋」の住宅仲介部門の営業権を譲り受ける (略称は、HP
  • 2002年10月 - 「みずほアセット住宅販売株式会社」(略称は、みずほAJ)に社名変更
  • 2004年10月 - 「みずほ信不動産販売株式会社」(略称は、みずほSF)に社名変更
  • 2015年7月 - 「みずほ不動産販売株式会社」(略称は、みずほRE)に社名変更

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集