メインメニューを開く
中国バスのももっちライナー専用バス(2007年撮影)

ももっちライナーMOMOCCHI LINER)は、岡山県岡山市岡山空港)と広島県福山市を結んでいた高速バス(空港リムジンバス)。

概要編集

岡山県の主導で福山市を中心とする広島県東部における岡山空港利用者の拡大を目的に開設されたが、利用客の低迷で、2008年1月31日の運行をもって廃止された。名称は岡山県のマスコットキャラクターであるももっちにちなみ、席は全便自由席で予約不要であった。

歴史編集

運行会社編集

  •  
    ももっちライナーになる以前
    中国バス
    • 福山営業所が担当。

停車停留所編集

  • 岡山空港~福山系統(2008年1月31日廃止)

<レスパール藤ヶ鳴 - 岡山空港 - 岡山IC> - <広尾 - 千間土手東 - 新橋 - 福山駅前>

  • 岡山市内~福山系統(2007年7月31日廃止)

<天満屋バスセンター - 岡山駅前(ドレミの街・岡山高速バスセンター)- 岡山大学筋 - 岡山IC> - <広尾 - 千間土手東 - 新橋 - 福山駅前>

  • <停留所 - 停留所>でくくった中での相互乗降はできない。
  • レスパール藤ヶ鳴発着便は一部便のみ。
  • 岡山IC(両備バス駐車場)で岡山 - 関西国際空港線関西国際空港方面)に乗り換えることで、福山駅前 - 関西国際空港間の高速バスとしても利用できた。

運行経路編集

 
岡山空港の停留所にて

車内設備編集

  • 4列シート

運行車両編集

専用車両のデザインは3社共通で、水戸岡鋭治両備グループデザイン顧問)が手がけた。

現在、中国バス所属車両は、基本デザインはそのままロゴを変更してエアポートリムジン (広島空港線)に転用し、両備バスから本路線で使われていた車両も転籍している。井笠鉄道所属車両はロゴを撤去して貸切車両として使われている。

備考編集

  • 本路線は、福山市周辺から岡山空港への利用者増加につなげようと計画していた岡山県が、両備バス(現・両備ホールディングス)・井笠鉄道・中国バスの3社に高速バスの運行を要請して実現したものである。

関連項目編集

外部リンク編集