メインメニューを開く

もりやま つるは、日本漫画家大阪府出身[1]・在住[2]。別名義に守山 鶴(読み方同じ)。関西在住であることから、作品内においては関西近畿地方)が舞台となる事が多い。

もりやま つる
(別名義:守山 鶴)
生誕 (生年月日不明)
日本の旗 大阪府[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1986年[1][2] -
ジャンル 青年漫画
代表作ファンキー・モンキー・ティーチャー
天上天下唯我独尊
親父 (映画)
受賞 ちばてつや賞優秀新人部門賞
1986年[1][2]
テンプレートを表示

代表作に『ファンキー・モンキー・ティーチャー』、『天上天下唯我独尊』、『親父 (漫画)』など。『親父 (漫画)』は千葉真一主演監督で『親父 (映画)』として映画化され、2007年8月25日に封切り公開された。

目次

経歴編集

1986年講談社開催の第15回ちばてつや賞において「3年A組の落ちこぼれ」がヤング部門優秀新人賞を受賞(守山 鶴名義)[1][2]。受賞作を改題した「ファンキー・モンキー・ティーチャー」が『週刊ヤングマガジン』誌上に掲載され、そのまま連載となりデビューを果たす[1][2]。同作品は映画がシリーズ化されるなど好評を博した。続いて同誌に『街のワケありBROTHERS』を連載した後、それ以前のギャグ路線とは一線を画す硬派なボクシング漫画『天上天下唯我独尊』を連載。その後は、講談社、小学館日本文芸社などの青年漫画誌で連載を持つ。

作品リスト編集

連載作品編集

連載中編集

連載終了編集

短編集編集

  • もりやまつる短篇集 武勇伝(2007年、ビッグコミックス、小学館)

出典編集

外部リンク編集